« June 2008 | Main | August 2008 »

July 31, 2008

ハプニング -なんか、ぐぅとやってしまうのだが、これは1年経ったら何のことかわからんだろうなぁ

 ナイト・シャラマン監督作品。シックス・センスがかなりこわかったのであるが、とても良い作品だった。で、興味を持ったので、ヴィレッジを見に行ったのだが、怖かったんだけれど、なんか才能が枯渇したかなぁと諦めていた。そんなところを友人Mに誘われて観に行くことになった。

 サスペンススリラーなストーリーな為に、この映画を観に行かれる人はこの先読まないで下さい。

 むっちゃ、映像美ぃーーーって思った。動かない人の配置でこれほどの恐怖と美しさを感じさせるなんて、空から降ってくる人の画面構成にはめちゃくちゃ唸った。見えない敵が空気と共に現れるのに、世の中はこんなに綺麗だと画面構成はバストショットから自然と共にある引いた構成になっていく。
 主人公に選ばれた夫妻は全く普通の夫婦。そばにある幸せを喧噪の中で見失っている、まるで私達のような人達。教師の彼は物事の根本を考えることと、自然に畏敬の念を抱いているから、難関をクリアして行けたという設定だ。そのクリアしていく姿が何とも淡々としているのが、今までのサスペンスと違って面白い。
 一番怖かったのは、人形の家の話だろう。訳した松浦さんの言葉「いかれた人だ」とかなんとか言うシーンがあるがこのいかれた人という言葉が余計に怖さを倍増しうまいと思った。なんて言っていたのか、主人公の言葉がよく分からないのだが。
 何か淡々と自然の粛正が終わりを告げ、夫妻は幸せをかみしめる機会を得た。
 淡々と雲を眺めているようなそんな映画でもあった。

| | TrackBack (0)

July 30, 2008

崖の上のポニョ

 宮崎駿監督が好きだなぁと思う所は、エンディングのように、声優もアニメーターも背景もみんなみんなこの映画の参加者で労を労いたい人として、アイウエオ順に載せるところだ。
 そんな平和で優しい気持ちが彼の監督作品には詰まっていて、この作品にも溢れだしている。以前ジブリの作品にユーミンの「やさしさに包まれたなら」が選ばれたときに、この会社の方向性を感じた。いつまでも、持っていて失わないであろう日本人の中にある優しい気持ちを忘れそうな私達に語りかけてくれる。
 まぁ、そういうような映画をジブリは作ってくれる。今回のCGは使わず、手書きに努め、優しい色鉛筆で描かれた家を見たときに、子供に戻ってしまいそうだった。

 このまま主人公のそーすけのように、5歳で居られたら突っ込みながら見ていなかったのだけれど・・・。
 何か見ていると宮崎さんが好きな手法が出てくる。小型車を走らせたら、東西一の素晴らしさに惹かれてしまう。なんかでも、彼の得意技ばかりの構成に、他は?と期待はずれの要素を期待しています。
 まぁ、上記に書いたことだけでもよしとして、5歳の女の子を夫の許可無く引き取るのかなぁとか、海に沈んだ家々はこの後どうなるとか、おとぎ話に野暮なことを書いてしまう私はこれにて失礼するのであった。

| | TrackBack (0)

July 29, 2008

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国                   -そのおちでいいのぉΣ(゚Д゚;o)

 インディの映画が出来るというのを初めて知ったときには、ナイト・シャラマンが脚本を担当していると聞いていたのだが、蓋を開けると、宇宙戦争の脚本を書いたデヴィッド・コープになっていた。エンドロールを観たときに、カウフマンの名前をどっかで見かけたので、もしかしてって笑いながら脚本家を検索しました。ははは。カウフマンなわけないわな。
 ちょっと、びっくらしました。
 ハリソンおじさんが、スタントマンを使ってだろうけれど一生懸命頑張っていた。
 もしかして、インディジュニアのシャイア・ブラーフがこれからのインディになるの???
 ロシアの超能力者はケイト・ブラッシェットに見えるんだが・・・って、そうかよ。

