« 2007 秋ドラマはこれを見る! | Main | たんなる雑談・・・ »

September 01, 2007

トランスフォーマー -これは子供が楽しむものなのだ!

 トランスフォーマーってアニメかコミックが実写化されたんだと思っていたら、タカラが国内向けに出していた玩具をアメリカの会社がアメリカで販売し大ヒットした商品なのだそうだ。それから、逆輸入され、漫画やアニメ化になったそうだ。映画の中で「きっと、日本製だ!」と言っていたのもあながち嘘ではなかったのだ(笑)。車がロボットに変身するといった発想は、やっぱり男性でしか考えられないもので、スピルバーグまで興味を持って映画化になった作品だが、それがどうした!って感じで受け止める。ストーリーは、玩具からの空想の話なので、もっとも子供受けしそうな話で、これで機関車トーマスのように、車に顔まであったらひいているところだろう。しかし、車からロボットにトランスフォームするときの技術的な映像はかなり唸るものがある。前に所さんの世田谷ベースで車からロボットにトランスフォームさせて、元に戻せないと言っていたけれど、その玩具以上に複雑な構造を作り上げており、これを何台も動かしているのだから、見る側にはかなりの迫力が伝わってくる。惜しむらくは、戦っている最中色分けされているとはいえ、善と悪が分からなくなってしまうと言うことと、ラストのあまりにも短絡的な解決に、折角の盛り上がりがガクッてしてしまったことだ。
 まぁ、夏休みにお父さんと男の子が楽しむ映画だったのだろう。
 俳優達は、私が知らない人ばかりだったのですが、興味を持てる人もいなかったのが残念です。何とか思い起こすと一人だけ、最も美しい50人に選ばれていたジョシュ・ディアメルがおすすめかなぁ。写真の彼です。

 そうそう、面白かったのが、色んな機械も影響されてトランスフォームするのですが、世界で一番使われていそうなノキアの携帯が変身をすると凶暴になるってのが面白かったのと、ノキアも日本製だと主人公が思っているところです。

Josh_duhamel

トランスフォーマー 公式サイト

|

« 2007 秋ドラマはこれを見る! | Main | たんなる雑談・・・ »

「映画」カテゴリの記事

Comments

「きっと日本製だ」・・・って台詞は「きっとタカラの新商品に違いない」に変えて露骨にヨイショしてほしかったです

善悪も勝敗もわからないロボ同士のバトルでした。アクションの最中に技術は見せるがドラマは見せない、そんな監督のいっぱいいっぱいさが伝わるクライマックスでした。
変形シーンを、日本風にスローモー、部分アップ多用、黒バック、決めポーズ、自分の名前コール・・・とかにしたらアメリカ人(の子供)はどう感じるのでしょうか?

Posted by: しん | September 02, 2007 at 07:05 AM

★しんさま
 わたしにはそっちの方が楽しかったよ(笑)
「トランスフォーーームッ」なんて叫んで、こぶしを振り上げ回転しながらロボットに変身したらもっと子供に受けるだろう(爆)
 しかし、何がなんだか分からない映像になっているので、名前叫んで戦ってもらった方が分かりやすかったかもしれません。

Posted by: 海音 | September 02, 2007 at 10:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/16283122

Listed below are links to weblogs that reference トランスフォーマー -これは子供が楽しむものなのだ!:

» トランスフォーマー [監督:マイケル・ベイ] [自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ]
【個人的評価 ■■■□□□】(6段階評価 ■□□□□□:最悪、■■■■■■:最高) 少年は決して殺さない優しいロボたち。子供向けの演出かと思いきや、「自慰」という字幕が妙に対象年齢を引き上げている気がする。どうでもいいことだから概要の方に書いてみた。... [Read More]

Tracked on September 02, 2007 at 07:06 AM

» 「トランスフォーマー (TRANSFORMERS)」映画感想 [Wilderlandwandar]
スピルバーグ製作、マイケル・ベイ監督の超大作「トランスフォーマー」(原題:TRA [Read More]

Tracked on September 02, 2007 at 09:24 PM

« 2007 秋ドラマはこれを見る! | Main | たんなる雑談・・・ »