« 神戸映画資料館 | Main | 東京タワー オカンとボクと、時々オトン »

March 03, 2007

悪夢探偵 -敵役は監督じゃない方がよかったのでは・・・。

 ここまで怖い映画とは思っていなかった。でも、私が最後まで椅子に座っていたのだから、一般的には大して怖くないのだろうが、恐ろしい形相の人物が襲ってくることもないのに、カメラワークだけで追いかけられて逃げ出したくなると言う表現方法は、我を忘れるぐらい最初は怖かった。あの床を這うようにして逃げるときや足に怪我をしているときって怖さを倍増させる。女の子の生足が自分が切られたようで余計に怖かった。
 この映画、人の悪夢に入り込んで・・・と言う設定で、主役の影沼を演じた松田龍平がめちゃくちゃいい。人の心が流れ込んで、人の悪夢を垣間見て、この世と接触したくなくなるほどの自殺願望のあるダークなヒーローにぴったりだったのだ。で、いつも私が書いているあの目の色気。三白眼の人が好きなので惹かれてしまう。そばにいたら、抱きしめてもいいですかってなっちゃいそう(笑)。相手役のhotomiが最初は一体誰か分からないほど、うまかった。歌手とは思えなかったからだ。当然、hitomiは知っている。だからそれぐらいこの女優は誰だと思わせる魅力と顔力があったのだ。で、敵役に塚本監督が演じている。元々どの作品にも出られてインパクトがある方なのだが、何というか今回はこの役を演じられなかった方がよかったのではと思わせるものがあった。きっと、ご本人は悪夢探偵自身をやってみたかったのではないかと思う。しかしそれでは映画が売れないというのは百も承知なので、敵役にまわったと思うのだが、役柄と彼があまり合っていないのだ。自分が原作脚本監督するのだから、一番自分が知っていると思うのは誰でも思うことだが、あまりにも違いすぎたのだ。もっと若いセンシティブな雰囲気の俳優さんの方が、あの世間を分かったようなセリフが生きたのではないかとかって考えてしまう。年齢のばらつきがあった方が映画としてはいいのかな。あと、松田龍平とhitomiのアップショットがなかなか生きていたから、血の涙を流す塚本監督が浮いてしまっていたのだ。何というか昨年復活した大槻ケンジ見たいに血の涙がデザイン的で本物のように映らなかったのだ。
 この映画、何もないところに何かを思わせる効果が絶大で、ロケがいらないほど空間が広く感じた。きっと、高層ビルの合間や高速道路や陸橋が空間の広がりを演出していたんだろう。こんなにも外にいるのに、空が少ないのも面白い効果かもしれない。きっと、東京と近代的なものと未来的なものと他世界は空がないのだ。
 自殺がメインテーマだからか、人が通らない夜の道路で、しかし車はたくさん行き来しているというのが暗示的な効果になって面白い。誰も助けてくれる人は通らない。しかし、まわりには人々がたくさん居るのだ。今の時代と同じだ。
 ラスト、hitomi演じる霧島警部が人の気持ちが読めるのはそんなに悪いことではないと主人公に向き合ったときに、ほのかに恋心が出来ているというラストなのかと考えた。それなら、もう少し彼との見つめ合うショットが欲しかったと思うのは、女の私だからかもしれない。しかし、この作品シリーズ化を考えられているらしいので、このラストで今後の展開へと進めていくのかもしれない。人が何を考えているか分からないと思う女と人の気持ちが入ってきて死にたくなる男のコンビはなかなか面白いだろう。人の気持ちが分からないのが、劇中言葉でしか表されていなかったのはちょっと残念だと思う。hitomiが魅力的だからいいが、ちょっと大事にされていない人物に見えた。

 死にたくなる事って、どんなことだろう。仕事や学校や家庭が嫌になったりして自殺するのなら、その環境からまず逃れてみたらいいのに。みんな何かを手に持ったまま、余計に欲しがる餓鬼のようだ。自分の思っている通りにならないからって、まるで自分のことしか考えていない。そうそれで、普通だろう。だから、どんなことがあったとしても、自分を受け入れていくしかないんだ。早く何十億分の一人で、大したこと無い自分を見つけて、もう一つのこの世界で唯一の自分を見つけて欲しい。大事にしてくれるのは自分しか居ないんだから。どんな苦しみも耐えられないものはないとエースをねらえ!の宗方コーチが言っていたけれど、本当のことだと思うよ。

公式サイト

|

« 神戸映画資料館 | Main | 東京タワー オカンとボクと、時々オトン »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/14112235

Listed below are links to weblogs that reference 悪夢探偵 -敵役は監督じゃない方がよかったのでは・・・。:

» 水嶋ヒロ [水嶋ヒロをいろいろ検索!]
はじめまして、突然のトラックバック申し訳ありません。ブログ楽しく拝見させていただきました。それでといってはなんですが記事に「俳優」に関する事が書かれていたのでトラックバックさせて頂きました。話題の俳優【水嶋ヒロ】さんについてご紹介しているブログです。ご迷惑な場合は、お手数をおかけ致しますが、削除してもらってかまいませんので、どうぞ宜しくお願い致します。尚、こちらの方へのト�... [Read More]

Tracked on March 03, 2007 at 06:27 PM

» 探偵 日本データバンク [探偵 日本データバンク]
探偵 日本データバンクは電話相談24時間無料の興信所です。日本データバンクの探偵は日本のみならず海外も調査対象とした興信所です。日本データバンクの特徴は探偵の王道である浮気調査や不倫調査といった王道から行方不明・家出人探しに実績があることです。...... [Read More]

Tracked on March 24, 2007 at 01:32 AM

« 神戸映画資料館 | Main | 東京タワー オカンとボクと、時々オトン »