« アンフェアの安藤君が死んでしまった・・・ | Main | 王子様ぁーーーっ »

March 14, 2007

さくらん -全然エロくないんだよ。う~ん。

 原作を読んで見に行っているので、割と原作に忠実で、映像的にも魅力がある作品でしたが、女性監督らしすぎて全然エロくないんです。これは原作もそんな印象を受けるので致し方ないと思うし、観客に女性が多いから、戦略的にはいい路線かもしれません。しかし、吉原ってそんな綺麗な所じゃない。売られてきてそこでしか生きられない性の奴隷のような場所で、自分の力を得ることでその中だけでも自由や幸せを手に入れることが出来る不遇な場所なのです。だから、主人公は「お稲荷さんの桜が咲いたら出て行ってやる」と、咲かぬ桜に夢を任せてしまう。折角、エロい雰囲気にぴったりの椎名林檎の音楽だったのに、音楽が上滑りしていった感じの作品になりました。
 私の好きな土屋アンナ主役なので、あんまり、嫌なことを描くのは何なのですが、写真ならめちゃくちゃいいと思うのです。ポーズも背景も構成も、さすが写真家とモデルなのです。でも、原作以上におっさんしていて、人気の花魁に見えないのです。悲しい。声も低いからかもしれないですが、艶っぽさがないので、その辺のがきんちょのような花魁になってしまっていました。なんか勿体ないです。彼女は方向性を示すだけで何でも出来る役者さんなのでもうちょっとなんとか考えてあげたら良かったのに。相手方の安藤政信はバトルロワイヤルの時も、大人になっているのにも関わらず、中学生の役が似合っていたのですが、今回も主人公が子供の時に会っていながらも、大きくなった時の土屋アンナと対峙しているときも同じ雰囲気のままで、何というか、30も過ぎているのに、土屋アンナより若く見えたので、あれっ桜の木で子供の頃にあった王子様は安藤じゃないの?なんていう疑問が巻き起こりました。いやぁそれぐらい10年経っても麗しかったので、それはいかんやろうと思ってしまいました。
 木村佳乃と菅野美穂の先輩花魁も、描き方が女性には綺麗というものだったからか、あまりにも綺麗すぎてエロさが全くない。こんなんでももてるのだろうか???しかし、二人とも花魁の悲しさはちゃんと出していたと思う。
 最後のキャストの所にまたまた庵野監督を発見。一体どこに出ていたんだ?
敬称略
公式サイト

|

« アンフェアの安藤君が死んでしまった・・・ | Main | 王子様ぁーーーっ »

「コミック」カテゴリの記事

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/14243904

Listed below are links to weblogs that reference さくらん -全然エロくないんだよ。う~ん。:

» 勝手に映画批評14 [sons and daughters -blog-]
【さくらん】 2点 申し訳ないですが、全くおもしろくなかった。いくら写真家として実績があっても、親父が超有名映画監督でも、それだけですばらしい映画が撮れるとは限らないですね。正直、ある意味ホッとしました。やっ... [Read More]

Tracked on March 14, 2007 at 10:00 AM

» 木村佳乃/レディ The Best of Yoshino Kimura(CD) [大特価で送料無料]
木村佳乃 つながり。 [Read More]

Tracked on March 15, 2007 at 11:36 PM

« アンフェアの安藤君が死んでしまった・・・ | Main | 王子様ぁーーーっ »