 ってな感じでした。で、もっと驚いたのが、ラストのあれです。そりゃね。冒頭でロズウェルの文字を観ているからもしかしてありうるかもと思ったよ。でも、あれはないんじゃない!
 インディに出てくる古代遺物の類も、色んな歴史に興味を持ったり出来る逸品だったのであるが、こうなるとインディも変わったなぁと思うしかない。幽霊は居ても宇宙人は居ないという隣席のTY氏が正しいのか、未だに出てくる宇宙飛行士やらパイロットの宇宙人話。ネス湖のネッシーのように、インディにまで出てくるとアメリカによって作られた大嘘なんじゃないかと思えてきた。いつか、宇宙に出ていった人達が、ダースベーダーとの闘いを本当の歴史だと思ったりするようになるかも。それはそれで、現実の歴史も作られしものだからおもしろいかも。

 残念ながら、ダイ・ハードと違って、次回作を期待しないのであった。上映されたら見に行くけれど・・・。

| | TrackBack (1)

雷一過

 今日は凄い雷でしたね。東灘の鉄砲水だけはとても気の毒です。友人EYが以前していた学童の仕事。その色んな大変でも楽しい話を今でも思い出せるから、学童の子達が涼を楽しんでいたのであろう川縁で突然の雨風、鉄砲水、学童の子達や先生方のショックが大きいだろうなぁ。と、ちょっと聞いたニュースでそう感じたんだけれど、ニュース聞き間違ってないかなぁ。
Img_0963
Img_0964
悲しいことが起こっているとは知らずに、鬼気として美しい空を写真に撮っていました。雲の合間から見える夕焼けの赤が反射して不思議な暖色の街が描かれていました。

 最近、ブログに書く機会が減ってしまいました。でも、変わらず見に来て下さっている人がおられるみたいで本当に嬉しいです。未だにアクセスが150以上あったりするのですが、あんまり人が書いていないものを書いてヒットしてるのかしらん。

| | TrackBack (0)

July 18, 2008

近畿おすすめの道

ついでにこんなものまで発見!
一体私は何を探していると思われますか?
http://www.nissan.co.jp/CAMINO/CONTEST/kinki.html

で、私のお薦めの道はどこだろう・・・。自分で運転しているのは殆ど神戸市内だし、最近運転していないからなぁ。長田神社の道を北に上がって、しあわせの村や北区に入る頃に、周囲が紅葉になるところがあって、サイドミラーに映る紅葉が好きだったかなぁ。
後は赤穂御崎とか、神戸大学の坂道を降りて、神戸市内が広がっていくのも好きだなぁ、そうそう灘区の桜の道はバスに乗って高いところで夜桜を見るのが好き、あの難所をバスがうまく除けながら行くのも見物だし、ポーアイから北に行くときのハーバーハイウェイの神戸の夜景、もう最高やね。

| | TrackBack (0)

夕日を見る

 こんなHPをたまたま見つけました。
 昔だったら、バイクの免許取って、夕日を追いかけた旅をしたかっただろうなぁ・・・っておもったら、今日、カンサンジュンさんがたかじんの番組に出ていて、ハーレーで朝鮮半島や日本列島を回りたいというのを言っておられた。この年齢でも取れると断言している姿。やっぱり、格好いいなぁ。朝まで生テレビで昔惚れたのだが、講演を聴いて全然感覚が合わないとおさらばしていましたが、10年以上経った今でも素敵な方なので、やっぱりいいですねぇ。
http://www.idemitsu.co.jp/moconet//archives/spot/yuhi/line1.html
 やっぱり、私もハーレーかKawasakiに乗る女になる(笑)

| | TrackBack (0)

July 16, 2008

花より男子ファイナル -アホらしくてねちまったよ。

 映画観る前から、うすうすストーリーは読めていた。
 何かアイドル映画だから仕方が無いとも思ったが、ドラマは面白かったので、なんでやねん!とやっぱりつっこんどかなあかんやろぉ。ドラマが面白かったのは、俳優が素敵だったわけでも、演出が凄かったわけでもなく、単にこの作品が面白く作られた原作のおかげである。男性諸氏が読んだらあほらしいと、ポイ捨てするかもしれないけれど、女子の女子力をえぐって笑わして貰ったり、きゅんとさせて貰ったりするのは、この作品しかあるまい。だから、世界の女子に受け入れられ、最も売れた漫画本として君臨しているのだ。
 だから、作者がどう映画に絡んだのかは知らないが、この作品は全く花より男子ではなく、単なるアイドル映画でしかないのである。
 で、肝心な中心人物であるまつじゅんはと言うと、道明寺司と一体化して見えてしまっているので、あれはあれでいいのだと思うが、花沢類は作品世界とは大きく開いてきている。これは、致し方ないかなぁ。

