« June 2012 | Main | August 2012 »

July 31, 2012

怪獣絵師 開田裕治とウルトラの世界展

引用しています。
期 間: 2012年8月7日(火)~8月19日(日)
   12:00~19:00 (最終日は16:00まで)
会場: プラネットEartH
〒650-0014 神戸市中央区元町高架通3番172
入場料: 無料
主催 関西アニメフェアプロジェクト実行委員会
企画協力 株式会社円谷プロダクション

渋谷PARCOを皮切りに、名古屋PARCO、京都LOFTで開催された『総天然色 ウルトラQ リターンズ』。
そして、再び渋谷PARCOで展示作品を大幅に追加して開催され、続いて有楽町LOFT、熊本PARCOと全国各地で好評開催中の『怪獣絵師 開田裕治とウルトラの世界展』。

今回の会場は、ウルトラセブン珠玉の一篇「ウルトラ警備隊西へ」の舞台ともなった神戸。元町駅から神戸駅の高架下にある、レトロな雰囲気が残るモトコー商店街です。
期間中、商店街が怪獣ストリートへ変貌する!

ウルトラマンシリーズ45周年記念と銘打つ展示内容は、怪獣絵師として名高い開田裕治が描いた『ウルトラQ』『ウルトラマン』『ウルトラセブン』『帰ってきたウルトラマン』の作品群をアートスペース“プラネットEartH”で額装展示。
作品は、複製原画を中心に原画も含めた豪華ディスプレイ!
さらに、新作の巨大ウルトラ怪獣イラストも展示予定です。

兵庫県出身の氏にとって凱旋展示となります。

近隣の商店街では、アンティークなタッチのウルトラ怪獣ソフビによる3D怪獣図鑑も展開。
ショーウインドウ越しに、懐かしくも、キッチュな怪獣やヒーローを展示。
合わせて、巨大出力された開田裕治のデジタル作品もディスプレイ!
ウインドウショッピングするだけで、老若男女のウルトラマンシリーズファンを熱狂させるのが、怪獣ストリートです!

| | TrackBack (0)

July 28, 2012

巨神兵東京に現る!?

東京都現代美術館で7月10日から庵野秀明さんを館長とした特撮博物館なるものが10月8日まで開催されている。
特撮といったら、ハリウッド版ゴジラか、ネットの知人が参加していたガメラか、仮面の忍者赤影か、本郷猛しか浮かばないような私であるが、庵野さんときくと、別にファンではないはずなのに、チョイ役ででていた茶の味という変な映画を観たり、プロデュースしている実写映画があるからと、わざわざ会社休んで、大阪の映画館に行ってしまう。別にファンじゃないのに。
で、今回宮崎駿作品に出ていた巨神兵を特撮で撮る企画を庵野さんがたて、樋口さんが監督した作品まで期間上映されるとあって、行きたい、めちゃくちゃ行きたい。とりあえず、9月には行ってみようかって気になっています。
関西にはこないよなぁ。
とりあえず、詳しい内容は明日朝読売テレビでやっている番組で放映されるので、要チェックだ。
気持ちが冷めなかったら、9月に報告するΖっーと。

| | TrackBack (1)

July 26, 2012

人間の感情ってすごいなぁ

マイミクの人が赤裸々に自分を綴られた日記をかかれているんだが、ものすごく頭の中を出しているので、なんか興味をひく。
先日、知り合った女性が思っていたような人では無かったということで、どんどん気持ちが盛り上がっているという日記を書いていた。
会って次の日だというのに、恋を実感しているとのこと。
好きな人がいないことの孤独も耐えられないと言っていたのに、今はその人に対する想いで苦しんでおられる。
人を思う気持ちって、すごいエネルギーだね。
その人はたった1日で天国と地獄に行ったり来たりする事になってしまった。
経験則で、そんなことになりたくないから、恋に怖じ気づいている人が多い世の中で、ある意味勇者かもしれないなぁと、羨ましく思う。
冷静で冷めていたら、人生を損しているのかもしれないなぁ。

| | TrackBack (0)

