« June 2009 | Main | August 2009 »

July 26, 2009

JTフォーラム

 最近観た渡辺謙主演のドラマの原作者佐々木譲さんの講演会と、奥田瑛二さんのトークショーに当たって行ってきました。二人ともお話しが上手で、大変参考になりました。
 佐々木さんは小説に書く時に、もしかしてこういう事が出来たのではないかという仮説を考えつき、そこから資料集めをするという話をされていました。奥田さんは、色んな才能の持ち主で、自分で天才だと何度でも言いたいというまだまだ少年みたいな方で、映画の構想は社会的な出来事を必ず取り上げてそれを深くしていかれるようです。
 人の考え方を聞くのは面白いですね。

 最後にお二人の作品を10名ずつ頂けると言うことで、何となく当たるような気がしていたので、長い散歩は観たし、もう一度観るのは深い映画なので佐々木さんが良いなと思っていたら、佐々木さんの著書が当たりました。
 これはいい日かもしれないと、帰りに宝くじまで買って帰りました。

 奥田さんが最後に私達に宿題を出されました。

 人間が人間と言い出した最初は誰?

 誰だろう?哲学的な質問だね。

| | TrackBack (1)

July 19, 2009

チェンジリング

 クリント・イーストウッドが破棄される資料の中からこの事実を見つけ映画化したという。宣伝だけでは分からない隠されたアメリカの恥部を露見させる作品になっている。
 昔と変わらず、弱肉強食の世界が続いているから、立場が弱い人間は、辛い立場になるのは変わりない。この映画の主人公も夫に先立たれら母一人子一人だけでなければ、このはなしも無かっただろう。
 日本でもありそうな話で、アメリカ特有ではないと思うかもしれないけれど、私にはなぜかNHKドキュメンタリーで見たアメリカの農地で有限の地下水をもう後何十年で枯渇すると知りながら、大量にくみ上げているのを見て、サブプライムローンも起こりうるし、チェンジリングの土壌もまだ残っているし、この先のアメリカの回復というものはもう無いんじゃないか、嘘つき大国のアメリカとこれまた中国が二大大国になり、世界をリードしていくなんて、大きく方向性を間違っている。
 この映画の中で取り上げていないが、20人以上の子供達が行方不明になっているというのに、その捜査がされていないという事が本当なら、とんでもなく恐ろしい国だなと思う。
 この映画の中には、多くの邪悪なものが詰まっている。ただ、これを見て過去が恐ろしいとは思えない。今は、過去のそんな時代に戻りつつある。経済的に破綻して行くと、金持ちと貧乏の構図がはっきりする。弱者は何も守られずに悲しい思いをしても仕方なくなるのだ。今の日本がそのように見える。
 イーストウッドの映画は問題定義が多い。本人も市長をするなど、政治家気質があるために、社会的テーマが多い。その視線から、何とかしなければという強い意志と、この映画でも主人公が言動によって表しているひるまない強い意志が表現されている。映画は大きな感覚操作手段だ。そう言う意味では大きな成功を収めている監督である。

| | TrackBack (0)

July 16, 2009

株を買い始めて・・・

 株を始めるに当たって、本を読んだり、雑誌を買った。元々知っていた知識で読み解きながら、新しい事を知っていく作業は、わたしの大好きなお勉強と同じだ。3月に時期に始めたらと思ったけれど、その時は資金がなかったし、大もうけと言うよりは、株取引をして経済に強くなり、金持ちと父さんまでは思わないけれど、資産のことをちゃんと意識出来るようになりたいと思った。
 そりゃ、今活用している50万が手っ取り早く、100万になったらいいのだけれど、そんな簡単にはいかない。

わたしは小型株を色々買っています。

手に入ったのは、
名村造船所 (7014)
エノテカ (3049)
サノヤス・ヒシノ明昌 (7020)
ムラキ (7477)
みずほフィナンシャルグループ (8411)
武富士 (8564)
アプラス (8589)
日本医療事務センター (9652)

今週値下げが続いていて36万中1万6千円の評価損
8月を越えたらまた考えます。

| | TrackBack (0)

July 05, 2009

愛を読むひと

 邦題の失敗
 デビット・クロスという美しい青年と、ケイト・ウィンスレットの映画宣伝と題名を見て、楽しみにやってきた客層とは大きくかけ離れた作品だった。私も邦題や映画宣伝では観たい映画ではなかった。

 ここからは、ネタばれになります。

 この映画には多くの問いかけがなされている。
 戦後10年程度のドイツに、日本とは違い全く今と変わらないものを感じること、ドイツ国民が多くの事柄を赤裸々にしていない事への恥ずかしい感情は日本には無いのかと言うこと、その時の法律にかなっていることを違う時代の法律でさばくと言うこと、仕事がなければ生活のためにどんな仕事をしてもいいのかと言うこと、仕事をすることと人間性を保つことの優先順位、ユダヤ人の能力が高く、自分の罪が重くなっても文盲と言うことが恥だと思う戦争当時のドイツ人とユダヤ人の関係、ユダヤ人に対する行為はどのような親切であっても「親切」なのか、個人の罪は贖うことは出来ないのか、このような題名を付けることを恥ずかしいと思わなかった日本人は恥ずかしい

 あまりにも深いテーマな為に、一つ一つの言葉が重く主人公のように悩まされる。無かったことには出来ない十字架を背負っている。しかし、近代に入る前や、中世に入る前と歴史を振り返ると、人間の憶測に潜んでいるものではないかと考えてしまう。情報が発達した現在じゃなければ、それは無かったことや単なる教科書の歴史に終わったことなのかもしれない。それを向き合っていくこの先の未来も被害者遺族達は忘れない。同じように日本の被害者遺族達も。個人に罪を贖わせても、少しでも解消されるものではない。どんな優しさも親切も巨大な罪の前では何者でもない。しかし、看守になることも、ヒトラーの秘書になることも、アウシュビッツの中で捕らわれることも誰もが可能性を秘めている時代だったのだ。個人が罪を償ったぐらいでは打ち消すことは出来ないのだ。そして、ユダヤ人が600万死んだとしても、たった一人だったとしても、悪いことに変わりないのだ。ダメなこと間違っていること、それは日本軍が大虐殺しても一人を殺しても同じだと言うこと。いつからの戦争から責任を問われるのか、やってきたこと過去はずっと引き継ぐことになる。戦後60年以上経っても、100年経っても、終わりなど無い。
 以前見たナチの裁判の記録映画で、職務を全うした男が職務を全うしたことに対しては誇りを持っているようだった。ハンナが裁判で言った言葉も間違っていない。その時のナチス法学では認められたことなのだ。それを感じ取らすために、ブルーノ・ガンツの大学教授があえて、その時代で起こったことはその時代の法学で裁かれなければならないようなセリフを吐かせるのだ。そんなわけはないだろう。独裁者が作った法律で多くの人間が死ぬことはドイツ以外でも多くあった。倫理観が変化したとしても、裁かれないと世の中はいい方向に変わらない。しかし、年老いた大学教授は、戦争を生き、その時の法学を生きていたのだ。彼の護衛のために発した言葉でもあるのだ。

 映画は淡々とすすむ。言葉も少ないために、考えさせられる時間が多かった。それだけ、重いテーマだったのだ。この映画にこの邦題を付けるのは、いくら何でも酷すぎる。ましてや、主人公は愛しい思いとは別に贖罪の気持ちがあった。ハンナ達の罪を戦争を知らない人達がまたその罪を償うということ、また、彼女に対する贖罪。
 彼女のことを思って、アメリカに行った彼が、文盲だと告げるがそれは大したことないことをまた大きく主人公と共に観客は告げられる。

 ドイツ人の作家がニューヨークで発表した作品がベストセラーになり、映画化。ユダヤ人が多く暮らすアメリカや時代を引きずるヨーロッパでは深く感じ取れただろう。監督はリトル・ダンサーで有名になったイギリス人監督。全編英語で、ミヒャエルもマイケルになっていた。イギリス人のケイト・ウィスレッドがうまい。青年時代を演じたデビッド・クロスが美しく、今後も楽しみだがドイツで活躍しているようで、あまりお目にかかれないかもしれない。レイフ・ファインズは素敵な男性だったのに、えらく老け込んだ感じだ。ちょっと残念。ブルーノ・ガンツは今回も彼だと気が付かなかった。彼が出た作品は結構観ているのにもかかわらず、私はいつも分からない。年をいった方のユダヤ人の小説家を演じた女優さんも素敵だった。

 設定の年もドイツが舞台だと言うことも映画がすすむまでこのような内容になると思い付かなかった。ちょっと、情けなかった。

 さて、邦題であるが朗読者では映画館に足を運んでくれないだろう。苦肉の策で付けた邦題だと言うことはこの映画を観たら分かる。しかし、日本人の得意な原題とは全く違う題名が出なかったのだろうか?とても残念だ。
 

| | TrackBack (3)

July 04, 2009

神戸にガンダムバーが出来た!

元町に出来たらしい。行ってみなければ!
http://club.kobe-np.co.jp/mint/multimedia/odekake/chotto_odekake/0002072648.html

| | TrackBack (0)

ねずみ男汁

友人にもらった。
他に目玉オヤジ汁とか、みんなの汗とかあるらしい。面白い戦略だ。

| | TrackBack (0)

« June 2009 | Main | August 2009 »