« ラスト、コーション -男性の方が女性の本質を分かっているのではないか!? | Main | 陰日向に咲く -久しぶりに嗚咽 »

February 09, 2008

アース -これは、眠たくなる

 最近お疲れ気味ではあるのだが、映画の内容が今ひとつ盛り上がりに欠けるために、眠たくなる。
ディープ・ブルーの印象が強かったので、この映画は観たい!と思っていたのですが・・・。BSでBBCのドキュメンタリーをよく見る機会があるから、映画館の大画面で美しい映像を見ることは満喫できた。しかし、地球の美しい姿を素晴らしいカメラワークで見せて貰っていても、盛り上がりがないというのは、こんなに目をつぶらせてしまうものか。
 印象的だったのが、ヒョウかチーターが鹿を襲うシーンがまるで男が女を追い求めているような感じのスローモーションでそれは映像的にも斬新だった。最後はマッコウクジラですか、と捕鯨船問題を追及するような感じにも伺えるラスト。渡辺謙さんの声より、役所広司さんの声の方があっていたように思う。

 しかし、自然は美しい。この世界を未来から来る人達にも見せてあげたいです。

アース 公式サイト

|

« ラスト、コーション -男性の方が女性の本質を分かっているのではないか!? | Main | 陰日向に咲く -久しぶりに嗚咽 »

「映画」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/40050321

Listed below are links to weblogs that reference アース -これは、眠たくなる:

» 映画「アース」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:earth 「ディープ・ブルー」に「プラネットアース」、「ホワイト・プラネット」をも規模では完全に凌駕している・・北極から南極まで奇跡の星の自然と生き物たちの物語・・ 遠い遠い遥かに遠い46億年前に生れた太陽系第三惑星・地球、その第三惑星に50万年前の小惑... [Read More]

Tracked on February 09, 2008 at 01:15 PM

» 【劇場映画】 アース [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 50万年前、まだ若い地球に巨大な隕石が衝突した。その影響は大きく、地球の地軸は23.5度も傾いてしまう。しかしこの傾きがあったからこそ、地球には四季のうつろい、寒暖の差、そして生命が生み出されることになったのだ。そんな傾きと太陽の光が作り上げた地球の姿を、北極から南極へと旅をしながら見ていこう。まずは北極に住むホッキョクグマの親子の様子から……。(goo映画より) 美しい映像と音楽で、たっぷり睡眠を取っていかないと、夢の世界に連れて行かれちゃうかも(笑) いったいどうやって... [Read More]

Tracked on February 14, 2008 at 07:06 PM

« ラスト、コーション -男性の方が女性の本質を分かっているのではないか!? | Main | 陰日向に咲く -久しぶりに嗚咽 »