« 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ -これはサトエリの演技力が凄くなってきたことを描いているよ! | Main | ファー○トやっと出た。 »

July 27, 2007

天然コケッコー -監督の作品に対する愛をめちゃくちゃ感じたよ

Tennnenn

 試写会が当たり、友人T1と観に行ってきました。ラフレアというおしゃれなお店の3階にそういったスペースを設けていて、画面が小さいのと音響が悪かったのと、椅子が堅くて長時間はつらかったと言うこと以外は、問題なかったので、楽しんでみてきました。ワンドリンクのアイスロイヤルミルクティが美味しい。この店は食事も美味しいので、おすすめです。

 脚本は、メゾン・ド・ヒミコやジョゼと虎と魚たちの渡辺あや、監督は山下敦弘でリアリズムの宿しか見たことがないのだが、2本目も漫画原作の映画化を見せて貰った。兎に角、原作のファンから言わせて貰うと、漫画をそのまま映像化しているのだ!!!!!!原作を映画化すると言うときにどういう手段を執るかは色々あるだろうが、この原作の雰囲気を壊さず映像化したいという気持ちは思いっきり伝わった。原作を知る人が一番気にしているのは、ここで醸し出している雰囲気、それだけを求めていると言えるのだから。
 作品を知らない人の方が多いと思うのだが、別マで連載を持っていたくらもちふさこが、ちょっと年齢層をあげた雑誌コーラスに移ってから描き上げた作品で、原作者の母方の出身地島根県浜田市をモデルに作っているのだが、映画でもそこを舞台に作られている。作者のレベルの高さをこれでもかと見せられた作品で、実験的なことも多く、一言もセリフが無く描く回もあった。彼女の描く男の子がちょっとひねくれたかっこいい子が多く、私の好きな男性のイメージを子供の頃からすり込まれたような気がする。ストーリーは、大沢君が転校してくる中学2年から始まり、主人公のそよたちの高校生活も描かれている。微妙な心理描写がうまく、キャラクターの性格付けやかき分けがうまい。なんでもない日常のことが、話になるのだが、色々感じさせられることが多いのだ。
 そんな作品なので、原作のイメージを壊さないために、舞台も役者もこだわって、しげちゃんやあっちゃんやさっちゃんの原作通りなのには参った(笑)。各メンバーも本当に原作通り、そよのお父さんの佐藤浩市も母の夏川結衣も、本当に漫画のままなのだ。参った参った。

 原作の素敵なエピソードを何点か描き出しているのだが、その表現の仕方もそのまんまで、これでは違いが分からない。映画化になった良さってのを考えると、この作品の良さを知らない人に知らしめる。こんな世界に素敵さを感じさせる。ってことぐらいになってしまうじゃないか。困った困った。良かったことを見いだせないのが、この作品のマイナス部分ってことになるのは悲しいなぁ。心の動きを微妙に描いているので、観客にその理解が出来ていない感も見受けられて、それも悲しいなぁ。方言が音響のせいなのかもしれないけれど、ちょっと聞き取りにくかったのも残念。

 この映画を観て、久しぶりに読み返したくなった。でも、読んでいない作品の山があるので、それが終わってからにしよう。

天然コケッコー 公式サイト

|

« 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ -これはサトエリの演技力が凄くなってきたことを描いているよ! | Main | ファー○トやっと出た。 »

「コミック」カテゴリの記事

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/15914631

Listed below are links to weblogs that reference 天然コケッコー -監督の作品に対する愛をめちゃくちゃ感じたよ:

« 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ -これはサトエリの演技力が凄くなってきたことを描いているよ! | Main | ファー○トやっと出た。 »