« ラースと、その彼女 | Main | 最強運2009今年の運勢全部見せます »

January 05, 2009

青い鳥

 学校のいじめ問題を題材にした作品で、わぁめっちゃ暗そうどうしようと、観に行くのを迷っていたのだが、友人Aが、行っても良いと言ってくれたので、観に行くことが出来た。
 病気休暇の担任を引き継ぐために、3学期に2年1組にやってきた国語の教師は、吃音で、「先生はこんなだから、本気の言葉を喋る。君たちも本気の言葉を話してくれ。」と語りかける。寡黙な先生が淡々と接していく姿は、観る者に何かを与え続けた。
 いじめの小説で有名らしい重松清の原作で、本人も語られているのだが、主人公と同じに、吃音である。
 不思議なことに主人公の先生は、あまりにも言葉を出さないために、映画の中で、生徒達にどういう言葉を最後には語るのだ。この生徒にはどうアクションを取るのだと考えながら観ていた。浅はかな私は、子供を育てることも接することもないために、大人に話す内容のような言葉しか浮かんでこない。しかし、映画の中の先生は、生徒に必要な本気の言葉を話してくれ、聞いた生徒のように、私の中にもそう言うことなのかと、一つの答え合わせが始まるのだ。最後に教えることを悩んで主人公に話しかけた先生にも、本気の言葉を話す。「運が良ければ教えたことが届くかもしれないけれど、でも、子供達のそばについてやることしか出来ないんだ。」と。
 セリフが少ない分、色んな言葉がとても入り込んだ。言っている内容は、本当にどの先生も語ってくれそうな内容だけれど。本気の言葉を生徒が話した時に、主人公みたいにそばで本気の言葉を返せているのかは、人によるのではないかと思う。
 今年始まって観た2本とも良い映画で嬉しい。

|

« ラースと、その彼女 | Main | 最強運2009今年の運勢全部見せます »

「映画」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/43642294

Listed below are links to weblogs that reference 青い鳥:

» 映画「青い鳥」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
オープニングの「鋼の心」とエンディングの「さなぎ」の主題歌を歌っているのが、今年デビューしたばかりのまきちゃんぐ(岡山県)~心に沁みる素晴らしさ~ とある中学校でのいじめ自殺未遂事件、当人は転校し、クラスの全員は反省文を書き、事件は収束したかのように見... [Read More]

Tracked on January 11, 2009 at 12:01 PM

« ラースと、その彼女 | Main | 最強運2009今年の運勢全部見せます »