« March 2009 | Main | May 2009 »

April 26, 2009

ミルク

 東京カワイイTVに出ていた外国人の女の子が、「日本は自由がないというけれど、日本の方がよっぽど自由だ」と言っていた。確かに一地方の東京だけだからとも言えるが、日本人にはモラルの基盤が無いので、何でもありなのだ。自由の国アメリカは、自由のために勝ち取る民主主義の種がまだまだ生え続けている。マイノリティが多く集まって出来た国でもあるから、多くの格差や不自由さがまだまだ残っているのだ。私自身は性の自由の国の一つのようなイメージを持つアメリカが、実は根幹がキリスト教だと言うことを気付かされた。多くの人間をまとめ上げるためには必要ではある宗教は、ある意味民主主義の足枷にもなっているのだ。それに比べると、人間の基盤を多くの規律の中でしか培わず、土着宗教は多くの規制をはらんでいなかったので、世界に名だたる武士道の基本とされる鍋島藩の「葉隠」でさえ、衆道の作法は書いていたとしても、規制などは一つも書かれていない。
 基盤を持たず何でもOKに近い国、感情で被告の罪状が変わりかねない国、欧米と違って、「考える」と言うことがないのかもしれない。
 この映画は、マイノリティである主人公がカミングアウトして、世の中に認知されようと頑張ってきた8年間の闘志の記録である。虐げられ、生活する場も脅かされて、自分で勝ち取るしかない。活動することが大きな力になって、知られていることが人々の偏見を取り除いていって、何度も何度も変化を求めて、まさしくガンジーが言った「世界に変化を望むなら、自らがその変化になれ」そのものの人物となっていった。
 この映画を観て気になったのは、同性愛者の教師を追放しようと言う議案と戦っている時に、どうして同性愛者と変質者と同じイメージで語られているのかが分からなかった。異質なものが全部異常者や変質者ととらえられるのは恐ろしい話である。色々思うに、男性の性への渇望が対女性よりも対男性の方が簡単に得られやすいと考えるからだろうか?同性愛者が自分たちを含めたマイノリティの存在や多くの考えがあることを子供達に教え、若いうちから考えることが出来る人物になれると思っても、変質者が子供を襲うように同性愛者が子供を襲うとは全く考えられないのだが、それを提唱している議員が男性だから、同じ男性である彼らが何をするか分からないと考えるのだろうか。男性一般に大変失礼な話だが、私はこの映画を観てそんな風に感じ取ってしまった。

 色んな活動をしてその中で人生を謳歌していくことがこれほど格好いいものか。ドキュメンタリーでもなく、上手にまとめ上げていました。トスカの配置は良かったです。ラストは号泣でした。

今年観た映画の今のところの順位

バンク・ジョブ
ミルク
ラースと、その彼女
チェ 28歳の革命
フロスト×ニクソン
青い鳥
永遠のこどもたち
マンマ・ミーア
フィッシュストーリー

ベンジャミン・バトン 数奇な運命
少年メリケンサック
ララピポ
おそいひと
英国王給仕人に乾杯!
20世紀少年 第2章 最後の希望
チェ 39歳別れの手紙
ウォッチメン
ワルキューレ
旭山動物園物語
大阪ハムレット
トワイライト ~初恋~
釣りキチ三平

| | TrackBack (0)

April 23, 2009

今度のGWの計画は・・・

 映画三昧を計画中。

友人と観に行く予定は、
レッドクリフpartⅡ
バーンアフターリーディング
エウレカセブン
スラムドッグ$ミリオネア
グラントリノ

一人で行く予定は、
鴨川ホルモー
愛のむきだし
ミルク

腐女子彼女と新宿インシデントが神戸でしないよぉ。

 ずっと、わくわくし通しなのだが、私はおかしい???

| | TrackBack (0)

