« July 2008 | Main | September 2008 »

August 27, 2008

金星人がいっぱい

 昨日、隣のTYさんが金星人+と知り、今現在立花の年なのに、大殺界月で折角治まったイヤイヤ菌がぶり返したようで、来年になると立花になる金星人-をねたみ虐めると書いていたので、今日本社に二人で行くときに、TYさんは金星人+で今は大殺界月だからこんな風になって、立花の年だから今年就職した所はいいらしいし、来年になったら小殺界になるので、今年中に就職していた方がいいから、10月には再就職した方がいいってと言い、来年になったら私は虐められるので嫌だと言った。
 なんか、いっぱいえらそうに言った。仕事をしていない人達の嫌な話を鵜呑みにし、いちいち左右されていないで、仕事をよくしている人が言っていることを真摯に受け止めろとか、私や彼がここにいてくれないと困ると思われるような仕事をしていこうとか・・・。
 今日は、機嫌が朝からよかったのか、気分が変わって、

 10月と言わずもっと頑張る。と言っていた。私は、2度あることは3度あると言うことをよく知っているので、3度目にはどうしたらいいのか、また新たな思索を行わなければ行けない。辞めろと言ったのだから、辞めてくれたら私は楽なんだが、彼としては今日の私の罵詈雑言が、「よく話を聞いて貰った。」ということで話が終わったようだ。嫁さんに言うと、「そんな嫌なところにしか勤められないあなたが悪い。」と言われたらしい。嫁さんのレベルが高いと夫も向上するだろうがストレスも高まるのかもしれない。嫁さんの論理で行くとうまい会話が出来るような夫婦にしてこなかったTYさんが悪いってことでもあるなぁ。

 で、金星人同士はうまくいかないのが当たり前なのに、来年立花は、金星人-同士は結婚してもいいぐらいうまくいく間柄になるらしく、いつもランチに行っているNTさんは同じ金星人のマイナスなのでめちゃくちゃ嬉しいheart

 で、隣のTYさんだが、よく占いで2月上旬までの人は前の干支とよく書かれているのだが、もしそうなら同じマイナスになる。きっと、NTさんはこんなに悩むTYさんを絶対同じじゃない!と言い張るだろうなぁ(笑)

| | TrackBack (0)

August 25, 2008

しんどくなってきました・・・。

隣のTY氏がまた辞めると先週言い出し、
同じ悩みをまたぐるぐる悩むなら、辞めた方がいい
今すぐ決められないなら、期限を決めてその時に考えた方向にしろ
今考えても仕方がないことを考えるな!時間が勿体ない
頭の整理が出来ないなら、会社に思うことのプラスマイナス箇条書きにして、それにどれぐらいの気持ちがあるのかパーセンテージをかけ!
期限決めたときにそれを見てやはり辞めた方がいいと我慢できないなら辞めろ!
一生懸命やったことが実を結び、時間が経ったら気にしなくなっていくかもしれないと、頑張ってみたらと言っていたけれど、埒があかないぐらい、辞めたいいやいや病が出てきているようだ。で、先週はそれで終わり、最後の金曜日にノート付けていくわという話になったのに、朝来たらまた同じ話が始まった。
もう勘弁してくれ!
そんなに辞めたかったら辞めたら、としかもう言えないよぉ。

TY菌がとうとう我慢していることも忘れて頑張っていた私にも飛びついた。朝から、辞めたい攻撃を聞いていたら、私も辞めたくなってきました。彼が言う通り、将来性もないし、客先で仕事をしているので解放感も何もないし。ここにいれば何にも気にせず、兎に角仕事を早くに片づけて役に立つと言うことを思い知らせないと行けないのだ。必要で居て欲しいと思って貰わないと、会社に仕事が回ってこない。

| | TrackBack (0)

August 23, 2008

皮膚が荒れて・・・

 有名な○田先生の所に行き始めました。色んな人の噂通り、3時間待ちが普通のようです。兎に角、ユニークな先生で、薬で治療するのではなく、本人のモチベーションという治療法のようです。直ったり直らなかったりするのが、手なので、あとはモチベーションをあげて、闘いを挑むというやり方しか打ち勝てないのだと思います。手は主婦湿疹なので、洗い物の時には手袋をはめ、ハンドクリームを塗るようにして保湿していますが、色んなものを触るのでなかなか直りにくいです。もう、半ば諦めているところに、先生は界面活性剤が入っているから、シャンプーも手袋を使ってと言われました。
 なんと、シャンプーの材料がかゆみを起こしていたようです。夏でも夕方でもシャンプーのオーガニックの匂いがするのでお気に入りのロクシタンでもそうなんですから、シャンプーはなかなか厳しいものなんですね。
 先生の言われる通り、自分の体の1国一城の主として、自分の手を守ってきました。すると本当によくなりました。そうかシャンプーかぁと分かりました。試しに手袋を先日外して洗ってみたら、また手のひらにかゆみが起こりました。
 で、よくなってきたら、鍛えるためにと塗り薬が出たので、薬局で薬を貰いました。

