« ワルキューレ | Main | 釣りキチ三平 »

April 14, 2009

フロスト×ニクソン

 ウォーターゲート事件で大統領を辞めたニクソンと英国人TV司会者のトークバトルを描いた作品。ウォーターゲート事件は、大統領の陰謀という映画をTVの放送で子供の時に見ただけで、具体的なことはあまり思い出さない。この映画は、確かにウォーターゲート事件を知ってる方が面白いかもしれないが、あまり知らない私でも楽しめた。これは、ウォーターゲート事件の話ではなく、現在の男たちの戦争はトークやペンで闘い、それに勝利したものがそれ相応の快感を得られるのだ。それを全米で最高の視聴率をとり、timeの表紙になったり、sirの称号まで得ているみたいだし。この二人の明暗がはっきりしていて、事実の話だが面白い。
 人気司会者、インタビュアーのフロストが世界に注目されたニクソンに迫ろうという野心からこのはなしが始まる。この二人は対決で自分の未来まで決するのだ。そんなトークバトルが始まった。ラスト1日になったときに、ニクソンからフロストに電話を入れる話が印象的だ。半分諦めかけているフロストに奮起を起こさせる電話だったのだが、二人ともお互いがこれで未来がどう変わるのかを知っていて、相手も同じ状態だと言うことを立ち返るのだ。トークバトルの内容よりも決戦の表情が物語った。まるで、このインタビューのドキュメンタリーを撮っていましたというような本人出演のように見える緊迫感。冷静なインタビュアーを装うフロストの変化、そして罪を贖おうとする老人のシワ・陰・言葉。見事な表情バトルだ!二人ともアップ対抗であったので、嘘をつけない演技が手に取るようにわかる。彼らはその時、本人達だったのだ。フロストを演じたマイケル・シーンはクイーンの時にはトニー・ブレアを本人のように演じていた。二人ともうまい役者だなぁ。

|

« ワルキューレ | Main | 釣りキチ三平 »

「映画」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/44653300

Listed below are links to weblogs that reference フロスト×ニクソン:

» ペンタブレット [ノートパソコン、ペンタブレット化アダプタ、PMNA-01通販]
ノートパソコンをペンタブレット化するアダプタ [Read More]

Tracked on April 15, 2009 at 02:53 PM

« ワルキューレ | Main | 釣りキチ三平 »