« シネカノン神戸閉館Σ(゚□゚(゚□゚*) | Main | 新開地映画祭 »

September 29, 2008

友人が鬱になったとメールが着た

 一つ年上の独身男性Kちゃん。仕事や将来や老後。悩むことがいっぱい。平均的な家庭である夫婦と子供の核家族でも毎日事件が起きて居るんだから、平均的な生き方をしていない彼や私なんて、いっぱいいっぱい不安になる。
 不安で出口を求め始めたから、鬱になったのだろうか?
 グループメールに書いてきたので、メンバーが一人一人励ましのメールを書いているのだが、私はなんて書いたらいいのか分からない。
 隣のTYさんが先日、なんで生きてるんやろうと悩めへん?と聞いてくるので、そんな思春期のような悩みと言ったのだが、その後どう解決したのか。兎に角、一番下の子が20歳になるまで頑張って働くと言っていた。毎回毎回自問自答しているんだろうなぁ。

 私はばかばかしいと思われるかもしれないが、二十歳の頃バスに乗っていて、思いついて解決した。生きていたらめちゃくちゃ面白いことがあるからそれを教えて上げようと。と言っても、今だ自分だけが楽しんでいるかもしれないのだが、何でも面白いことに変換できる能力をもっと進化させていかなければ・・・。
 まぁ、これは私の思いこみなので。

 昔、Kちゃん達と一緒にボランティアしていた。私が退いてから、Kちゃんに戻ってこいよ、いないと面白くないよと言われた。それから、ずっと以前、その団体に友人を誘ったことがあったおだが、その友人がそこを退くときに、何にも面白いことがなかったと言った。
 面白いことって、他人から与えて貰うこと?
 私の何のために生きるは、人生が面白くて楽しいことを知らせたいことだけど、それは自分で気付いて楽しくするしか、いつまで経っても楽しくなんてならない。

 よく、ここにいてもつまらないとか、楽しくなんてないという人がいるが、それは全部自分がつまんない奴で楽しくできないから。

 なんか、鬱の人に喧嘩売っているような内容の記事になった。鬱の人が負担になるような文章を書いているかもしれない。そんなつもりはないのだが・・・。

 毎日、不満が増えていく隣のTYさんが、もっと解放されて、楽しい毎日にが暮らせますように。Kちゃんの病が早く治りますように。メッセージは本人に書けないけど、心の底から祈っています。

|

« シネカノン神戸閉館Σ(゚□゚(゚□゚*) | Main | 新開地映画祭 »

「わたしの頭ん中」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/42637737

Listed below are links to weblogs that reference 友人が鬱になったとメールが着た:

« シネカノン神戸閉館Σ(゚□゚(゚□゚*) | Main | 新開地映画祭 »