« 愛のむきだし | Main | 江口寿史を初めてみた »

May 13, 2009

GOEMON

 紀里谷監督作品は、キャシャーンでちょっと外してしまったので、あまり観に行く気にもならなかったのですが、友人AとMがみたいと言ったので、久しぶりに3人で行ってきました。
 一番の感想は、江口洋介のプロポーションが素晴らしかったこと。前は出ないのですが、なぜか切り刻まれた背中から腰にかけてを露出したシーンが多く、これでもかと見せつけられました。別にファンでもないのですが、ちょうど良い筋肉質で、腰のラインも素晴らしく、年齢行っているのにもかかわらず、見せる背中を維持して行っているのに、感心してしまいました。
 印象は、作られた箇所が多い映像で、新しい世界の戦国時代なのに、なぜか昔懐かしいと言うのを感じました。色のトーンを抑えているという理由ではありません。きっと、カメラワークだと思います。綺麗な遠近法で広く遠くを描き、構図が真ん中に消失点を感じるような、絵画的に収まりもいいし、実際ではあり得ない描き方が昔の映画のように勝手に感じたのかもしれません。昔の日本映画に遠近法を感じるような壮大な描写は全然ないのだから。
 友人達にびっくりされたのは、たくさん有名な俳優さんが出ていたのに、あんまり私が分かっていなかったこと。意外に話題になっていたのか、チラシを持っていないAさえ、登場人物以外のキャストを知っていたし・・・。確かに私の俳優や人に対して今日無さ過ぎは酷いものである。
 ストーリーは良くまとまっていた。あの城や街が凄かった。もちろん、装飾も服も。
 まとまっていたけれど、感動が足りなかったかな。
 中村橋之助の信長はとても良かった。秀吉の奥田瑛次と好対照になっていた。監督本人も出ていて、結構俳優陣も楽しませて貰える配役だった。

|

« 愛のむきだし | Main | 江口寿史を初めてみた »

「映画」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/45004973

Listed below are links to weblogs that reference GOEMON:

» 映画「GOEMON」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
千利休が登場、あのしゃべり方でNHKの世直しバラエティー番組カンゴロンゴを連想、思わず四字熟語な生活のカン・ゴローはいつ現れるかと思った・・・ それはともかく、時は戦国、織田信長の暗殺は豊臣秀吉の陰謀だったという説のその証拠の奪い合いから物語... [Read More]

Tracked on May 15, 2009 at 12:33 AM

» 『GOEMON』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「GOEMON」□監督・脚本・原案 紀里谷和明 □脚本 瀧田哲郎 □キャスト 江口洋介、大沢たかお、広末涼子、ゴリ、要潤、玉山鉄二、中村橋之助、寺島進、チェ・ホンマン、佐藤江梨子、戸田恵梨香、鶴田真由、りょう、佐田真由美、福田麻由子、小日向文世、平幹二朗、伊武雅刀、奥田瑛二 紀里谷監督の前作『CASSHERN』から約5年。 いささか前作は消化不良だったのだが、この映画は巷の噂でなかなか面白いとかで、当初観る予定はなかったのだが、かみさんが観たいというので観てみることに。 歴... [Read More]

Tracked on June 03, 2009 at 12:26 PM

« 愛のむきだし | Main | 江口寿史を初めてみた »