April 22, 2009

今朝の夢

昔のいつもの交差点の信号待ちをしていると白いワゴン車が中央分離帯に当たり、浮いて2車線の中央に落ちたところ、後続車がそれにぶつかり、白い車が跳ね飛ばされて、私の前で止まりました。運転手は酒帯による居眠り運転で、ぶつかった方の運転手は怪我をしながらも、同じように目撃した人と話していました。私は救急車に電話しながら、警察に目撃情報を伝えなきゃと思っていました。
これは車の事故に注意という意味かなぁ。

| | TrackBack (0)

April 19, 2009

トワイライト ~初恋~

 友人Mに誘われて行ってまいりました。この映画が小説で、アメリカで大ヒットし、その映画化もヒットしたって事は、彼女に聞かされるまで、トワイライトの名前すら知りませんでした。私に一番かけているものをMは持っているのかもしれません。
 ヴァンパイアと普通の少女の恋愛を描いているもので、か弱い人間の彼女を同じヴァンパイアでも人間をむさぼり食う別のグループから彼女を守る為に、高校生で年齢が止まったヒーローは、「君を守る」を連発。元々ハーレクインが出来たお国柄だから、こんなロマンチックな話には高校生でも大興奮するだろう。強い女の国のアメリカの女性はより強く、自分を守ってくれる男性を求めているようだ。
 lここに出てくる吸血鬼伝説には冷血族という別の名称が出てくるが、原作者が作った名前だろう。日光に弱いという性質もここでは産毛が銀色になり変貌するとしている。欧米にはたくさんの吸血鬼伝説が残っているので、受け入れられやすい話だと思う。
 主役の二人の鼻がなぜか気になった。造形的に普通の鼻っぽくなかった。男性は確かにハンサムだけれど、お父さんの方がもっとインパクのある人だった。

今年観た映画の今のところの順位
1.バンク・ジョブ
2.ラースと、その彼女
3.チェ 28歳の革命
4.フロスト×ニクソン
5.青い鳥
6.永遠のこどもたち
7.マンマ・ミーア
8.フィッシュストーリー
9.禅
10.ベンジャミン・バトン 数奇な運命
11.少年メリケンサック
12.ララピポ
13.おそいひと
14.英国王給仕人に乾杯!
15.20世紀少年 第2章 最後の希望
16.チェ 39歳別れの手紙
17.ウォッチメン
18.ワルキューレ
19.旭山動物園物語
20.大阪ハムレット
21.トワイライト ~初恋~
22.釣りキチ三平

| | TrackBack (2)

永井豪

マンガノゲンバで、デビルマンの時に語った言葉が印象的だった。
何度もこのような漫画でシュミレーションして、来たるべき未来にそなえているとか、
前世でこういう体験をしたから描けたのじゃあないかとか。

彼がトランス状態で書いた作品だったから、私も世間もひきつけられた。子供の私が神曲を買ったぐらいに。

そうそう、最近は健康のために、仕事の時間を決めているそうで、時間になったら手を置くそうです。
で、家に帰って趣味の漫画を描いているとのこと。めっちゃ羨ましいです!まさに、孔子の語る適職そのものですね。

| | TrackBack (0)

April 16, 2009

英国王給仕人に乾杯!