 兎に角、10代の男子が女心を知るにはこの作品が一番だろう。
 女性が求めているのは、自分のことだけを愛し、自分のことだけを見つめ、永遠の愛を誓う男、そしてどんなところにでも助けに来てくれて守ってくれる。そんな男いるかぁ!???なんて、思ってしまうだろう。
 でも、女心を掴むには、したいさせてくれの10代の情熱ではGET出来ないと言うことをこの漫画で学んで欲しいのだ(笑)。
 ははは。

| | TrackBack (0)

July 12, 2008

本当はひとりで生きないといけないのに

 支えてくれるような人が出来て、人の形のようにお互いが倒れかかる形で支え合っていたら、そこから逃れるにはひとりで立ち上がらないとダメなんだと言うことを風呂の中でうんうん悩む。
 誰かに支えて貰うのはとても幸せなことだけれど、永遠なんて訳ではないし・・・。

 やっぱり、ひとりで生きていかないとダメだ。

| | TrackBack (0)

July 08, 2008

うにゃー

 最近、ある習い事をしています。意外にもそれの資質が少しあったのかと、自惚れてしまう程、今のところ調子がいいです。動作もゆっくりで、丹田に力を入れていく方法は、体のバランスも整えてくれて、年をとっても出来るスポーツだなぁと感心させられます。いつものように、舞い上がる私は、5年後国体とか、大きな夢をぼよよんとえがいています。いつものことです。あまり深く考えないように(笑)

 漫画家さんが描いた体の本が平積みになっていたので、購入しました。
Makimura_2
3年後のカラダ計画

 色んな本を読んで色々試されたことが書かれていて、健康についての初心者の私には楽しい内容でした。先日、引越祝いをおくってくれた友人STと話をしてやっと彼女が色々やってきたことの意味合いをこの本で理解できたことを知りました。

 もっと、自分のためにお金と手間を使わないとと思いました。

| | TrackBack (0)

July 06, 2008

暑い~

 朝から暑いし、熱い。

 うちのおばばさまは、おっちょこちょいで早とちりで、考え無しの所がある。で、先日からそれによる被害が続いている。
 よく物を壊す人って不注意な人が多いでしょ。周りをよく見ていないし、その対象もちゃんと見ていない。
 今日は暑い中、私が外しかけていたネジを親切に外そうとしてくれていたのだそうだが、ネジ頭を潰したまま外れないと放置していた。
 
 元からネジ頭が潰れていた。 → 私が外したものはネジが潰れていないでしょ。

 よく見えていなかった。     → 眼鏡をかけろ!

 眼鏡をかけても見えなかった。 → 見えない物はするな!

 折角、して上げたのに。     → そんな論理はおかしいだろう!


 なんか、しょーむないことで怒っているのだが、何万もした物を結局ネジを締めることも外すことも出来なければ、使用することが出来ない。それで、上記の内容で繰り返されていてはたまった物ではない。

 この論理は今の世の中には通じるような論法に思えてきた。

 気持ちがあったら何をしてもいいのか!
 日本人はいつからなぁなぁにして、人に物事の言及できないようになってしまったのだろう。

 沈黙は金?

 黙った者が馬鹿を見ている世の中ではないだろうか・・・。否!

| | TrackBack (0)

July 02, 2008

一番セクシー

 会社に泊まりがけで仕事をしているUさんのために、元気になる写真を送ろうと検索すると、

Oraga1
 これが一番上にありました。なかなか凄い作品だったので、興味がある人は検索してみて下さい。なんと、これの動画まで作られていました。

| | TrackBack (0)

« June 2008 | Main | August 2008 »