« ホリディ -恋に対して未来を悲観するのは世の常なのです。 | Main | 神戸の美味しい店その12 »

April 02, 2007

蟲師 -あかん、マンガ見てから観に行った方がいいと思う・・・

 めちゃくちゃ綺麗な映像で、大友監督がこだわって、ロケハンしただけのことはある背景がいくつもいくつもそこにあり、普通に存在しているけれど、見た後ありえねーと思うよな深い緑の姿に引き込まれていきました。
 しかし、この映画に山場はあったのか!?何を表現したかったのかは分かるが、いつもの人間性を重視したストーリーを兼ねそなえている大友先生が、このようなストーリーでもOKなのか!?よほど、御大はこの作品にのめり込んでいるのだなぁと考えてしまう。
 大友先生の名が売れ出した頃には、アメリカや海外がまるで舞台かのように、日本で生きている主人公達を描いていた。先生自体がはみ出しているから、そんな風にアメリカや横須賀が舞台なような気にさせられるのだ。
 しかしどうだろう。この作品に見る大友先生の世界観には、海外という文字が存在しない。まるで、日本の、体の、細胞の、奥の奥を描こうとしているように感じてしまった。
 これはどう見ても映画の面白さを求めるなら失敗作だろう。多くの観客は、大友克洋監督作品とオダギリジョー主演作品として見に来ていると思うが、インディースの作品を見せて貰ったようである。
 悪い?悪いって評価も合わない。大友さんらしくなく、大友さんらしい作品だった。
 個人的に江角マキコの演技は好きなのだが、ぬいは合っていないと思う。監督は、原作に近い人を選んだそうだが、キセルのシーンは幻想の森にぴったりだけれど、他はあんまり合っていないなぁ。
 しかし、なんとかならんかったんかなぁ~。次回作も出来たら、観に行くけどさぁ。

蟲師 公式サイト

|

« ホリディ -恋に対して未来を悲観するのは世の常なのです。 | Main | 神戸の美味しい店その12 »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/14494929

Listed below are links to weblogs that reference 蟲師 -あかん、マンガ見てから観に行った方がいいと思う・・・:

» 「蟲師」 “不思議な存在”鎮める旅 [ オダギリジョー プロフィール@オダギリジョー出演CM ドラマ 映画紹介]
漆原友紀の人気コミックを『AKIRA』の大友克洋監督が映像化。迫力のビジュアルと研ぎ澄まされたサウンドで、これまでの大友作品とは一味違った、懐かしい日本の世界に引き込まれる。 タイトルの“蟲師”とは、“蟲”を鎮める役割を担った人のこと。“蟲”とは、人間とともにこの世に棲む、不思議な存在。時には人の中に入り込み、人の調子を狂わせる。そんな“蟲”につかれた人々を、オダギリジョー演じる蟲師のギンコが、土地から土地へと旅をしながら癒やしていく。舞台となるのは、100年前の山深い日本...... [Read More]

Tracked on April 08, 2007 at 08:04 PM

« ホリディ -恋に対して未来を悲観するのは世の常なのです。 | Main | 神戸の美味しい店その12 »