« 実は色々忙しいのだが・・・ | Main | ちょっとうなされるかなぁ テロリスト・犯罪者等の星座 »

March 04, 2007

僕は妹に恋をする -なんとなく、現実感がないのだ。そっか、なんかイメージ写真集のDVDみたい

 まつじゅん好きの友人YKと一緒に見てきました。
 この映画は、少女コミックに連載していた漫画が原作の映画で、原作は中学生の双子の兄妹のお話ですが、この映画では高校生に置き換えて、エロさを省いたちょっと原作とは違うニュアンスで描かれています。昔、流行っているからと少し原作を読んだことがあるのですが、これが今の少女マンガかと唖然とするぐらいエロい内容でした。
 友人YKはエロさが無くなっていたのでがっくりきていましたが、私はホットしました。中高生が多い観客の中、それでは私はいたたまれないし、映画的にも対象年齢が上がってしまうと、中高生が見に来られなくなるから、方向転換してくれたのでしょうね。YKはまつじゅんのそんな姿見たくもあり、見たくも無しと複雑なようでした(笑)。
 話は題名通り、兄妹がお互い子供の頃から恋をするって話です。切ない思いに耐えかねて、行動を起こしてしまう兄。
「他の男に行くなら、俺と一生会わないか、決めてくれ。もし、俺に決めてくれるなら、おまえの方からキスしろ。」
なんて、兄妹じゃなくても、ぐっと来るセリフから恋愛に突入していく二人。迷わず兄に付いていこうとする妹郁と、妹を幸せにしてやれないと悩み抜く兄の頼。そして、頼のことを好きな友人が、同性愛と言うことを知られまいと妹ちゃんが好きといい、頼を好きな同級生の女の子は私のことを好きじゃなくてもいいからつきあってと接近する。四角関係が繰り広げられるのだが、淡い恋を中心に恥ずかしくなるくらい純粋な恋心で、羽根のように吹き飛んでしまうような映画だった。誰かひもつけておけばよかったのに、残念に終わってしまった。兄妹という苦悩も何となく大したこと無いんじゃないって思われそうなお話しだった。まぁ、仕方がないかな・・・。
 監督は、見ていない映画だが「blue」の監督さんだ。少女マンガを前回も映画化されて、海外で賞を獲っておられる。少女マンガに相応しいぐらいふわふわした感じ、まつじゅんが漫画のように麗しい。そんな感じで作られていました。
 まつじゅんは、男性として魅力的な顔をしている。何でだろう。ちょっと、毛色が違うような気がする。もう、23才なんだね。相手役の彼女が背が高くて、まつじゅんって、背が高くなかったけと思わせるぐらいだった。ファンのために、あまりアップにせず、キスシーンを獲っているようで、それでも麗しかった。何というか、綺麗な感じだった。 主人公を好きになる同級生役の小松彩夏が、矢田亜希子と沢尻エリカの雰囲気を持っているので、今後人気が出るのではないかと思った。

 近親相姦って、やっぱり、気になる関係だよね。双子の人には悪いけれど、まなかなとか、ざ・たっちとかを見ていたら、あれほど、一人が分かれて生まれてきたのかもと思うぐらい近い存在だと思うから、男女の双子なら、このような気持ちになってもおかしくないのではと、勝手に想像してしまう。そんなこと無いのは分かっているが、不思議なものである。古今東西気になる関係の一つなので、桐生操さんの昨年出た新刊を買おうかと考えたほどです。(笑)無職なので、手を下ろしましたが・・・。

公式サイト

|

« 実は色々忙しいのだが・・・ | Main | ちょっとうなされるかなぁ テロリスト・犯罪者等の星座 »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/14134392

Listed below are links to weblogs that reference 僕は妹に恋をする -なんとなく、現実感がないのだ。そっか、なんかイメージ写真集のDVDみたい:

» 昼ドラ「砂時計」はヒットするのか? [砂時計:愛の劇場情報]
愛の劇場「砂時計」に関する情報サイトです。 韓国ドラマではなく、少女コミックBetsucomiで連載されていた「砂時計」のほうです。(笑) 結構、探すの苦労するんですよね。 どうしても韓国ドラマの方が検索でヒットします。 地道に砂時計に関する情報を収集しています。 ... [Read More]

Tracked on March 06, 2007 at 03:53 AM

« 実は色々忙しいのだが・・・ | Main | ちょっとうなされるかなぁ テロリスト・犯罪者等の星座 »