« アヒルと鴨のコインロッカー  -深みのあるストーリーに、若手俳優陣が更に魅力を引き出している | Main | のだめの続編! »

July 29, 2007

映画の古典作品が観られる

 神戸映画資料館の来月以降のラインナップが出ている。
 そのなかでも、世界名作シリーズとして、メトロポリス世界残酷物語が観られるではないか!!
 私は小学生の時に、世界残酷物語をTVで観たのだが、衝撃的映像で、今では、倫理的にもTVで放送される機会は持たれないだろう。この機会に観に行っておかないと(笑)
 やっぱり、こんなのを子供の頃に観ていたから、私は変になってしまったのかしらん(笑)

 ナチのドキュメンタリープレステージが無料のフライデーで上映される。行きたくてもいけないよぉ~。

 そうそう、ワルキューレの映画化をトム・クルーズが主演で撮影をしているそうだが、子孫がトム・クルーズではイヤだと言っている。私も彼はあわないと思う。しかし、彼の凄さはあわないと思わせる役柄を反対者を唸らせる出来映えにするのだ。とりあえず期待しているよ。ドイツの内部のこと、ナチ以外に国防省はいかれていなかったことを世界の知らない人に知って貰うにはいい機会だ。無謀とも言えるワルキューレ作戦。でも、やった意味はあると思う。

|

« アヒルと鴨のコインロッカー  -深みのあるストーリーに、若手俳優陣が更に魅力を引き出している | Main | のだめの続編! »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/15934114

Listed below are links to weblogs that reference 映画の古典作品が観られる:

« アヒルと鴨のコインロッカー  -深みのあるストーリーに、若手俳優陣が更に魅力を引き出している | Main | のだめの続編! »