« February 2008 | Main | April 2008 »

March 30, 2008

ノーカントリー -殺害シーンはめちゃ恐ろしいけれど、だんだん怖くなくなるので、そういうのが苦手な人も大丈夫

 映画観てすぐに思ったことが、トミー・リー・ジョーンズはクリント・イーストウッドの役割になったんだなぁと言うことでした。私はクリント・イーストウッドは苦手でダーティ・ハリーも1作目しか観たことがないから、監督作品も素晴らしいけれど、あまり気が乗らない。しかし、彼が演じてきた役割というのは意外とアメリカに必要な人物で、それなりにアメリカの良心を背負ってきたからかもしれないから、彼が居ない今、トミー・リー・ジョーンズが同じような雰囲気で描いているのかもしれないのだ。この作品では主人公でありながら、個性が強い殺人者と逃亡者を打ち消さない状態で主人公の姿を描いているので、こういう役割の人物が本当に必要なのだと思ったのだ。
 もう一つ、この映画の演出にも気を引いた。恐ろしい殺人者は破壊力のある飛び道具を持って、恐ろしいまでに無差別攻撃を行っている。最初は、息絶え絶えに死ぬまで首を絞め続ける所を見せられた観客はその後頭に穴が空くところまで目撃する。本当に恐ろしい異常者の登場だ。それが一人減り、二人減りとしている間に、彼の殺害の最後まで見せずともどんなに恐ろしい殺人が行われたかが分かるようになり、最後の最後には靴の裏を気にすると言った仕草だけで、中でどんな殺人がなされたのかが観客に分かるのだ。また、執拗に追ってきて、怪我をしても自分で体を処理していく姿に、不死身なターミネーターのような恐ろしさを感じさせる。死んでも死なない異常者。それが今でも田舎町に彷徨っているという終わり方はそら恐ろしい気持ちにさせる。
 唯一の守り人である主人公の老保安官は馬鹿な若手をあまり相手せず、この異常者に相対すること無い人生を送ることを目指しながら、まだくすぶっている正義感が見え隠れさせているのは面白い対比だった。
 もう一人の重要な人物である追われる人も、巧妙な逃げようで、異常者の伝説を作らずにラストを迎えそうな動き方で、3人の動きが効果的に描かれていて、計算されすぎた面白い映画だと思う。

これまでの順位は、

ラスト、コーション
ノーカントリー
陰日向に咲く
バンテージ・ポイント
再会の街で
シルク

| | TrackBack (0)

March 28, 2008

Sweet Rain 死神の精度の舞台

 明日友人と行く予定なんですが、映画の中に神戸が出てきます。

見られる方の参考に、この作品で神戸で撮影された場所は以下のとおりです。

●神戸高速鉄道「西元町駅」西口  なかなか味があるところ選んでいますね。
●神戸ベルェベル美容専門学校 
●高砂ビル
●フランス料理 ヴィラブランシュ     ここ食べに行ったことがないです。
●東遊園地                 ルミナリエの最終地点です
●大倉山公園                図書館があるところです    
●京町筋                   オフィス街です。友人Aが働いていました
●はねっこ広場(ハーバーランド)    そこから、川重の有名な人形が見えるはず
●東門街                   神戸の有名な歓楽街です
●モトコー6番街(元町高架下商店街) よく映画に使われています。走れイチローとか
●神戸市中央卸売市場本場 
●門屋ビル                 今はもう無いんですよ。寂しいなぁ

 

| | TrackBack (0)

うぉー

 先々週に忙しいのを脱出したのに、あの忙しいさなかたくさんの風邪ひきさんに囲まれてもうつらなかったのが、安心した途端に、先週から風邪による胃腸炎になってしまいました。
 で、もっと深刻なのが、生理が止まったまんまなのです・・・。
 あんな過激労働を強いられてきたので、体調不良になって止まっても仕方がないけれど、さすがに2ヶ月もないとこの年で更年期障害にΣ(゚Д゚;o)って不安が出てきて、今日から日曜日出勤の振替休日を貰っているので、おばばさまに心配させないようにこっそり婦人科に行くつもりです。

 よくドラマでもショックなことがあって流産するというネタがありますが、私も精神的なストレスがあると、いつも同じ周期で来ているのが、遅くなったり、早くなったりして、昨年なかなか良いところが見つからなかったときも50日も経ってしまったことがありました。さすがに2ヶ月を過ぎているので病気も考えられて不安になってきました。
 でも、あんまり婦人科には行きたくないんですよ。

 私はなんでこう無理ばかりしちゃうんですかねぇ。

| | TrackBack (0)

March 20, 2008

パンス・ラビリンス -これは怖かった。

 パルしんに友人Aと観に行った。この作品はなんか予告を見たときから観に行きたかったのだが、昨年シネ・リーブルで上映していた期間が短すぎて見に行けなかった。ちょうど、神戸に来ていた友人TYさんとも映画館で会い3人で見た。スペイン語圏で生活していた彼女曰く、分かりやすいスペイン語だったらしい。

 映画は、フランコ将軍が台頭していた第2次世界大戦後の話である。おとぎ話の好きな主人公は、妖精に導かれ、パンに死せる王女の魂が宿っていると言われ、3つの試練に耐えることが出来たら、王女の国に戻ることが出来ると言われるのだが、共に田舎にやってきた母親は臨月を迎え体調を崩している状態で、新しい父親は非情な人物、心よせる召使いはレジスタンスとして動いており、現実と夢の中を映像が行き来する。