July 25, 2012

おへそを引っ込める

ためしてガッテンで先日やっていたの、とても良さそうなので、ここでご紹介します。
ただ単に、おへそをひっこめるのを息をしながら、30秒行うだけで、腹横筋が鍛えられ、自然にコルセットを作ることになり、腰痛などが治るというものです。
簡単なので、試してみてください。立っていても、寝ていてもいつでも大丈夫です。
あと、スロージョギングを1日30分、分けて行っても大丈夫です。
それにより、シナプスが末端まで増えて動く度に筋肉を動かし、カロリー消費までつながります。簡単に行うなら、ジャンプするのも効果的です。

南雲さんの影響を受けてお昼は控えて、ウォーキングをしていたのが、この暑さでダウン。
続けなきゃ。

| | TrackBack (0)

July 24, 2012

時間

部屋にポレポレと書いた時計を壁にかけている。
確か、スワヒリ語でゆっくりという意味だと聞いて買った記憶がある。
名前のせいなのか1年に1、2回は遅れる。先々週から、遅れ気味なのだか、だいたいは1時間前後でおさまっているので、まぁいいかと時計を見る。
もう一つ枕元の時計が先週から止まっている。

暑いので目が覚めた時に、見る時計が止まっているから、まぁいいかと自分の感覚で起きる。

支障がないから、いつまでも電池を入れ替えるのを忘れる。

時間の感覚がどんどん変わっている。

社会人だから、年を重ねているから、
ありがたいことに、仕事が忙しいから、あっという間に昼休憩、帰る時刻、休日。
何にもしない間に、今年の後半戦が始まっている。

8月からは私のポレポレ時間が終わる。
予定通り始めなきゃ。

自分のステージ上げるために

| | TrackBack (0)

July 22, 2012

シャーロック・ホームズ2 はじまる

NHKBSで今日から、BBCで2010年に制作されたシャーロック・ホームズがはじまる。
NHKで昔よく放送されていたシャーロック・ホームズのファンだったので、初めて海外旅行に行った時に、英語も分からないのに、ドラマのシャーロック・ホームズを演じられたジェレミー・ブレッドのシャーロック・ホームズの舞台「四つの署名」を桟敷席で観ました。
子供の頃からのシャーロッキアンです。ライヘンバッハの滝で泣き、コナン・ドイルは望んでいなかった空き家の冒険の復活で喜び、19世紀のロンドンに思いをはせて、初めていく海外はロンドンと決め、実際実行して、シャーロック・ホームズを堪能してきました。
ファンクラブに入っていないので、ファン度は30ぐらいかもしれませんが、この本のおかげで、ミステリーにどっぷりつかる中高生でした。古典ミステリーの良さは、忘れているので深く語れないですが、今ミステリー全盛なので、またシャーロック・ホームズやアガサ・クリスティや、アメリカの探偵たちにも光があたるといいなと思います。

| | TrackBack (0)

July 16, 2012

なんかなぁ

昨日友人の誕生日会を行った。
その人は、SNSで友人が多いので、その人の日記で上げるとたくさんの人数がきてしまうから、誰を呼びたいか限定になった。
それはありがちな話だと思う。
場所や今までことを考慮したら、仕方ないと思う。
自分の時はそのSNSで友人が多いわけでもないので、日記で公開するかな。だから、状況によると思う。


