« 声優のこと | Main | ベクシル2077日本鎖国 -松雪さんの声サイコー! »

August 24, 2007

ショートバス -私はここの常連になりたいです!神戸にこんなサロンないのか!(笑)

 試写会に当たったので、変なもの担当Aでも連れて行けないこの映画に、君しかいないよと友人FTを連れていく。

 この映画どんなだったって!!!これを書いたら、この映画を観たい人と見たくない人がまっぷたつに別れてしまうと思うんだけれど。
 最初のシーンから凄かった。主人公の一人ジェイムズがお風呂の中で自慰行為をしているのだが、自分の息子を自分撮りしている。また、場所が変わって、部屋の中で、自分撮りしながら、彼は自分のものを口で味わおうとヨガのようなポーズをしている。それを向かいに建物に住む男性がカメラで撮っているのだ。こんなことから始まり、他のカップルの性行為が映し出される。ソフィアは言う。

 私達は幸せね。こんなに素晴らしく愛し合えるのだもの

でも、恋愛カウンセラーの彼女は、「オーガズム前なのよ」と、自分以外の人達が味わっているだろう快感の仲間入りが出来ないことで悩んでいる。セヴェリンは、お金のために女王さまとして恋人がいるのだが、本当の自分を解放してあげたいと悩む。

 不思議だ。セックスに対してネガティブなイメージがないアメリカ人ましてやニューヨーカーが、まるで等身大の私達と同じように悩んでいる。その悲しみを分け合えて、どうってことないとお互いが解け合える場所が、ショートバスというサロンだ。実際のサロンをモデルにしているそうだが、何でもありなこの場所が、居心地のよいおこたのようなそんな雰囲気を味合わせてくれる。あぁ、私もか弱き悲しく寂しいおんななのだ。ここで、安眠したいと思った。映画の最後の方に来ると、だんだん唇の端が上がり、自分の顔がほほえみをたたえていることを知った。主人公と同じように何かのきっかけを待っているのだなぁ。


 兎に角、全編オーガズムの宝庫で、俳優達が演技でないセックスを繰り返しているのを見るという前代未聞の映画なのだ。しかし、何でかしらんが癒される。そんな映画なのだな。
 で、こんな映画には、分かって貰える友人FTが有り難いのだ。終わった後、ここに行ってみたいと言ったら、私もここの常連になりたいと言っていた。持つべきものは同類の友人。「お互い一人でも行きそうだけれど、一緒に行こうな(笑)」とか言っていた。

ショートバス 公式サイト

|

« 声優のこと | Main | ベクシル2077日本鎖国 -松雪さんの声サイコー! »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/16218215

Listed below are links to weblogs that reference ショートバス -私はここの常連になりたいです!神戸にこんなサロンないのか!(笑):

» ハニーサロン [ハニーサロン]
ハニーサロンについて書いています。 [Read More]

Tracked on August 24, 2007 at 08:47 AM

« 声優のこと | Main | ベクシル2077日本鎖国 -松雪さんの声サイコー! »