« 麻雀のこと | Main | ねむい・・・ »

May 17, 2007

ラブソングが出来るまで -80年代の音楽ファンは必見!?

 先日NHKで、2002年に撮られた「ヒュー・グランド語る」を観た。
 映画の中の登場人物と同じように、笑顔が絶えない、三枚目の美しい男がそこにいた。彼は、自分の作品を観ないという。その笑顔の裏側では、自分の演じたものがどのようなものになっているか、まだ自信が持てなくて観ないのだという神経質な素顔が潜んでいる。彼の演じる役柄も実際には、そのような側面を持っていて喜悲劇になって面白く思わせてくれているのかもしれない。憐れな男、面白い男。彼は、スクリーンに現れるだけで観客は期待する。オックスフォード出の言語学者になれるほど優秀な人だったとは思えないのが面白い。
 この作品、うちのおばばさまが先に観に行っていた。「おもしろなかったわぁ」と一言。
 気にせず、友人Aと観に行った。

 二人とも好きな俳優さんなので、安定感がある仕上がり。一番の盛り上がりは、主人公が80年代に一世風靡したPOPSというバンドのボーカルだったという設定。そのころの、映像や音楽がとても面白いし、あの独特な腰振りダンスがいい。音楽も耳に残りやすい、80年代を意識した作りで、本当にいたグループかと思われる程。
 で、現在は、一世風靡した残り香で生き残っている存在の主人公。腰振りダンスのせいで、腰を傷め、「あの人は今」的に生きて、同窓会や遊園地のイベントで歌う仕事しかない、昔のファンのお情けで生きているところもあり、憐れでもある。その主人公にチャンスが訪れるという話なのだ。
 割とあり得ん!ってことも多かったのですが、楽しい作品に仕上がっています。二人の演技は、コメディ俳優の代表なのだと思わせてくれました。型が決まっているので、昔の漫才を観ているような気もします。
 現在の彼が作ったとされる曲も耳に残り、いい曲でした。80年代の洋楽を聴いたいた人には、この曲もいいと思うはず。その時代のパロディとしても見られるので面白いと思います。思いっきり笑っている人もいました。

|

« 麻雀のこと | Main | ねむい・・・ »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/15077441

Listed below are links to weblogs that reference ラブソングが出来るまで -80年代の音楽ファンは必見!?:

» 映画 [みかの独り言 ]
映画みてきました [Read More]

Tracked on May 17, 2007 at 10:16 AM

» 「ラブソングが出来るまで(Music and lyrics)」を観てみました。 [GOCCIの男を磨く旅(笑)]
「ラブソングが出来るまで(Music and lyrics)」を観てみました。「ラブソングが出来るまで(Music and lyrics)」を観てみました。この前「男を磨く旅:カナダ・中米編」でバハマからトロントへのフライトの時に機内で観ていたんですが、最初の80年代POPsのいかにもMTVでやっていたっぽいPVで始まり、『過去の栄光を売り物にドサ周りの営業に安住している「アレックス(ヒュー・グラント)」宅に「ドリュー・バリモア」扮する「ソフィー」が観葉植物の水遣りのバイトの代打で訪ねて来る』辺りで... [Read More]

Tracked on June 10, 2007 at 02:01 PM

« 麻雀のこと | Main | ねむい・・・ »