« パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド -終わったって席を立っちゃダメだよ!ものすごい迫力だった。 | Main | 社会保険の試算のこと »

June 05, 2007

しゃべれどもしゃべれども -国分さんのうまいところが、よーく分かります。

 舞台は東京。二つめにはなったもののまだまだ一人前には見てもらえず、客も途中で退場したりするそんな三つ葉という落語家と自分の表現が下手な3人が繰り広げるハートウォーミングな作品だ。
 最近でも、落語ブームが続いているようで、神戸の新開地で行われる寄席もすぐにいっぱいになってしまう。まぁ、神戸は寄席を楽しむところが少ないから致し方ないのだけれど、若い人が日本古来の芸能に興味を持っているってのが嬉しいじゃありませんか。なんか、ちょっと私に江戸弁が入っているようです。
 めちゃくちゃうまい役も難しいけれど、2時間の間に成長してうまくなるっていう演技も本当に難しいと思うのに、主人公の国分太一さんは、さらっとやってのけている。こりゃ大したものだなぁというのが、一番の感想です。それと、小学生村林の枝雀さんのまんじゅうこわいにはまって、覚えてしまったって演技も大したものだった。本当に、枝雀さんがやりそうなことをやっていて、懐かしく感じた。私は米朝師匠の聞きやすく、その時代にすっと入り込みやすい語りが好きなのですが、枝雀さんのあの表現力も好きだったんだなぁと思わしてもらいました。
 自分を変えたいと願っている人達、変わっていけるんだよね。話すことによって。
 私は東京の下町が好きなので、あの路面電車を見たときに、主人公の家はどの当たり何だろうと考えていたのですが、路面電車は環状線の北の方を走っているのに、ラストの「ちょっと出てくる」ってんで、現れるのが水上ボートだったり、野球の指導をするシーンも荒川の土手が使われているから、環状線から考えたら右下の辺にあるのかなぁと考えていました。HPにロケ地ガイドがあったのですが、主人公の家はどの辺りかは出てきておらず残念だった。東京をあまり知らなくても、東京を楽しめる映画でもあった。

しゃべれどもしゃべれども 公式サイト

|

« パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド -終わったって席を立っちゃダメだよ!ものすごい迫力だった。 | Main | 社会保険の試算のこと »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/15319031

Listed below are links to weblogs that reference しゃべれどもしゃべれども -国分さんのうまいところが、よーく分かります。:

« パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド -終わったって席を立っちゃダメだよ!ものすごい迫力だった。 | Main | 社会保険の試算のこと »