« ものすごくうるさくて、ありえないほど近い | Main | く〜らい、くらい »

March 02, 2012

人生はビキナーズ

75才の父が妻を亡くした後、自分がゲイであることを息子に告げる。たくさんの人生を取り戻そうとする父と、破綻していた夫婦関係を見て育った主人公と、父を失った喪失感からの解放のために出会った恋人との話だ。
感情がない主人公をイアン・マクレガーが演じている。
主人公と重なる私は彼の心が喪失感のみに支配されていることを受け取り、自分も母が亡くなった時の予行演習のようだった。私のような感情がない人間は彼のように、いつか癒されるルートが築けるのだろうか。

今のところ今年の順位
1位 麒麟の翼
2位 ヒミズ
3位 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
4位 サラの鍵
4位 ドラゴン・タトゥーの女
5位 三丁目の夕日
6位 トワイライト・サーガ
7位 人生はビキナーズ
8位 CUT

追加0303
他のことで滅入っていると思っていたが、どうやら、この映画のせいらしい。困ったもんだ。
あの映画の中にたくさんの美術品があったのだが、誰かあれに矢印つけて、これは誰のこういう作品と教えて欲しいなぁ。

|

« ものすごくうるさくて、ありえないほど近い | Main | く〜らい、くらい »

「映画」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/54122142

Listed below are links to weblogs that reference 人生はビキナーズ:

« ものすごくうるさくて、ありえないほど近い | Main | く〜らい、くらい »