« 今日のできごと | Main | ここはおさえとかなきゃ!! »

September 30, 2007

世界残酷物語

 先日、神戸映画博物館で上映していたので、変人倶楽部の顧問である友人FTと出かけてきました。ちなみに私が部長だそうです(笑)
 世界残酷物語は、小学生の時にサンテレビでやっていたアフタヌーンシアターで見たことがあって、首長族とか、美容のための行われている顔の皮膚を剥がすってのを見た記憶があります。しかし、私は大きな勘違いをしていたようで、わざわざ顧問まで連れて行ったのに、眠りたくなるぐらいの残酷さでした。
 今現在が世界中残酷日常ですものね。先日の須磨の高校の事件で噂になっていることが本当なら、この映画の100倍残酷だと思います。
 なんか、昔の人は幸せだったなぁと思います。確かに遙か昔は残酷だったので、イギリスでも人間を食っていた!というのは読んだことがあります。でも、今の心理的な残酷と違って、幸せな残酷と思えます。
 この中で日本が出てくるのですが、私の大好きなフォアグラの製法と同じで、無理矢理ビール付けをされている松坂牛のシーンでした。
 対人間より、動物虐待の方が残酷に感じるなんて、私の精神がどっかおかしいのでしょうか!?
 大好きなフォアグラも、この映画の中では囲いの中に入れられて、身動きが取れない状態で、どんどん餌を押し込まれていたのですが、昔の製法は足を板に釘打ちしていたそうなので、この姿でも残酷なことが減ったということなのだそうです。
 美味しいものを食べること、精神的に耐えていかないといけないことがたくさんあるのです。ベジタリアンになる人の気持ちがちょっとばかり分かりました。知らなくてもいいことばかり、ご飯が食べられないよ!と誰かに言われそうですが、知らないと言えないことがいっぱい潜んでいるということを意識しないいけないんだと思います。
 で、フォアグラ松坂牛の製法は今でも変わりないようです。
 神戸牛の生産の仕方は、載っていませんでした。検索を見てもヒットしませんでした。

 「動物と人間を対等にみる」ことについて、いつも悩んでいます。日本人はペットを擬人化しやすい民族なので仕方がないですが、動物や植物を食べて生きているので、うむむ難しいなぁ。

|

« 今日のできごと | Main | ここはおさえとかなきゃ!! »

「映画」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/16615388

Listed below are links to weblogs that reference 世界残酷物語:

« 今日のできごと | Main | ここはおさえとかなきゃ!! »