« 子どもがいないからわからへんねん | Main | 混み合っています »

November 06, 2008

日本の人権問題

 自由権規約委員会の最終見解発表 日本の人権保障政策のグランドデザインが示される
http://www.amnesty.or.jp/modules/news/article.php?storyid=541
 自由権規約委員会とは、
http://wiki.blhrri.org/jiten/index.php?%A1%F6%BC%AB%CD%B3%B8%A2%B5%AC%CC%F3%B0%D1%B0%F7%B2%F1
 である。

 さて、日本に人権問題?と思う人が多いと思うが、日本の人権問題に関係しているNGOの団体は世界にもある。人権意識がある世界から見たら、人権意識のない国が日本なのだ。うまーく、経済大国という傘の中で、大資本家に日本を牛耳られている。イタリアのテレビが企業に乗っ取られて、報道がちゃんとなされていないと、他の国を思う前に日本の国の方がもっと凄いことになっているのだ。上記の内容には外れるが、
http://www.green.dti.ne.jp/protest_toyota/
こんなことなんて、日本では報道されない。日本は一体どうなってしまうだろう。トヨタが業績赤字を出し、サブプライムの責任にしてごまかしているが、このままどんどん悪化していく日本経済で、支配して及び支えてきたトヨタ王国はこの日本をどうするだろう。

 さて、私は技術職でずっと物理の計算や売上の数値を計算していたのだが、私は法学部出身なのだ。なんちゃって法学部出身とも言えるが、自分が卒論のおりに題材にした代用監獄は卒業して何年にもなるのだが、全然変わらず問題化されている。

 私が気になるのは、
・国内人権機関を、パリ原則に沿って行政府から独立した機関として設置する
・刑法第177条の強姦罪の定義に男性に対するレイプも含めるとともに、重大な犯罪とし、被疑者側の立証責任を回避させ、合わせてこうした犯罪に対処するための特別のジェンダー研修を裁判官および法執行官に対して実施する
・ドメスティック・バイオレンスに関しても、加害者を確実に処罰することに加えて被害者側に対するケアの対策を
・外国籍の被害者に対する特別のケアを求めている
・代用監獄制度(日本政府は「代用刑事施設)と呼称している)について、条約(特に規約第14条)の保障措置が完全に満たされない限り廃止
・戦時性暴力に対する責任追及という重大な国際的な義務を、日本が60年以上を経て未だに果たしていないことを、明確に示した勧告
・婚外子差別について国籍法第3条、民法900条4項の改正を求めるほか、戸籍法第49条1項1号で規定される出生届における嫡出の記述を無くすよう求めている
・国籍者以外に対する年金からの除外を是正することが勧告され、移行措置をとること
・朝鮮学校に対して、他の私立学校と同様の卒業資格認定、その他の経済的、手続的な利益措置が講じられること
・日本政府が、アイヌ民族を先住民族として認めながら、国連先住民族権利宣言にある先住民族としては未だに認めていない現状に対して、それを是正すること

 ね。一部取りだしただけでも、結構日本の人権問題はあるなぁって思うでしょ!

|

« 子どもがいないからわからへんねん | Main | 混み合っています »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/43033908

Listed below are links to weblogs that reference 日本の人権問題:

« 子どもがいないからわからへんねん | Main | 混み合っています »