 題名を見たらいつ英国王に仕えるんだ!と思ったが・・・。
 先日、おばばさまと映画に行った帰りに入ったうどん屋さんで、大きな声で話の内容が良く聞こえるグループがいた。どうやら、JICAの人達のようで、行った国の人が持つ日本人の印象を語る人がいた。まだ、ロシアに勝った日本人で、トルコを助けた日本人と言っている。不思議なことだが、日本も色んな所で色んな国の人に助けられたり助けたりしているだろうが、自分たちの時代でないので、語り継がれることもない。今アニメにもなっているヘタリアという漫画が流行っている。作者は人種の坩堝NYで感じた人種差と他国に対する偏見をおおく感じ取り、国家を人格化した漫画にしている。そうヘタリアとは、ヨーロッパでダメな子イタリアのことだ。
 日本人は恵まれているのか、隣国の中国や韓国、北朝鮮のイメージは持っていても、それよりも遠い国に対しては何ら興味も偏見もないために、ヨーロッパの人達のような他国との差を感じることがあまり無い。
 今回の映画を観て、背が低い男性のコンプレックスから来る優位性を求める方向性は、お金だけではなく、人種の優位性をも必要としていた。
 舞台はプラハ。ドイツにもロシアにも近い都市で、6世紀にはユダヤ人の入植が有り、その後神聖ローマ帝国の首都にもなったところだが、解体後にチェコスロバキアとして出発。しかし、この美しい都市は戦火を免れるためかナチス・ドイツのものとなる。そんな不安定な情勢のの頃に出会った女性は、小柄な彼よりも背が低い割に、民族の優位性を語り、彼の血統を讃えた。ヒトラーのように、血統を強く語る彼女は、彼がいつかなろうと憧れる百万長者に近い存在だったのだろう。激動の時代なのに、うまく幸運と不幸を渡り歩いた彼の一生は、人の価値観はそれぞれが良ければいいものなんだなぁと思うものであった。
 彼が飾り付けた女性達や彼が憧れた百万長者に寄り添う女性達は、彼にとってはアイテムの一つのようだった。ホテル王や百万長者になるために、必要な人達のそばで彼は多くを得たのだ。15年間の牢獄生活も悪いことではなかったのだろう。不思議な人生観を持つ主人公だった。

| | TrackBack (2)

釣りキチ三平

 おばばさまに誘われ行ってきました。昔は人に貰ってこの漫画を持っていました。面白くてで、釣りをしたことない人でも楽しめる作品です。手放してながいので、詳しいことはあまり覚えていないですが、あの頃と比べて、釣りはおしゃれなスポーツになったんだなぁとこの映画を観て感じました。バスプロの役で出てくる魚紳さんも撮ってもかっこよく登場していました。
 おくりびとの後に世界配給される作品にしては、今ひとつ物足りない。原作の漫画を意識し過ぎかなぁ。

| | TrackBack (0)

April 14, 2009

フロスト×ニクソン

 ウォーターゲート事件で大統領を辞めたニクソンと英国人TV司会者のトークバトルを描いた作品。ウォーターゲート事件は、大統領の陰謀という映画をTVの放送で子供の時に見ただけで、具体的なことはあまり思い出さない。この映画は、確かにウォーターゲート事件を知ってる方が面白いかもしれないが、あまり知らない私でも楽しめた。これは、ウォーターゲート事件の話ではなく、現在の男たちの戦争はトークやペンで闘い、それに勝利したものがそれ相応の快感を得られるのだ。それを全米で最高の視聴率をとり、timeの表紙になったり、sirの称号まで得ているみたいだし。この二人の明暗がはっきりしていて、事実の話だが面白い。
 人気司会者、インタビュアーのフロストが世界に注目されたニクソンに迫ろうという野心からこのはなしが始まる。この二人は対決で自分の未来まで決するのだ。そんなトークバトルが始まった。ラスト1日になったときに、ニクソンからフロストに電話を入れる話が印象的だ。半分諦めかけているフロストに奮起を起こさせる電話だったのだが、二人ともお互いがこれで未来がどう変わるのかを知っていて、相手も同じ状態だと言うことを立ち返るのだ。トークバトルの内容よりも決戦の表情が物語った。まるで、このインタビューのドキュメンタリーを撮っていましたというような本人出演のように見える緊迫感。冷静なインタビュアーを装うフロストの変化、そして罪を贖おうとする老人のシワ・陰・言葉。見事な表情バトルだ!二人ともアップ対抗であったので、嘘をつけない演技が手に取るようにわかる。彼らはその時、本人達だったのだ。フロストを演じたマイケル・シーンはクイーンの時にはトニー・ブレアを本人のように演じていた。二人ともうまい役者だなぁ。

| | TrackBack (1)