 後で、薬の成分表を見ると、水虫やカンジタに効く薬と書いている。これでいいんだろうか・・・。
検索すると、http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se26/se2655709.html
なんか、予防に塗る薬とも思えないので、月曜日に聞いてみよう!

| | TrackBack (0)

August 21, 2008

とある習い事を始めて・・・

 6月からとある習い事を始めたのですが、あまりに少ないので、私がどこにいるのか限定されてしまうために、何にもかけない状態でした。まだまだ続けていくつもりなので、今日は専門店の方が来られたので、一緒のクラスの人達とお道具の品定めをしました。人と違ったものを持ちたがるので、結局違う色のを来週持ってきて貰うことになりました。道具の色を黒で揃え、他の者は紺に統一しました。何でもこだわってしまうんだよなぁ。

 隣のTY氏が盆明けからまた仕事を辞めたいと言い始めました。長いことかけて先月決断を出したのに。
 そんなに嫌なら、もう辞め!と言うと、色んな理由から辞められないといいます。今日は今すぐ辞められないなら期限を区切って、それまで心の内を掻き出して、自分の気持ちを何かに記述したらどうかと話をしました。なんとか、頑張ってくれるといいのですが・・・。

| | TrackBack (0)

August 16, 2008

所夫妻に憧れてるっす

 家族の仲がいいのはさんまと所さんの番組でよく聞いていたので知っていたのですが、世田谷ベースを見だしてから、夫婦の仲がよい話をちょくちょくきいて、なんかいいなぁと思うようになった。
 世田谷ベースは録画して大分経ってから見ているから最近のはまた見ていないのだが、先日江戸の遊びとかで、夫妻が必殺シリーズにはまっていて、仕事のお金を袂に入れるのに参加したいがために、千両箱や一両を手に入れて、ドラマを見るときに小道具に置いている。いやぁすげぇ。きっと、所さんのようなだんなとそんな夫婦生活がしたいんだ。こんな人世の中に居ないだろうか?別にフアンではなかったのだが、この生活がいい!
 多趣味でこだわりがあって、さんまやタモリやたけしと仲がよいって、双子座かなぁとか思っていたら、げげっうちのおばばさまや隣のTYさんと同じ水瓶座じゃないか。じゃあ、嫁さんは何だろうかと検索したが分からなかった。
 私は検索して誤解が取れた。所さんの嫁さんは、NHKの少年SFシリーズで時をかける少女をした人だと思っていた。行きつけのスナックのママらしい。料理が上手なので、双子座かなぁ。なんか双子座好きだなぁ私って。
 こんな状態の私でも、この二人の関係は羨ましく思うし、目指せ!なのだ。だって、人生まだ折り返し点にもなっていないのに(いつまで生きる気だ)、やることやるのに相棒が欲しいでしょ。同じ様な趣味と行動が出来る人を探さなきゃ。嫁付きばかりにもてても、所夫妻を目指せないんだよなぁ。いい人いないかなぁ(笑)

| | TrackBack (0)

