« ヴァイブレータ | Main | 老化現象 »

November 12, 2008

泪壺

 えらい作品を観てしまったなぁって感じでした。
 原作は渡辺淳一。姉妹が好きになった相手は、妹と結婚することに、秘めた恋を抱いた姉は、病気で妹がなくなった後、抑えられない感情に振り回されるっと言った話で、姉が夫のことを好きなのを知っているからか、死んだら骨を砕いて陶器を作って欲しいと死ぬ間際に夫にお願いをします。出来た壺は、まるで泪を流しているようなシミが付いた壺になりました。

 主人公の姉が、えらくけたたましい人物で、おとなしいのに行動が大胆で、少女時代の役と全然同一人物にならないので、変な感じだった。
 涙を堪えるために、上を向いて走り出す。それでたんぼに落ちたりと、えらく似つかわしくないような演出をしているので、渡辺淳一作品とは誰も思わないかもしれない。
 この映画でよかったのは、相手役のいしだ一成。なんて、演技がうまく、なんて色っぽいんでしょう。女性が襲いたくなるような色気を放っていました。映画の後のトークショーでも、主人公を演じた小島加奈子さんも彼が色ぽっくて優しいと言っておられました。

 トークショーで女優さんの生を声を聞くと言うのは、意外に面白いもので、前回のばりばり獅子座の女のような中川梨絵さんでは味わえなかった裏話をたくさん聞かせて貰って面白かった。生で会うと、応援したくなりますね。とても、性格がよく、さっぱりしていて、映画の何十倍も可愛い人でした。最後に握手をして貰ったのですが、とても嬉しかったです。わざわざ神戸にまで足を運んでくれて有り難う!

|

« ヴァイブレータ | Main | 老化現象 »

「映画」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/43095727

Listed below are links to weblogs that reference 泪壺:

« ヴァイブレータ | Main | 老化現象 »