« 生産者に加工業者 | Main | キサラギ -意外にも、心を温かくさせられてしまった。 »

June 27, 2007

AFI’s 100 Years...100 Movies

自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページさんで、AFI選出の映画ベスト100が紹介されています。
公式HPで順位を見るのは、登録の必要があるようです。
http://connect.afi.com/site/PageServer?pagename=micro_top_100_list

 アメリカで選ばれているとはいえ、1時期、夜中に録画した映画を朝5時に起きて毎朝映画1本見て出社するのを1年以上を続けていたときがあるので、結構古い映画を観ていると思っていたのですが、未見の映画が多すぎるなぁと思いました。

 未見の映画ですが、
4. レイジング・ブル  7. アラビアのロレンス  12. 捜索者  14. サイコ   16. サンセット大通り  17. 卒業  18. キートンの大列車追跡  19. 波止場  21. チャイナタウン  23. 怒りの葡萄  27. 真昼の決闘  28. イヴの総て  29. 深夜の告白  30. 地獄の黙示録  31. マルタの鷹  32. ゴッドファーザーPART2  35. アニー・ホール  36. 戦場にかける橋  37. 我等の生涯の最良の年  38. 黄金  39. 博士の異常な愛情  41. キング・コング  43. 真夜中のカウボーイ  44. フィラデルフィア物語  49. イントレランス   53. ディア・ハンター  54. M★A★S★H マッシュ  59. ナッシュビル  60. 我輩はカモである  61. サリヴァンの旅  63. キャバレー  64. ネットワーク  65. アフリカの女王  67. ヴァージニア ウルフなんか恐くない
68. 許されざる者  69. トッツィー  70. 時計じかけのオレンジ  79. ワイルドバンチ  81. スパルタカス  82. サンライズ  86. プラトーン  90. 有頂天時代  91. ソフィーの選択  92. グッドフェローズ  95. ラスト・ショー  96. ドゥ・ザ・ライト・シング  97. ブレードランナー  98. ヤンキー・ドゥードゥル・ダンディ  100. ベン・ハー
49本って半分は見てないじゃん・・・。

 録画していても重たそうで見ていないのが、アラビアのロレンスとベン・ハー、戦争映画とスリラー映画はもうだめ・・・。真夜中のカーボーイは何度挑戦しても途中でやんぴにしてしまう。時計仕掛けのオレンジは小説読んでしまっているので、なんか見られない。あとは、知らない映画だなぁ。イントレランスがまだ入ってるよぉ~。

 で、こんな私が是非とも見ておいた方がいいです!っておすすめしたい作品は、

5. 雨に唄えば  6. 風とともに去りぬ  20. 素晴らしき哉、人生!  22. お熱いのがお好き  25. アラバマ物語  26. スミス都へ行く  33. カッコーの巣の上で  40. サウンド・オブ・ミュージック  66. レイダーズ/失われたアーク  72. ショーシャンクの空に  87. 十二人の怒れる男  です。

|

« 生産者に加工業者 | Main | キサラギ -意外にも、心を温かくさせられてしまった。 »

「映画」カテゴリの記事

Comments

「時計じかけのオレンジ」は映画の方が(個人的には)面白かったです。音響や音楽が圧倒的で
「アラビアのロレンス」も「ベン・ハー」も前後編でわかれているし開き直って90分ずつ二回に分けて観るといいですよ。見出すと面白くて止まらないですよ。意外と軽いし
毎朝映画一本・・・あこがれちゃうなあ、そういう生活
朝弱くてできんのです

Posted by: しん | June 27, 2007 at 02:02 AM

★しんさま
 そうですか、ご指摘の3本機会があったら見てみます。
 私、ゆんふぁさんをゆうふぁさんやゆふぁさんて書いていたりと、誤字脱字のままメッセージ書いてしまっていて、申し訳ないです。

Posted by: 海音 | June 27, 2007 at 07:12 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/15570334

Listed below are links to weblogs that reference AFI’s 100 Years...100 Movies:

« 生産者に加工業者 | Main | キサラギ -意外にも、心を温かくさせられてしまった。 »