内的圧力と幸福の読み違い

先月、おばばさまと繁昌亭に行った帰りに、天神橋商店街でお昼をとり、ちょっとの時間商店街をうろうろした。あの辺りは、古書店が多いようで、古書の嫌いなおばばさまに我慢して貰って、古書店に足を踏み入れた。
 何せ古書店は面白い。友人Aが書店に入ったら、出てこないと言う程、書店好きなのであるが、古書店は店主の好みの本が並んでいるために、一種独特の世界を形成しているところがある。どこの街にでもある古書店ではあるが、世界でここしかない品揃えだったりする場合があるのかもしれない。
 まぁ、入ったところは万人向けに近い古書店だったので、比較的新書店に近く、おばばさまも店の入り口付近まではうろうろしていた。
 この店で久しぶりにコリン・ウィルソンの名を見る。正確には違うのだが、先月本箱を新たに買ったので、単行本サイズをまとめておくのに、コリン・ウィルソンの本達が移動したので、意識が残っていたのであろう。持っていない上下巻が揃っていて手に取った。
 コリン・ウィルソンはアウトサイダーという作品で名をあげた小説家であるが、犯罪心理学やオカルトに興味を持ち、特にシリアルキラーについて話を評論としてまとめた物が多い。中学生の時に興味を持った寺山から渋澤龍彦に移行してコリン・ウィルソンにたどり着いた。元々小学生の頃のなりたかった職業は精神医、詳しく書くと犯罪心理学の研究をする精神病理学者だったので、軟派な私の頭でも、一般的なコリン・ウィルソンは読んでいた。
 今年は、村上春樹年として、読まず嫌いだった彼の作品を発表年の順で読んでいくという目標を掲げて、2冊目読んでいるときに怒濤の引越が始まって、2冊目の行方は・・・。って状態で、会長達とご飯を食べに行く機会があった時に、会長の母校の先輩村上春樹を褒めておられたので、今年は村上春樹年にしてます。なんて、ちゃんかり言ったのに、今はプレジゼントやブルータスを読みあさり、20世紀少年を大人買いして読み切り、とうとうコリン・ウィルソンの2冊を読み始めてしまった。早く読んでしまわないと、村上春樹にたどり着くまでに、プレジゼントやブルータスの読んでいない特集が貯まってきているし、それ以外に買った本達がもうどこに入っているか分からない状態だし、会社からこのお盆休みに読もうと仕事の関係の本を持って帰ってきているし、あーあって状態でコリン・ウィルソンを読んでいます。

 まぁ前置きはいつものように長々と。
 先日、道を教えてレイプされたという事件が新聞に載っていた。そのことを隣のTYさんに話をした。昔、家の近くの古本屋さんで同じ年ぐらいの若い男性に道を聞かれた。口頭で説明しても近くなのに分からないと言うので、帰りの方向だからと、そのマンションへ連れていった。エントランス内部でその名前がないから、上まで一緒に付いてきてくれないかとしきりにエレベータに乗せようとするので、丁重にお断りして急いで帰った。それから1年ぐらい経って、三宮の本屋の内部で、道を尋ねる声が有り振り向くと、その男性が立っていた。私は無言で恐怖に駆られその場所から立ち去った。彼がレイプ犯か本当に道を尋ねただけなのかは知らないが、私でもこんな出来事があるのだから、どんな女性にも魔の手が忍び込む機会が多いだろう。TYさんは、私がエレベータに乗ったら最後、その階で待ちかまえている男が二人居て、両手両足と口を掴まれてと、仕事中に語り出すから恐ろしくなった。TYさんはもっと性的に淡泊な男性だと思っていたのだが、私と二人になると喜んで普通の話を性的な話に持っていくので、そう言う話はつきあった人としかしないのでいいですと、断り続けているのだが、この話にも派生して、レイプされやすい女が居ることは確かだと話を広げだした。
 ちょうど読んでいるコリン・ウィルソンの章が「犠牲者」。殺人を呼び込む犠牲者体質があることから話が始まり、犯罪心理学者の中では、そのような体質があると言うことは認められいるとのことだった。例には大統領就任中に暗殺されたリンカーンやケネディの共通性や、連続殺人者が殺害者の写真を撮っているのだが、その中でも犠牲者になる人と、犠牲者になったとしても彼女たちとは一線を置いている女性達との写真が異なることを述べている。コリン・ウィルソンの解釈は、