April 07, 2009

ワルキューレ

 友人がトム・クルーズのプライベートジェットに一緒に搭乗するというのに当たって、私まで大興奮していたのだが、個人の持込カメラは禁止だったそうで、翌日の報道番組で見るだけで終わった。友人と会った時にサインと送られてくる写真を見せて貰う約束になっているが、彼女にとっては一生の思い出になっただろう。でも、彼女はなんの映画の宣伝で彼が来たのかは知らなかった。
 その映画がワルキューレなのだが、わたしは思い切り待ちわびていた。中学生の時にはまっていたのが、ナチス・ドイツだったからだ。図書館で第二次世界大戦シリーズをかり、国防軍の関係図などをノートにまとめたり、下敷きにゲッペルズやルドルフ・ヘスの名前を書いているような中学生だったので、この話が映画化されると聞いて待ちに待っていたのだ。残念ながら、私はヒトラー暗殺計画を子供の時に何度も読んだのだが、すっかり忘れてしまっている。今回映画を観てそうだったのかと思う部分と、歴史を本で読んでいると、貧困な頭で想像するので、イメージが違うものだなぁと思った。それは、ヒトラー最後の14日間の時も、実際はこうだったのかと、映像を見てびっくりしたものだ。なぜかアウシュビッツ等の映像は子供の頃かよく見たのだが、戦っている状態は、映画の中の戦闘シーンしか知らないので、想像が付かないと言うことなのだ。これは、映像というものの影響力の凄さを私の時代では勉学としても生かされていなかったので、今の子供達が物事を学ぶ上で多くの情報を映像で感じることが出来て羨ましく思う。大人になってから知るものは、強制力がないから自分の好きなものしか観ないため、イメージが貧困になってしまう。
 この映画は、ドイツでは作りにくい映画かもしれないが、英語で喋る主人公がドイツ人ぽく感じなかったのが寂しい。最初だけドイツ語が出てくるのもなんか、余計にドイツ語でやったら違って見えるなぁと思わせた。映画は第二次世界大戦中のヒトラー側近等が見えて、私にとっては面白いものになった。史実そのまま描かれていたのであろうシュタウヘンベルグが銃殺される時に、彼を守るように部下が前に出て銃殺されるところも表されていた。一緒に行った友人は分からんと言っていたので、日本人の一般知識では分かりにくい映画だったのかもしれない。
いつも思うのだが、ヒトラーの役者は皆うまいなぁ。

| | TrackBack (0)

ウォッチメン

 300のザック・スナイダー監督作品なので行ってきた。はっきり言って、訳の分からない映画だった。
 なぜ訳が分からないかというとエピソードが多すぎて、縦筋の筈のウォッチメンを狙っている犯人は誰かというということがぼやけてしまったからだ。これが、ドラマならいいのだが、映画だから時間枠内に引き締めるような形に取って貰えれば、訳分からないってことも無かっただろう。この映画はアメリカンコミックの映画化で、巻数も多いものなので、エピソードが多くなる。ラストに行くために必要なものだとは伺えるが、それぞれのウォッチメンが主人公だったというのも、映画を分かりにくくしていた。誰が主人公だったの?と聞いたら、きっとバラバラなんじゃないかなと思うぐらいに。映像の出来は300よりも進化していて良かったが、あの時に見た幾千の死体よりもグロテスクだった。
 この映画の中で一番インパクトがあったのが、ロールシャッハ。見た目もそうだが、一番ヒーローに近い人物だった。その役をジャッキー・アール・ヘンリーがやっていた。この役者はイナゴの日で注目され、がんばれ!ベアーズに出ていた超人気子役だった人だ。イナゴの日もがんばれ!ベアーズもよかったので、子役の人が活躍しているのは嬉しい。

| | TrackBack (3)

« March 2009 | Main | May 2009 »