« 神戸の美味しい店その20 2008年度総評 | Main | マンマ・ミーア »

February 13, 2009

旭山動物園物語

 実際ある動物園が閉鎖にまで追い込まれながらも、現在一番人気の動物園になるまでの苦労のお話し。予算を削られながらも、動物園には夢があるという気持ちを忘れず、チャンスを生かして夢を実現していった。色んな物事に対してのノウハウが詰まっているような気がする。
 飼育員に熟練の役者さん達を配置し、一人一人にもライトを当てて、見事なまとめ方をしていた。これもこの動物園に愛情を注いだ姿が、監督や出演者からも出ていたからだろう。

 遊園地と動物園が一緒になっているので、どんどんそのような施設は全国で閉鎖に相成った。動物園や水族園は必要かというと、普段観に行かないので、はっきりとは答えが出なかった。でも、西田さん演じる園長がしきりに絶滅危惧種を保護する役割も担っていると言うので、初めてそのような施設の役割を強く感じた。
 また、お金や時間が無くたって、夢はたくさん描ける。その夢を具体的にしていくこと、例えば人に語り、絵に起こしたり、行動したり、そうすることで、夢というのはかなえられていくものだという例を見せて貰えた。どんな不良債権でも、何か変わるきっかけがあれば、新しい物が得られるようになる。努力したものの頭上に花開くのだ。

|

« 神戸の美味しい店その20 2008年度総評 | Main | マンマ・ミーア »

「映画」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/44052044

Listed below are links to weblogs that reference 旭山動物園物語:

» 映画「旭山動物園物語 ~ペンギンが空をとぶ~」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
ペンギン館の完成が2000年9月、月間入園者数で初めて上野動物園を抜いて日本一が2004年夏のこと、なかなか旭山までは行けないけど夢は叶う物語~ 北海道旭川市旭山動物園、日本最北の動物園として開園したのは1967年のこと、以来数々の動物達の繁殖に成功しながらも、そ... [Read More]

Tracked on February 15, 2009 at 05:02 PM

» 旭山動物園物語 ペンギンが空を飛ぶ [LOVE Cinemas 調布]
いまや全国区の知名度を誇る旭山動物園が閉園寸前から今に到るまでの軌跡を描いた作品。主演は西田敏行。監督は自らがTVドラマで旭山動物園の園長役を演じたマキノ雅彦(津川雅彦)。共演は中村靖日、前田愛といった若手の俳優に加え、監督マキノ雅彦の兄・長門裕之を筆頭に多数の実力派ベテラン俳優が勢揃いしています。ペンギンが空を飛ぶってどういうことなんでしょう?... [Read More]

Tracked on February 18, 2009 at 12:34 AM

» 旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ [欧風]
本日はイオン下田に映画観に行ってきた~。 1本目に観たのは、「旭山動物園 ペンギンが空をとぶ」。旭山動物園と言えば、北海道旭川市にある日本最北の動物園で、動物の本来の姿を見せようとする行動展示で大人気ですのう。私... [Read More]

Tracked on February 18, 2009 at 06:35 AM

» 旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ [象のロケット]
小さい頃からいじめられっ子だった青年・吉田は、飼育係として北海道旭川市の旭山動物園へやって来る。 しかし客足が伸び悩むこの動物園は、財政難で閉園の危機を迎えていた。 滝沢園長は自分たちの手で動物の素晴らしさを来場者に伝えていく方法を工夫してゆくのだが…。 実話に基づく動物園再建ドラマ。... [Read More]

Tracked on February 23, 2009 at 10:35 AM

« 神戸の美味しい店その20 2008年度総評 | Main | マンマ・ミーア »