« 鴨川ホルモー | Main | GOEMON »

May 07, 2009

愛のむきだし

 園子温(そのしおん)監督作品の「奇妙なサーカス」という映画を観に行きたかったのだが、見に行けず、今回英国王給仕人に乾杯を観に行った時のこの映画の予告編が面白そうだったので、帰りに前売り券まで買って帰った。
 自殺サークルの時には全然興味がなかったのだが、奇妙なサーカスのチラシは興味をそそった。紀子の食卓は外国で評価され、とうとう観に行く機会を得たのだ。園子温監督は詩人でもある。日本人でこれが本名とのこと。映画の雰囲気から得た彼と、パンフレットにこの原案となった人物のことを普通に変態だと思っている姿が私の中ではギャップがあったので、この人は普通の人なんだと改訂。
 この映画は事実を映画化にしている。かなりややこしい話なので、それらの因果関係を分かりやすくするために主要人物がなぜそのようにいたったのかと言うことを詳しく大事に描いている。4時間という長い映画で、私にとっては3部共まとめて観た「ショアー」以来の3番目に長い映画だ。しかし、長さを全く感じず、ラストのヨーコが変化する為の時間をもっと描いて欲しいぐらいだった。
 この映画本当にむき出しになった愛を描いていて、意外に監督はそれを冷めた目で見ている。冷静に変な人達を描いている。
 主人公に西島隆弘という私の全く知らない俳優さん。それが、高校生の役柄なんだが、とても爽やかな変態役で、監督のコメントで彼が何をやっても変態に見えないという通り、この映画の中で、女性のスカートの中身を撮り続ける彼がいやらしくも気持ち悪くもなく、全く変態に思えなかった。それどころか、彼の愛のむきだしのストーカーに思える程の表現も、別に悪いことではないように思えるのだ。これは凄いなぁとおもう。映画以外の写真を見たら、この映画に出ていた彼は全然見つからず、色んな「彼」になれるようだ。相手役の満島ひかりはプライドで性格の怖い役をやっている人なんだが、映画を観ていないので宣伝だけでは同一人物とは思わなかった。彼女も彼同様体当たりの演技をしていて、演技の幅が広がり過ぎるぐらい広がっただろう。 二人とも顔が可愛らしく、好感が持てて、印象に残る。もう一人、もっと迫力のある役柄で凄い演技を見せてくれたのが、奥田瑛二の次女安藤サクラ。この人が一番目立っていた。怖かったし、この先もどんな風になるんだろうと期待してしまう。さすが、奥田瑛二の娘と思う。兎に角、怖かった。他漫画家の古谷兎丸の名前があった。(敬称略)
 愛をむき出していたもう一人、主人公の父親を好きになり強引にアタックする女。折角神父になったのに、この女のせいで家族がバラバラになってしまうと、主人公は悩むのだが、彼女の責任ではなく、そちら側に行ってしまった父親もまた、それが人生なのである。怖い女だったが、むきだしの愛はある意味素直なのだ。
 盗撮がメインで出てくるのだが、今の世情に一番マッチした題材でもある。短いスカートの人は多いのだが、おしゃれや足を出したいだけの子は短パンとか履いて気をつけているようだが、それ以外の人達は、見て貰ってもいいということで履いていたり、股を開いていたりするのだろう。私はミニスカートを履くような年齢でも、自慢の見せたい足も持ち合わせていないのだが、履きたくなる心理は分からないこともない。根本的には遺伝子的な女性心理とも言える。こういった人達のおかげで、以前なら至難の業で盗撮していたものが素人でも簡単に出来るようになった。ということは、盗撮という性犯罪の罪悪感も、変化してきていると思う。女性はそんな写真を撮られて他の人の目に晒すのは勘弁して欲しいだろうが、女性がそう言った写真を目にすることがないから、実際の実体は知ることがない。不思議なことに痴漢よりましな軽犯罪が、この映画の主人公の爽やかさによって、大した犯罪に思えなくなっているのだ。あと、新興宗教が出てくるのだが、これがなんか不思議な世界だった。別にどこかに取材に行くことが無く作り上げた世界のようで、あまりにも空虚な感じが実体化していなくて、この映画のいい要素になっている。
 この映画本当に面白かった。私がパンフレット買うという事だけでも、どれだけ評価しているか。これなら、分かりやすい映画なので、題材は好き嫌いがあるだろうが、色んな人に見て貰いたい。
 

|

« 鴨川ホルモー | Main | GOEMON »

「映画」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/44901632

Listed below are links to weblogs that reference 愛のむきだし:

» アプワイザーリッシェ アプワイザーリッシェの魅力  [アプワイザーリッシェ アプワイザーリッシェの魅力 ]
アプワイザーリッシェ(Apuweiser-riche)のワンピースアプワイザーリッシェ(Apuweiser-riche)のチュニックアプワイザーリッシェの店舗と通販などアプワイザーリッシェの魅力について語ります。 [Read More]

Tracked on May 22, 2009 at 07:22 PM

« 鴨川ホルモー | Main | GOEMON »