« 悪夢探偵 -敵役は監督じゃない方がよかったのでは・・・。 | Main | 秘密 »

March 03, 2007

東京タワー オカンとボクと、時々オトン

 ドラマになっていたので、どんなものか見たら、なんじゃこりゃ、今この作品が人気あるの?と思ってしまった。運良く図書館にあったので、ダメもとで読んでみることにした。私は雑誌を最近買っていないので、リリー・フランキーなる人物は知っていても、書いたものを読んだことがない。

 題名からして、田舎から出てきて、東京タワーの見えるところで生きて、オカンが死ぬまでの話だろうと言うことは察しがつく。読むとまったくの半自伝小説のようで、語り口調が口語体だから読みやすくするりと頭に入ってくる。彼の生まれてからの母との関係を書かなければ、母との物語は分かってもらえないといった形で進んでいく。
 この作品で語られる母親は、理想の母親だ。だから、こんなにも愛おしく書かれた作品になったのだろうが、ここから、母と息子の関係が余計に分かる。いや、一般的なと言う意味で、男性と母親の関係というのが生まれてお互いが死ぬまで、へその緒が付いたまんまの関係だと言うことを。
 アメリカは父性社会で、日本は母系社会と言われるが、非難されることが多い母系社会をこの本の世界は羨ましく思える。また、父親というものは存在意義が無いのではないかと錯覚してしまうのだ。父親が居なくても子は育つのだから。

 私は男の子に生まれればよかったと思った。この本から脱線してしまう、自分語りをしてしまうのだが・・・。
 私の母はかなりの神経質で、父も神経質の方なのだが、父に振り回されたような家庭だが実際は母の思う通りに進んでいる。父は所在なげな所を幼い私と出歩くことで癒されていたのだと思う。しかし、大人びた私は早くも父離れをおこしてしまい、彼の帰る場所を無くさせたのだ。彼のために男に生まれていたらよかったのかもしれないと、あの頃も今も思ってしまう。結局は寂しく死んでいった父親だった。しかし、こう書くといかにも母親が酷いように書いているようだが、母親は私と違って気持ちを他人に重ねて考えることが出来ない人だから、彼が居場所を無くして飲んで帰ってくること、暴力を振るうことで、余計に居場所を無くさせていったのだ。幼い私は暴力を振るう父を見、私を庇ってくれる母を守ろうと思った。あの頃は、そんな寂しい怪獣を相手に出来るほど大人になっていないから、母を守るためという女であるのにオイディプス的なものを持っていたのだ。子供の頃よく遺書を書いていたのだが、それは母がこの世にいなくなる恐怖を考えてのことだった。母は父の奥深いところまで見ることは出来ずにいるので、我が身の不幸を嘆き、私の存在など忘れて、よく死地に向かって駆け抜けていたので、残された私はこの手の付けられない怪獣を一生面倒見ていかないといけないのかという気持ちと表裏一体に母を守っていた。あの時、本当に私に手を伸ばして貰いたかったのは母ではなく、父だった。しかし、私にとっては未来を暗雲に導くだけの人にしか見えなかったので、手に取ることもなく、払いのけていたのだろう。父が居なくなればとも思ったのだ。私の悪魔の囁きをどこかでかぎつけたのか、父をこの世の世界からも私からも連れ去っていった。
 彼が強くて怖いという幻想が解き放たれたのは、父が死んでからだった。本当に他人を欲していない、自分だけの人物は母だったのだ。今もその考えから変わっていない。
 優しいところも母性愛も人並みではないけれど母には存在する。しかし、その頃から今でも自分にていっぱいなのである。人のことを顧みることが出来ない。もう、諦めているのだが、このような小説を読むと、リリー・フランキーが羨ましい。父方の祖母が亡くなったときに5人兄弟の一人である父は葬式の時に酔って祖母の骨を出した。奇異な行動をする父を母は恐れ他人は非難した。今なら父のしたことが分かる。愛情の深度は測れない。だから、父やリリー・フランキーのような行動でいつしか分かるときが私にも来るのだ。私は母の骨を食べるかもしれないぐらいなのに。いつも、世の中はうまく行かないものだ。 
 子供の頃から、自分だけで手一杯の人に育てられてきたから、私のどの時代でも自分だけ手一杯の人がやってくる。これって、普通の人って事なのだろう。しかし、私は自分と共に生きる人は、自分だけ手一杯の人は出来るだけ避けたい。今の母と同じで寂しい気持ちは分かってもらえないからだ。人の気持ちを考える事って大事だと思う。自分のことしか考えていない人が自殺していくのだから。

|

« 悪夢探偵 -敵役は監督じゃない方がよかったのでは・・・。 | Main | 秘密 »

「わたしの頭ん中」カテゴリの記事

「書籍」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/14112486

Listed below are links to weblogs that reference 東京タワー オカンとボクと、時々オトン:

» パラオ楽園リゾートを楽しもう [パラオ楽園リゾート]
楽園パラオにいきたい [Read More]

Tracked on March 03, 2007 at 11:23 AM

« 悪夢探偵 -敵役は監督じゃない方がよかったのでは・・・。 | Main | 秘密 »