« カティンの森 | Main | ラブリー・ボーン »

February 03, 2010

今度は愛妻家

 ここ数年ここまで泣いたこと無いなぁと言うぐらいの号泣ものです。嗚咽を我慢するのに椅子が動くほどでした。
 ここに出てくるセリフ達は、私やあなたでも想像できる展開のセリフ達、しかしうまく並べ替えたらこんなに悲しくて愛しい愛の物語が出来る。
 原作は舞台の脚本。映画も沖縄を出したりしているが、見ただけで舞台の映画化だと分かる。しかし、舞台は見たこと無いが映画にしてみても良い映画に出来上がっている。一番の功労は夫婦を演じた二人だ。
 主人公が悲しいぐらい今までためていた自分の気持ちを吐き出したときに、やっと解放されるものがあるという感じのラストの持っていき方も良かった。
 行定勲監督作品は泣かされすぎになる。次回のパレードも見に行きたくなるじゃないか。

|

« カティンの森 | Main | ラブリー・ボーン »

「映画」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/47463913

Listed below are links to weblogs that reference 今度は愛妻家:

« カティンの森 | Main | ラブリー・ボーン »