« 使い切った携帯 | Main | カティンの森 »

January 30, 2010

サロゲート

内容を知った時、マトリックスを思い出した。こちらの方が現実的にありそうだ。自分の役割を担ったロボットが代わりに動いてくれる社会を描いている。それまでの歴史を描く中に日本の自分と同じ形をしたロボットを作っている教授が映っていた。現実あり得ると思わせる導入だ。ブルース・ウィリスが若いロボットにもなっているのだが、別人のようだった。また、彼が若いときより、体格が鍛えられていることが分かった。若いときの彼よりも若くメイクした彼の方がいいのだ。
話は思ったよりは面白かった。アメリカ人より日本人の方が引きこもっていると思うので、日本で開発されるだろうなぁ。
最後に世界各国を表す時に北京は出ても、東京の名前がなかった。現実の未来だなぁ。
エンディングの音楽よかった。

|

« 使い切った携帯 | Main | カティンの森 »

「映画」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/47425608

Listed below are links to weblogs that reference サロゲート:

« 使い切った携帯 | Main | カティンの森 »