« おそいひと | Main | チェ 39歳別れの手紙 »

February 04, 2009

バンク・ジョブ

 面白い、面白すぎる。これが史実だというのがいい!今年の一押し!

 銀行強盗をちんけな犯罪しかしていなかった犯罪者がそれぞれの事情で集まって、うまく計画を成し遂げる。それにはたくさんの思惑と盗まれたものによって色んな事態が起こる。ねたばれになるのであまり詳しく書けないけれど、複線等いっぱい貼っているし、大事なシーンだけを集めているから、寝ている暇はないし、登場人物がたくさん出てくるのでどんな端役もちゃんと顔を覚えておかなきゃダメだよ!日本人ですら顔を覚えられない私でも最初からこれは気合い入れて見なきゃ思わせる程でした。必死で付いていった(笑)

Photo たくさん出てくる登場人物の中で、やっぱ主人公テリーを演じるジャイソン・ステイサムがかっこよくなる。登場シーンはただのおっさんだったが、才気溢れる言動に今年の私の男優賞も取る勢いで魅力的に見えた。私も顔が全然覚えられないんだけれど、あまりにもひどいなぁと思ったのが、暗黒街の顔役を演じているスーシェ。名前を観てやっと分かったのだが、ポアロをやっている俳優さんだった。同一人物には見えないけれど・・・。

 本当に面白かった。後味がいいから余計だろうけれど、このスキャンダルが公開される年まで私は生きていないのが残念だ。舞台のべーカーストリート。185番地だったと思うのでシャーロック・ホームズが住んでいたとされる221番地Bの現在ある銀行とは違うところでちょっとホッとする。べーカーストリート駅構内はシャーロック・ホームズの横顔の影絵が通路に並んでいたのだが映像に出てこなかったので、金融街の撮影はイギリスは出来にくいかな?面白いのがストーリーがいかにも推理小説のようで、コナン・ドイルの赤毛クラブのように地下に穴を掘り、ポアロの役者まで出てくるのだから。映画には出てこなかったけれど、彼らは地下金庫の壁に「この謎をシャーロック・ホームズに解かせるといい」と書き残していたらしい。推理と言ったらイギリスなのだ。

今年観た映画の今のところの順位
1.バンク・ジョブ
2.ラースと、その彼女
3.チェ 28歳の革命
4.青い鳥
5.永遠のこどもたち
6.おそいひと
7.チェ 39歳別れの手紙
8.大阪ハムレット

|

« おそいひと | Main | チェ 39歳別れの手紙 »

「映画」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/43949904

Listed below are links to weblogs that reference バンク・ジョブ:

» 『 シャーロック・ホームズの冒険』 コナン・ドイル (著) [Anonymous-source]
赤髪組合? まだらの紐? 謎だらけのイギリスを、名探偵と駆けめぐろう! ロンドンにまき起る奇怪な事件を追って神出鬼没の名探偵シャーロック・ホームズは、その鋭い推理と魅力的な個性で読者を魅了する。近代探偵小説を確立したホームズ物語のこの第一短編集は、赤毛の男が加入した奇妙な組合のからくりを追う「赤髪組合」、乞食を三日やったらやめられない話「唇の捩れた男」など十編。意表をつく事件の展開、軽妙なユーモアに身体を預けてみてほしい。... [Read More]

Tracked on February 04, 2009 at 03:58 PM

» 『 シャーロック・ホームズの思い出』 コナン・ドイル (著) [Anonymous-source]
探偵を生涯の仕事と決める機縁となった「グロリア・スコット号」の事件。宿敵モリアティ教授との決死の対決「最後の事件」等、10短編。 [Read More]

Tracked on February 04, 2009 at 04:02 PM

» 『シャーロック・ホームズの帰還』コナン・ドイル (著) [Anonymous-source]
読者の強い要望に応えて、作者の巧妙なトリックにより死の淵から生還したホームズ。帰還後初の事件「空家の冒険」など、10編収録。 [Read More]

Tracked on February 04, 2009 at 04:05 PM

« おそいひと | Main | チェ 39歳別れの手紙 »