« ファー○トやっと出た。 | Main | 映画の古典作品が観られる »

July 29, 2007

アヒルと鴨のコインロッカー  -深みのあるストーリーに、若手俳優陣が更に魅力を引き出している

Ahiru_2

 伊坂幸太郎さん原作の作品の映画化。この作者の本は読んだことがないのだが、この映画を観て無性に読みたくなった。それほどに、この作品の何枚もの皮を剥いて剥いて剥いて見えてくる真実に衝撃を受けるからだ。原作の書き方もきっとこうなのだろうが、場面が進む毎に連れ知る真実が胸を打ち、ラストのコインロッカーが生きている。そう、神様が見てくれなかったから、余計に悲しさを倍増させるのだ。ラストはいいおわり方だった。

 W主演の濱田岳と瑛太の絶妙な雰囲気。あんなことにつきあえる雰囲気を彼らはうまく演技でこなしていた。瑛太演じる役柄も、まるで違う役柄を演じているので、その差に驚く。同じ演技をすることになった場面でも、松田龍平と共に両方ともの良さが出ていて、話に引き込まれながら、彼らの魅力を感じていた。

 残念ながら、この作品では泣けなかった。私は、うまく入り込むことが出来なかったのか、私には入り込める入り口を持っていなかったのか、ただ彼らが突き進んでいく真実だけが、深く心に残る。不思議な映画とも言える。

 松田龍平と瑛太のファンであるが、今のところ瑛太の方が好きなことが分かったことと、彼が黒のビジネススーツを着た演技している姿が好きなことがよーく分かった(笑)。しかし、いつも、演技している役柄とはまるで違う彼を感じ出ずにいられない。まるで、何もない空虚な彼までが見て取れる。
 綾○はるかが共演者と噂が立っているようだが、彼女は役柄にのめり込むタイプのように勝手に思う。だから、共演していない瑛太とまたよりを戻したらいいのにと思うのだ。マスコミなんかを気にせず、自分の恋心を正直に話す彼を応援したい。
敬称略
アヒルと鴨のコインロッカー 公式サイト

|

« ファー○トやっと出た。 | Main | 映画の古典作品が観られる »

「映画」カテゴリの記事

「書籍」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/15934020

Listed below are links to weblogs that reference アヒルと鴨のコインロッカー  -深みのあるストーリーに、若手俳優陣が更に魅力を引き出している:

» ちょっとお得なDVD情報:2 [勝手に瑛太ファン♪]
もういっちょ!瑛太の出ている映画『嫌われ松子の一生』もあったよ! [Read More]

Tracked on July 29, 2007 at 02:59 PM

» ちょっとお得なDVD情報 [勝手に瑛太ファン♪]
瑛太も出ている映画『どろろ』のDVDが、¥1,000も安く! [Read More]

Tracked on July 29, 2007 at 03:11 PM

» 最強のダイエット法 [最強のダイエットマニュアル ~ブートキャンプを超えた!?~]
「今までよりも食べているのに太らない・・・?」 [Read More]

Tracked on August 02, 2007 at 01:19 AM

« ファー○トやっと出た。 | Main | 映画の古典作品が観られる »