 哀れな人間は「内側の圧力」が低い。幸が多い人間はそれが高い。内部圧力が低いと事故が起きやすい。フラットのタイヤがパンクしやすいのと同じだ。

としている。この文で思い出したのは、中学校の時の友人YSとの会話だ。彼女は在日で、在日だからと言って虐める対象にするような人種がいる街ではなかったが、女性であるために、男性からの対象として違っていたかもしれない。成人してからストレスを感じていたことを語ったことがある。それ以外に彼女を襲った悲劇の方が大きかったので、私には分からなかったのかもしれないけれど、母子の二人暮らしだったのに、中学生の時に彼女の母は彼女を置いて愛人宅に住むようになり、奇妙な正妻との三角関係の中、その家の跡取り息子を生んだ。このような状態だったので、一人住まいの彼女はリストカットを常とすることになり、泣きじゃくる彼女に私は、
 きっと、こんなにつらいことを経験していたら、ほんの少しの幸せでも幸せと感じるから、普通の幸せを手に入れたら、普通の人よりもたくさんの幸福感を得られるからと説き伏せていた。
 私は高校に行き、友人YSは専門学校へ。10代で結婚妊娠、しかし、高校生の私が彼女の話を聞くと、夫が愛人を作ってという10代のまだ若い年代では辛すぎる相談で、電話がないので久しぶりに電話をしたときには、新しい女との生活を始めていて、その女が電話口に出てきた。彼女の連絡先が掴めずに、彼女の母親の再婚した名字から割り出し探し出して、友人YSの行方を聞き、会いに出かけると、10代なのに身をやつして水商売に入り込み、薬も手を出し、子供は夫に取られた状態で辛い思いをしているこんな不幸な状態を見せたくないという姿だった。
 その頃の私は、その学校では成績がよかったために、クラス委員とかしたり、風紀の先生が全校生で風紀検査するときに彼女は大丈夫問題ないからと、殆ど検査されなかったぐらいの普通にまじめな高校生をやっていたのであまりにも彼女とのギャップで、彼女を慰める役割になれないと身をひいた。別に水商売とか裏の世界になったから彼女から手を引いたのではない。その頃には薬を売っていて鑑別所に行った友人もいたので、そんなことは気にならない。それともう一つ気になったのは、上記の私が小さな幸福でも大きくなると慰めた言葉がどんなに悪かったかと言うことだった。
 小さな幸せしか知らないものは、本当の普通の幸せを知らないんだと思う。簡単に幸せの仮面を被った不幸に進んでしまう。彼女の夫は仮面を被った不幸の使者だったのに、それを認知できる能力が欠けていたのだ。
 10代の頃、自分の考えが変わったことを知った。幸福な奴は一生幸福で、私や彼女のようなあまり幸せな家庭生活をおくってこなかった人間には幸せな生活は訪れないかもしれないと。
 コリン・ウィルソンは中年に入ってこのような例に内部圧力と認識したようだが、不幸な子供達は内部圧力の訓練と幸福の読み違いを学ばないまま社会に掘り出されることを10代で知るのではないかと思う。

 話を戻して、犠牲者になりやすい人達の話だが、昔イタリアに卒業旅行に行った6人組が一人を除いて5人がひとりの男にレイプされたという事件があった。別に5人の子達が犠牲者体質とは思わないが、ひとりの子はその時に普通に状況判断が出来たのではないかと思った。昔、高校卒業旅行で友人達と原宿に行ったときに、優待券が付いているお得な券が3千円だと若いにーちゃんが売り込んできた。集団心理だったのだろう、私がここでしか使えないよと言っているのに、私以外が3千円を払った。案の定どこにも使えるところが無く終わった。変な例かもしれないけれど、卒業旅行で世間を知らないガキが知らないところに行って誘惑に負ける。一人だと危険だと認知できる能力が出てきたかもしれないのに、集団であったために何も考えずに進んでしまう。これも、犠牲者という名称はおかしいのだが、犯罪を呼び寄せるものじゃないかと考える。残念ながら、集団でいても、めっちゃ盛り上がっている中心にいても、おまえさめてるよなぁとAB型男性に言われるタイプなので、集団心理に参加できなかった。その心理を語る上で自分が被害者でなければ分からない感情である。

 隣のTYさんが派生させた話の一つに、男性はレイプすることに熱くなると語った。そう言ったビデオが多いので自分が加害者になり征服するという本能が埋め込まれているとは思う。それと相対して、被害者になったら結婚したとしてもそれを思いだしてPTSDになると被害者の立場も語っていたので、悪いことだという認識を持っていると納めていたが、レイプの内容を語るときに、顔に頭の中身がよく出ているTYさんだけに鬼気迫る眼と喜びを表すような口元で男性がレイプがどんなに好きかを語った。
 彼じゃなくても、性的興奮を感じたらこんな風に語るのだろうが、どうしてここまで遺伝子の中身が違うのだろうかと考える。ただ染色体の違いだけで、成長したら脳も体もここまでここまで変わってしまうのだ。
 女性の死刑囚は少ない。戦闘的ではないし、人を殺すことまでは思い至らないし、衝動的にもなかなか殺せない。和歌山カレー事件でも本当に無差別に彼女が殺したのか真偽はまだ揺れている。
 世に攻撃性がなければ進化も成長も無かったというなら、人間はどれほどの幸せを犠牲にしてきたのだろうと感じてしまった。

 あっ、TYさんは変態ではないし、世の男性がすべて加害者とは思っていませんよ。ははは

| | TrackBack (0)

