« ギャル文字の変換 | Main | 演劇ブック 2006年順位 »

March 13, 2007

日展に行ってきました

 先日、大阪市立美術館で行われている日展に友人S姉とTYとで行ってきました。
 日展とは、名称は、「日本美術展覧会」の略で、またその展覧会を運営する団体の名前です。官主導の美術展覧会、すなわち「官展」の系譜を引き継いでいて、公募展の中では最高の権威ではあるそうです。
 日展で公募されているのは、彫刻・洋画・日本画・美術工芸・書の5種類。どのような人が公募で来られるのかは申し込み基準が分からないので、芸術の素養も無い私では分かりません。
 友人TYの夫の作品が日展に展示してあることでもあり出向きました。以前、ここで友人の結婚式の写真をあげたことがあると思いますが、その夫妻です。
 美術は、学生時代に成績が良かった程度で、クラブにも入っていないし、社会人になってから何もしていないので、美術に関して殆ど知識がありません。でも、勝手気ままな感想を書きます。何も知らないことをお笑い下さい。
 彫刻の中で一番よかったと思ったのは、細く若い女性の裸像でした。出品者の名前や作品名がHPに載っていたのですが、今を喜ぶ幸せって名前だったかなぁ。その像は白くて他の像とちょっと違う色でした。膝小僧や足がリアルで、そのままぱりんって割って中から女性が出てきそうなほどリアルで印象深かったです。もう一つは、サングラスという作品のかがんだ丸みを帯びた肉感が印象的でした。その隣の文楽の作品も良かったです。他に枕を抱えた女性の今の男性に好まれそうなスタイルの作品が有ったのですが、3人とも「フィギア」を思い浮かべていました。今ならこういう作品の方が売れるだろうという結論に達しましたが・・・。等身大の立像が多いので、見ていたら、秦の始皇帝の兵馬俑を思い出してました。この後にTY宅に寄ったときに、お隣にあるアトリエにあるそんなには多くないのですが、やはり兵馬俑を思い起こさせて夜中に見たら怖いよなぁと思ってしまいました。
 洋画は、画室の静物という題名だったと思います。マントルピースの上に静物を置いた絵で、茶が基調で描かれていました。私は、茶が基調になった絵に惹かれるんです。キュビズム的な作品も好みなので、家に飾りたいと思ったりします。友人TYもこの作品が一番いいと言っていましたが、S姉に部屋が暗くなるので、くらいのはダメと怒られました(笑)。S姉のところなら、このサイズの絵画を飾ることも出来るとは思いますが、100号でも厳しい私の家では、夢のまた夢です。でも、この絵に会わせて家具を考えたら素敵な部屋になるだろうなぁと夢想していました。絵画にしても彫刻にしても、綺麗な女の人が多いのですが、綺麗な男の人は描かないんでしょうか?なんて、3人でいっていました。やはり、服着た絵のモデルさんが展覧会に来ていても何とも思わないけれど、裸体のモデルさんは、なんとなく気になると、TYが言っていました。たまには、モデルになるそうなので、その作品が入選したら、知り合いには見に来て欲しくないと思うでしょうね。
 日本画はあまりいいと思うものが有りませんでした。S姉は私と同じで昔の日本画が好きなので仕方がありません。日本で一番権威のあるこの展覧会で、こういう作品が多いと言うことは、日本画に日本画を求めておらず新しい日本画を模索して欲しいと言うことなのかもしれません。しかし、私には合わない。その中で、良かった印象にあるのが、霧の中って言う題名だったかな。森の白い霧描かれている作品と、何という色合いかなぁ綺麗な青と緑の発色の中に犬がいる作品。友人S姉が犬に神がついているでというので、二人で、絵の前を通ったら、「あんさんそんなんじゃあきまへんで。」とかゆうてな、と馬鹿話をして笑い転げていました。関西人なので、神様と言ったらいつも関西弁になってしまいます(笑)。
 書はもーう、どれを見ても、3人ともが「私もやりたーい」って思わせてくれました。大胆な作風に惹かれて、こんなん書けたらなぁとか、書を始めたいとか色々話をしていました。私は王義之の作風が小学生の時から大好きで、多くの日本画に登場する王義之とその弟子達の姿に憧れを持っていました。あんな風に書けるといいなぁ。
 美術工芸って、S姉と違うよね違うよねと言い合っていたんですが、工芸品っていう日常的に使う物の美しいものという観点から逸脱して、それらに使われていた漆や象眼などが芸術品という鑑賞のみのものに作られているのです。本来の目指すところとは違った方向性を目指しているようで、なんか本当に、欲しいものがない!と言うよりも、イヤって気持ちが起こりました。伝統工芸品を守るためにはこの方法が必要だとされているのでしょうが、日本人の目はそんなに何も分かっていないとは思わないのですが・・・。複雑な気持ちです。


 そのあと、電車に乗って、TY宅へ。彼女の夫Hさんと一緒にHさん特製のたれでしゃぶしゃぶを頂きました。めっちゃおいしかった。お肉は但馬牛で灘で美味しい肉を置いているところがあるからと、わざわざいつも買って帰るそうなのですが、本当に美味しかった。たれはポッカレモンとか七味唐辛子とか入れるもので、さっぱりして美味しかった。豆乳のケーキも作ってくれていて、大満足で帰りました。

|

« ギャル文字の変換 | Main | 演劇ブック 2006年順位 »

「アート」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/14232692

Listed below are links to weblogs that reference 日展に行ってきました:

» 清水キョウイチ郎さんが亡くなって・・・ [清水キョウイチ郎さん死去]
清水キョウイチ郎さんが亡くなりました。味のある芸人さんだったのに惜しまれます。 [Read More]

Tracked on March 13, 2007 at 07:29 PM

» 日本画に関する情報満載! [日本画案内サイト]
日本画に魅せられた皆様に少しでもお役に立てればと、当サイトでは日本画に関する様々な意見や情報のブログを集めています!ぜひご覧になってください!! [Read More]

Tracked on March 15, 2007 at 01:05 PM

« ギャル文字の変換 | Main | 演劇ブック 2006年順位 »