 違う世界を目指して地上に戻ってきた王女の魂がまた地底の魔法の国に戻りたいかは怪しいものだが、今の現状から逃げ出したい王女願望の少女ならあらゆる試練を耐えてその国にたどり着くことが出来るだろう。私はその現実から突然ひっくり返ったように出てくる幻想の世界が面白く映像が素晴らしかったので見入ってしまった。但し、大人のおとぎ話にしたとしても恐ろしいキャラクターばかり。パンは山羊の形をしたギリシャ神話ではニンフの子供。映画の中で恐ろしい、真偽が付かない言葉を主人公に投げかけるので、悪人なのか善人なのかが分からずに恐怖を感じる。試練の中に出てくるペイルマンという妖怪(?)も目が手に付いていて、子供を鷲掴みに食べ尽くすという絵画がたくさん掲げられた部屋で子供を待っているというダークなイメージは気持ち悪いが単純にして見事な出来映え。迷宮も素晴らしいので、良い仕事してますなぁと唸ってしまう。
 そんな恐ろしい世界より、新しい父親の方が恐ろしいという対比も面白い。スペイン内戦の時代背景やレジスタンスの姿もしっかり描いて、めちゃくちゃ素晴らしい映画だと思うのだ。賞を総なめにしても不思議ではないだろう。ただ日本人が受け入れがたい子供をそんなに苦しめる姿が、日本ではあまり長い上映とはならなかったのか?
 そうそう、主人公が慕う召使いが、パンに騙されちゃダメとか、チョークで書いた扉を見て動くところを見て、彼女もまた王女候補のなれの果てだったと見せているところも面白かった。

 私は個人的にマンドラゴラが出てきているのに興味を惹いた。複雑な青少年が必ず手に取る渋沢龍彦の本でおなじみな為、本の通り動いているマンドラゴラを見るのはインパクトがあった。さて、パンに言われた通り、主人公はマンドラゴラを母親の薬に混ぜたり、ベッドの下に置いたりしたのだが、その効果はどうだったのか?実際はアルカロイド系のナス科の植物。本箱の奥から渋沢さんの話を探し出さない限り私の頭は納得しないだろう。

| | TrackBack (2)

March 19, 2008

バンテージ・ポイント -これは面白い!

 色んな登場人物からの視線で大統領暗殺の犯人を浮き彫りにするという方法で、事件そのものはそんなにサスペンスでもミステリーでもないのだが、色んな人物の視線を通すとこんなに色んなドラマを見ることが出来てかなりふくらみを感じるのだ。観客はそれらの糸口を一つずつ解き明かして貰って、そうだったのか!に行き着くので、最初からどう推理しても答えは出てこないから見応えがある。疲れた体で観に行ったにもかかわらず、前のめりで見てしまう程惹きつけられた。これは作り方のうまさだろう。
 また、街の中のカーチェイスがなかなかの見物である。予想外に面白い。
 登場人物は、大統領役の人ぐらいしか私には分からなかったのだが、シークレット・サービスのデニス・クエイドがいい。
 これは、押さえといた方がいい一品だ。

とりあえず、順位は、

ラスト、コーション
陰日向に咲く
バンテージ・ポイント
再会の街で
シルク

| | TrackBack (0)

March 15, 2008

Jaxaで宇宙飛行士の募集

 今日でここでの仕事は終わり。あんまり忙しくないです。

Jaxaで宇宙飛行士の募集をしています。
http://iss.jaxa.jp/astro/select2008/index.html

| | TrackBack (1)

須磨海浜公園駅

須磨海浜公園駅
今日から新駅開始です。なんかすぐついちゃうんですが、収益あるのかな?

| | TrackBack (1)

March 14, 2008

マイケルのネバーランド廃墟に

やっと帰ってきました。来週からは普通の私になります。この1ヶ月睡眠時間3時間半という過激な労働に強いられてきましたが、得ることも多かったです。明日までと思うと、一緒に戦ってきた人達とのお別れがつらくて、今日も一人で誰もいない部屋にいると寂しくなってしまいました。こんな気持ちもいつかは薄れるのを知っていても、もうあの時間には戻れないというのは寂しいです。

英紙The Daily Mailにて
マイケル・ジャクソンのネバーランドが廃墟になっていると報じています。
http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/showbiz/showbiznews.html?in_article_id=530257&in_page_id=1773

 廃墟好きにはもうちょっと時間をかけてもらった方がいいのですが・・・。

リンク: マイケルの「ネバーランド」 「廃墟」ぶりがネットにさらされる - 速報 ニュース:@nifty.

| | TrackBack (0)

March 13, 2008

今こんな所で仕事をしています

ワックス掛けするので、今日は鳥さんたちとお仕事です。

| | TrackBack (0)

March 10, 2008

やっと、今週でおわりだぁ

今日もめっちゃ死んでいます。生理も来ないし、お通じも2日に1回になってしまい、顔がめちゃくちゃ荒れて皮膚科に行きたい。でも、残業もつかないのにやらなければいけない仕事がある。
無理をしているのは分かるけど他にしてくれる人がいない。評価が上がるとも思えないしって。
前に書いたことと同じことを書いているのでは(◎-◎;)
成長のないわたし。

| | TrackBack (0)

March 03, 2008

友達に最強と言われる( -_-)

次の日帰宅がこれで3週間目を迎える。
顔がいらいらしてきた。口が臭いかもしれない。生理が思いっきり遅れている。今日の朝、じんましんがでた。
毎日、3時間睡眠ならこうなるだろう。昨日は日曜日だと言うのにたくさんの人たちが出ていた。
もうすぐ終わるんだけれどね。淋しいなぁ。

| | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »