« July 2009 | Main | September 2009 »

August 31, 2009

扉をたたく人

 原題はTheVisitor訪問者ということか不法滞在者と深く読むのか?英語が分からないので何とも言えないけれど、息子を探しに来た母親でもあるし、アメリカにやってきて正規のルートで入ってこなかった彼ら親子やその彼女のことかもしれないが、その題名に「扉をたたく人」となんとうまい邦題を乗せたのか。9.11以降閉ざされるようになったアメリカにやってくる不法滞在者で、結局は扉の向こうに入り込めなかった親子のようだし、妻を亡くして生きる気力も無しに何もすることがない世界から新しい扉を開いた主人公のようでもあるし。
 この映画は題名からでも考えさせられる要素が詰まっている。
 主人公はあまり喋らないせいもあるが、会話が少ない映画だ。その中に出てくる言葉は数少ないにもかかわらず多くの意味を私達に教えてくれる。
 シリア人の母親が息子の彼女を見て、「黒いわね」と言うシーンや、エジプト人の店主に国を聞かれた時に、シリア人の母親はパレスチナ人と答えた。
 現在、シリアの表現の自由は政府管轄下に置かれていて、表現の自由を求めた翻訳家が再度拘禁されているので、この家族の帰国後の状態は複雑なものだし、恋人の国セネガルも抗議デモや銃撃戦や起こり、日本からでは渡航制限がされている。
 中年男性の生きる映画なのだが、そこに取り出されているのは世界の縮図ならではのニューヨークじゃないと感じられないたくさんの壁と扉だったので、より深く印象が残ることになった。
 私が一番気に入ったのは、ジャンベの演奏。聴くようにと貰ったCDもあれは誰のCDなんだ!アーティスト名を覚えてないよぉと残念だった。いい音楽で、人の和を楽しむ真髄を音楽は教えてくれる。

| | TrackBack (0)

August 25, 2009

ちゃんと伝える

 今年観た「愛のむきだし」で興味を持った園子温監督作品。父よりも先に死ぬかもしれない息子の苦悩という前作とは全くカラーが違うお涙ものを見せて貰えると喜んで行ってきた。
 前の時も思ったのだが、彼の映画の映像は他の作品と大きく違う。前作よりも如実に表れているのが、俳優との距離感と取り立てて映像で流す程でもない毎日の動作と毎日の行動、情景が何度も何度も繰り返されること。きっと、今まで観てきた映画は、これで分かるだろうと情報量と時間の闘いの中で編集した映画が山程あるのだが、この映画はその点から全く異なった映画として作られていた。アニメのように同じ角度の情景を撮っているのを何度も使っているのかと思う程同じアングルで、同じ日常風景。それが、実は私達観客と相通じる日常の一部だと何度も何度もたたき込まれ、一つ一つの物事が先にすすむと、その一言がどんな意味を含んでいるのかと、その時間に立ち返り映像を回す。前後する映像なのに、その時誰を撮っているかにこだわり、役者の演技がどんどん本物のように感じてくるのをまるで促しているようだ。
 EXILEのパフォーマーであるAKIRAの出演作がこの映画以外でもやってくるのだが、彼を選んだのがよく分かるように、彼の顔の表現がガンで余命幾ばくもない彼になっていく。
 泣かせようとしている映画でもなく、感動させようとしている映画でもなさそうで、「ちゃんと伝える」という言葉がどんなに大切だったかの意味を描いて行くために作った映画のようだった。
 映画の最後に監督が亡き父に捧ぐと書いていたので、そうか「ちゃんと伝え」たかったんだなぁと思った。
 一番効いているのは、母親が手袋をして同じ時間帯に夫の病院に向かい、バスを待つ。日常の情景で毎日のようにそこで待つ人がいて、また待たなくなった日常がある。その日常の変化に多くのことが含まれていることを大きく受け取る。
 ラストもとてもいいまとめ方だった。あの中でやっぱり、父親役の奥田瑛二が目立っていた。前作は娘が出て今回は父親、満島かおりもちょい役だったけれど出ていた。

 ブログの更新が少ないにもかかわらず、検索や何やらで多くの方にお越し頂き有り難うございます。ブックマークからの方もまだたくさんおられて、更新が途絶え気味で本当に申し訳ないです。大した映画感想文ではないけれど、興味持って頂いて本当に嬉しいです。ありがとうございます。

| | TrackBack (2)

August 19, 2009

鉄人28号

かっこいいね

| | TrackBack (1)

サマー・ウォーズ

 アニメ版「時をかける少女」が非常に面白かったので、その監督の作品であるこれも観に行ってきた。
 コミュニティOZの中での出来事が世界的な問題になっていく世界は、仮想現実が表す未来を描いていて、アニメの出来事だけではなく、将来的にあり得る世界としてとても面白く観ることが出来た。
 参加する普通の家族達の通信網は、携帯やゲーム機、パソコンと多種多様なれど、その多様さと普通に一人1台は持っている現実の今を再認識させられた。
 デジタル世界の未来は、この映画のように相互間でのやりとりが、言語や場所や端末に関係なく、すべてを補える世界が広がっていく。およそ50年前の手塚治虫先生でも考えつかなかった未来がやってきたのだ。描くことが出来る未来なのだから、50年後はそれ以上にソフト面が進んでいるのだろう。
 このように、わくわくするぐらい色々感じ取れる映画なのだ。
 マニメだから、同じ端末を触っていたとしても、登場人物達のような力もお金も人間関係もないので、このような戦争に迎える打つことが出来ないので、兎に角アニメの世界なのだが・・・。
 ここで出てくるキーワードがまた面白い。遙か彼方を行っている未来のお話しのようなのに、武田家臣であったことを埃にしていたり、こいこいという花札のゲームで敵を倒したり、数学オリンピックもなかなか理由にかなっていていい。何かに秀でいたり、兎に角頑張っていたり、悔しいから後には引き下がらなかったり、ありふれた日常情景の会話であるのに、前向きに元気になる。
 時をかける少女にように、かなりスピーディすぎる感があるが、それもこれも含めて、今年思いっきりお勧めの映画だ。
 早速、マチキャラにキングをGETしてしまった。

| | TrackBack (1)

August 12, 2009

アマルフィ 女神の報酬

 イタリアに行きたいので(笑)観に行きました。アマルフィという地名、初めて聞きました。

 原作があるので、しっかりした本筋があり、楽しめました。やはり、醍醐味は、ローマの歴史建造物とアマルフィの街並み、サラ・ブライトンの歌声です。イタリア30%サラ・ブライトン30%ってところでしょうか。
 私は原作を読んでいないので、原作と主人公の設定の違いが分かりませんが、仕事優先な雰囲気でてきぱき動きながら、私情をはさみ、言葉では全然それらしい優しさを見せずに、守っていくというキャラクターにとても魅力を感じました。朴訥すぎて、その魅力が分かりにくいのではないかと思いますし、映画の全体の構成だとそれは対して重要なことではないように描かれていますが、一番男は黙ってサッポロビール(古い)じゃないけれど、昭和を背負った高度経済成長時のヒーローの復活のようでした。
 映画のストーリー展開や行動範囲等がとても分かりやすかったのが、この映画の魅力だと言えます。まるで、スペイン階段を一緒に走っているような映画館をその舞台に連れて行くような演出と、ちょっとやりすぎかなとも思われるアマルフィの最初の俯瞰映像の焦点をぼかしたインパクトの付け方、なんとなく今までの映画と同じような舞台の描き方が、あれれもっと、建造物や舞台を前面に出しているよと思えるものに変わっていった。
 確かに、CGじゃなくローマの街並みにあれほどのアクションをさせるなんて、お金も人もいっぱいかかっているんだから、それ以上にその場所を大事にしたいだろう。「天使と悪魔」であまり動きのないローマを観たからかもしれない。
 映画の設定やキャラクター設定が出来ていたので、次回も観てみたいと思う作品だった。
 

| | TrackBack (0)

August 10, 2009

鉄人28号

鉄人の足の土台今日見たら、足が並んでたよ。

| | TrackBack (0)

August 05, 2009

そんな彼なら捨てちゃえば

 原題は、He just not that into you.
 本国では、彼はあなたに興味ないのよ、ちゅうような題なのに、日本の邦訳は女性に捨てちゃえと言っている。お国柄がこの題名に出ているなぁと思った。よーするに、アメリカの女性は、「そんな彼を捨て」る事が出来、日本の女性は、「興味ない」と言われ失意にくれるような逆の示唆をされている。

 今の日本人じゃアメリカナイズされすぎて、そんな彼を捨てちゃう人が多いだろうけれど、この映画に興味を持ち勘違い女として生きていく私を含めた女性たちが映画館に足を運ぶのだ。
 実は、「ディアドクター」を見なくちゃいけないとずっと思っているのだが、最近極度のストレスをかけられていて、それを少しでも回避するなら、気分的に盛り上がるコメディの方がいい。ディア・ドクターがそんなに重いものではないかもしれないけれど、絶対観に行かないと思われそうな映画で、時間を楽しんでくるのだ。

 さて、女性の思いこみや恋愛喜悲劇を描いた作品であるが、結構ハウツー本のように、箇条書きのようにアイコンのように進むので、最近のラブコメとは一線を介している。ラブコメとして見に来たなら、確かに物足りなさを感じるだろう。
なぜか?
何人かの女性達が恋愛劇を描くのだが、今ひとつ一人一人のパーソナルな関係が浮き彫りにされておらずに、上記で書いたようなアイコンでしかないからだ。観客が自分に重ね合わせることはそうそう無いと思うが、恋愛映画でこれは有りだ!これはないだろうと思えるぐらいに入り込まないと面白さが減るだろう。

 しかし、この映画はとても良くできていて、本当に女性達に男性のことを知って貰おうと描いている。それぞれの男性達は普通の魅力的な男性を演じているから、普通に男性が女性に対してすることを色々普通に見せてくれる。私達には普通すぎて気付かずに過ごしてしまいそうなものを映画の中の女性達は気付かせてくれる。
 有名な俳優がたくさん出ているのだが、全員普通の女を演じていた。それがまた良かったのかもしれない。

 どうも、私はドリュー・バリモアが好きなようである。あの笑った時の口の端が上がった所など、今まで観たことがないはにかんだ笑顔だ。この映画の中で、やっぱり、女性に男性の気持ちを教えてくれる男性に興味を持つ。きっと、俳優が違ってこの役を演じたとしても興味を持つだろう。何でだろう?君の知らないことを他の男性は教えられないけれど、僕なら教えて上げるよ!と言った感じが惹きつけるのだろう。やっぱり、女性は男性にリードされたいからだ。

| | TrackBack (2)

August 02, 2009

スパコン

来年の5月には出来るのね。建物だけじゃないのね。
 

| | TrackBack (0)

August 01, 2009

新開地社会見学会

初めて参加しました。
雀荘で一人で打ってみたいと思っていましたが、やっぱり、人数揃って行かないとだめのようです。
行ったことなく、昭和の香りがいっぱいでとても良かったです。次回も是非参加したいです。うまいと言われて、気をよくしています。
午後からの珈琲もうまいと言われて、ドリップ後をみんなに見せて回してくれました。誉められると嬉しいね。

| | TrackBack (0)

« July 2009 | Main | September 2009 »