« 悲しくて悲しくて | Main | 人生はビキナーズ »

March 01, 2012

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

9・11を扱った小説の金字塔の映画化、トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの演技派に負けないぐらい光っていたオスカー役トーマス・ホーン。
父の鍵から鍵穴を見つける旅に。父の死からの卒業、母との和解を描いた作品だ。
昨年の3・11を感じた日本人には特に深く浸透出来る作品とも言える。
人々の優しさで、心が洗い流されるようでした。

今のところ今年の順位
1位 麒麟の翼
2位 ヒミズ
3位 ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
4位 サラの鍵
4位 ドラゴン・タトゥーの女
5位 三丁目の夕日
6位 トワイライト・サーガ
7位 CUT

|

« 悲しくて悲しくて | Main | 人生はビキナーズ »

「映画」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/54116196

Listed below are links to weblogs that reference ものすごくうるさくて、ありえないほど近い:

« 悲しくて悲しくて | Main | 人生はビキナーズ »