August 11, 2008

バイクに乗って・・・

 カンサンジュンさんがたかじんの番組に出て、バイクに乗ったことがないのだが、50も過ぎたのでそろそろハーレーでも乗ってみようかなとおっしゃっていました。
 隣のTYさんがなんか結婚前のバブルの時代に大いに愉しんだことをよく語るので、私も自分のことを色々思い出してみました。
 昔働いているときに仲良くしていた人が、バイクに乗ってツーリングに行っていて、その人の友人が奈良に住んでいるのだけれど、新しいバイクを購入したので、400をあげるという話を持ってきてくれました。バイクの免許は欲しかったから、それならと、今あるのかどうか分かりませんが、kawasakiのバイクを作っている明石工場で、バイク走行の出来る練習場所があり、土曜日に指導してくれる人がいて、確か1回2千円程で、4回も通ったら試験受けられるだろうと言うところだったので、そこに行ったことがありました。なかなか、400でも女性ではバイクを持ち上げるのは大変です。そんな中、8の字のコースで前の人が遅かったためにバランスを崩し、バイクを立て直そうとして、腰を痛めてしまいました。結局1ヶ月以上も引きずることになり、バイクを残念してしまいました。
 若い頃でさえ、バイクの重たさで腰をひねるぐらい何だから、今ならもっと悪い結果になりそうだけれど、上記の影響でバイクに再び乗ってみたくなりました。
 乗るとなったら,kawasakiの車体が大きくて何かずっと好きだったので、kawasakiがいいなぁと思ってしまいます。
 と言っても、今はゼファとかないもんね。
 先日、バイク雑誌を見ていたら、表紙のバイクがメカニカルでめちゃくちゃ欲しくなりました。色が変わっていたので余計かもしれません。でも、メーカーが分からずじまい。あのバイクは何?

 友人FSさんから、残暑メールが着て、今年も夏は北海道を走っていたそうです。私もいつかは舞鶴の船にバイクを乗せて、1週間でも北海道をバイクで旅してみたい物です。

 って、これも夢で終わらないようにしなきゃ。

| | TrackBack (0)

August 04, 2008

ハンティング・パーティ

 セルビアの戦犯ラドヴァン・カラジッチが捕まりましたね。

 下書きにしたつもりが出てしまいました。落ち着いてから追加します。すいません。

| | TrackBack (0)

August 03, 2008

カンフーパンダ

 友人USと映画に行くことになり、映画館に向かったら、私が殆ど観た映画ばかりだったので、申し訳ないのだが、この映画になった。絶対、こうでもなければ行っていなかったのであるが、面白かった。
 パンダが可愛くないのも変だったが、とらがアンジェリーナ・ジョリーとメスだったり、マスターが可愛すぎたり・・・。意外性があるのも然り、一番の見所は、肉感の動きを余すところ無く表現してくれて、その誇張が面白おかしくって・・・、パンダと共に悪い奴が階段を転げ落ちるシーンで、コロコロ転がり回っている中でパンダの大きなお尻が悪い奴の頭をぺちゃんこにしている所をスローモーションにしている所なんて、アニメならではの面白さだったから、ずっと、笑い転げていた。私も笑い上戸だが、友人も大変大きな声で笑い転げていたので、ストレスのたまったお父さん、お母さん、子供の作品と思わずに、我を忘れて笑い転げて下さい。短い作品だし、気晴らしになるよ。ジェッキー・チェンやロバート・デ・ニーロも声をしていた。

| | TrackBack (0)

変な夢を見た

 今日の朝に見ていた夢は、友人Mの鼻の穴が見えるという物だった。
 あまりにもはっきり見えていることに疑いも抱かず、彼女に彼女の鼻の中を口頭で説明しているのだが、より詳しく説明するために、絵を描こうとまで思っているところに目がさめた。
 彼女の右の鼻の穴の奥には肉壁の四角い箱があり、そこには烏賊が横にあって、私と目があった。その手前には肉の柱があり、その左横に鼻くそがあったので、それを取るように図解説明するようにしていたようだ。
 当然、昨日は友人Mとは会っていない。私の夢にはどんな意味が・・・(笑)

 ビジュアル的に変な夢を見ることがあるのだが、対外は気持ちが悪い。前にも書いたが、目を開けたら、目蓋が上まであり、目が無かったとか、中指の指先に卵の空けるときのひものような物が付いているのでそれを引っ張ると、指に腹がたてに開いて、中に内臓のような物があったとか・・・等々。
 みんなこんな気持ちが悪い夢を見たりするのだろうか・・・。

| | TrackBack (0)

« July 2008 | Main | September 2008 »