« 神戸花火大会のたそがれウォーク | Main | 若冲展にゆく »

June 10, 2007

うずまき

 先日、笑っていいともの後にやっている番組で私の好きな谷村新司さんが出ておられたので、いつもは見ずにきってしまうところを見ました。彼のファンではないのですが、いつも彼が語る内容が面白くて聞いてしまうのです。
 で、そのときに印象に残ったのが、「うずまき」。
 残念ながら、お茶碗を洗いながら聞いていたもので、全部聞けたか自信がないのですが、うずまきのあるところは、エネルギーが入るところとか、つむじでしょ、手の先の指紋でしょ・・っていわれて、本当にそうだなぁ。手の先や頭のてっぺんって、テレビドラマじゃないけれど、エネルギーを放出したり受け取ったりするような所だよなぁと感化させられた。その時に言っていたうずまき星雲は、これのことだなぁ。それも、射手座のケンタウロスの近くにあるなんて、運命を感じる出来事(笑)。
 といっても、うずまきでどう検索しても、ナルトばかり出てきて、全然そういった物を詳しく描いているのを見つけられない。で、指紋とかでやっとこう言うところを見つけました。これによると、

てくてくねっとさんより

 私たちはどこから来ているのでしょう


生き物は食べ物を食べて生きています。
その食べ物の中に命の元を見つけることができます。
動物は植物、植物は土・水、土・水のかたまりである地球もその材料の中に元を見つけられます。
地球も最初は空気,ガスのかたまりだったのです。
空気・ガスは色々な元素、元素は素粒子からできているのです。
老子,釈迦,カントらの昔の偉人たちは動物から植物、そして元素へと続く中にある一定の法則を発見しました。
それはそれらのものが全部回転エネルギー=うずまきからできていることです。
植物、水、空気…みな、うずまきからできています。
私たちはうずまきを食べているのです。

 うずまき(回転)のエネルギー

私たちの体をよく見てみると、頭にはつむじ、指には指紋といううずまきがあります。
私たちが生まれるときにも回転して生まれるし、体の細胞の並びもうずまき状になっています。
このうずまきの力は大きいものは星雲から台風、小さいものは水や空気の元である元素、素粒子の世界まで影響しているのです。

 うずまきの働き

うずまきは二つの働きを持っています。
ひとつは中心に集まっていく求心性の力ともうひとつは外へ広がっていく遠心性の力です。
求心力が働くと物は縮まり小さく硬くなり、重くなって下へ下がり熱をもって動き出します。
反対に、遠心力が働くと拡がり大きくなりやわらかくなり軽くなって上昇して冷たくなって静かになります。
その求心力の働きを陽△といい、遠心力の働きを陰▽といいます。
この陰陽はひとつの物事に対して使われるのではなく、二つのことを比べるときに使います。

えっ、ホントーって思わず、ど根性ガエルのオープニングを歌ってしまいそうになりますが、

他に、Lynceusさんってところでは、

ナバホ・インディアンの神話に、指紋は風だという考え方があります。頭のつむじも風。人間というのは風の容れ物であって、風が吹いてくることによって命が吹きこまれる。そういう思想ですね。しかも非常に楽しいのは、手足に指紋があって、うずまきがあることによって、人間は空にもつながることができるし、地面にもつながることができる。これがなかったら両方ともつるつる滑ってしまって、つながることなどできないし、立つことすらできない。『ホノルル、ブラジル―熱帯作文集』管啓次郎著

ってのもありました。なるほど、他に
神秘の扉さんより

うずまき、というのは霊界のシンボルであり、ここに霊界の入り口があることを示すものなのだそうだ。

と、書いているブログさんもあった。もっと、詳しく書かれている所って無いのかなぁ~

|

« 神戸花火大会のたそがれウォーク | Main | 若冲展にゆく »

「おもろいもん」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/15375000

Listed below are links to weblogs that reference うずまき:

» 遠距離恋愛の法則 [恋人つなぎのしあわせ]
まあ、解らなくもなし・・・といったところでしょうか。 [Read More]

Tracked on June 10, 2007 at 04:39 PM

» ナルト 画像-疾風伝- [ナルト 画像-疾風伝-]
ナルト 画像-疾風伝-のブログです。 ナルト画像はとってもおもしろいです。 読めば読むほど深くつがってくるのがナルト画像の魅力です。 登場人物それぞれのストーリーがなんともいえないです。 ナルト画像サイコー!! [Read More]

Tracked on June 19, 2007 at 02:09 AM

« 神戸花火大会のたそがれウォーク | Main | 若冲展にゆく »