でも、希望されなかった人に対する考慮はかなり必要だと思う。

それって、人にわざわざ話さなくても、社会通念だと思っていました。

でも、他の人達がいる前で公言した人がいて、

その場にいたひとは、どう思ったか、
また誕生日会を限定でお願いした人がどう思われるか。

大人でみな理解出来る人ばかりだけど、やっぱり寂しいよ。
私は寂しがり屋の方じゃないけど、同じことされるともうこの人たちと会うの止めようと思うもの。


私は人に対してあんまり怒らない方だと思うけど。
さすがにあなたが一番いらなかったよと思ってしまった。
その時にいた人達と交換したいぐらい。

私はもしかしたら、その人を苦手になっていたのかもしれない。

以前、飲みに行ったときに、その人は体調が悪いと言いながら、ガバガバお酒を飲み、意識がなくなった。回復して脂汗をかいていて大丈夫だと言ったけど、つれて帰らないとだめかなと思った。

でも、いい大人なので、自己管理せいよと、その時は思っていた。
今の私は、同じことがあっても、送りたくない。でも、送るんだろうなぁ。

この人の発言を聞いてしまった人達はもう私の呼びかけには参加しないだろうなぁ。

人間関係は一期一会
いろいろあって、変わっていく。取り返しのつかないことがしょっちゅうある。

寂しいけど、今まで有難うと感謝して、諦めよう(T_T)

| | TrackBack (0)

July 14, 2012

ことばは難しいね

7年前に書いたコメントからリンクでこられている人がいた。
早く起きたせいで私のblogをずっと見ている人がいたので、ログを見たらそんな人がいた。

当然、そのコメントは覚えていないけれど、確かに2005年の私が居た。

なぜか、自分にコメントを入れられるのが苦手で、人にはばかばかコメントを入れて、でこれでよかったんだろうかと悩む。

今のSNSなんて、コメント頂くので、他の人の日記に行ってコメント書くけれど、果たしてそれでいいのか。

なんとなく、自由の書いていたのが、色々言われたり、その人の性格を知ったりすると、気を遣ったりするのがめんどうになる。なのに、コメントを書いてしまったり、SNS上で日記をあげたりする。

不思議だ。

実は人間関係興味ない?興味或る?わかんないや。

ただ、言葉に出したことは取り返しが付かない。

何も言わずに生きていたって、楽しくなんてない。

 

| | TrackBack (0)

July 10, 2012

そういうように出来ている

人口が増え続けると、ガンダムのように、宇宙にコロニーなんて造らない。
単細胞の生物と同じように、解明されていない遺伝子の作用で、人口増減が調整される。
人間の遺伝子のどういったチョイスが子孫繁栄の家系作りになっているのか。

周りに独身や子供のいない夫婦が多い。私と彼らの種は滅びるのだ。まぁ、兄弟がいるところはそういうこともないと思うが。

私は単純なことも受け入れられず、弱い遺伝子と扱われて、子供の頃から、子供が欲しいという感覚や母性愛がともなっていない。

時代の進化だと思っていたけれど、

大間違い

単なる亜種だった。

滅び行く種族ネアンデルタール?

| | TrackBack (0)

July 09, 2012

まだネガティブ

色んな言葉を聞いてしまったから、飲み会の時それほど気になると思っていなかったけど。
やっぱり、発端はその時に聞いた言葉なんだ。
すべて、滅入る方向にすすむ、情けない。
書いたら、気分も変わるかとSNSの日記にも書いてみた。親切な人達がコメントくれた。
くらいので、悪いなぁと思いつつ、ここでも。

ホルモンの影響もある。
あと、言葉

誰とでも喋れるなぁと、その人に言われた。
当然、裏返しにも考えなきゃ。

八方美人に思われたくないから、一匹狼なのに。

こんなにいっぱい吐き出したから、明日はいい日だよ。

| | TrackBack (0)

July 07, 2012

つきみてる?

今日のお月様は満月じゃないけどきれいだよ。
写真ではわかりづらいけど。
 
月を見ていたら、色んなことがクリアされていくんだよ。
 
やっぱり、石を浄化させるのに、月の光に当てるってのがあるのがわかる。
 
話は変わるが、
 
一昨日飲みに行ったときに、ビックス粒子(あってる?)の話していて、60過ぎの方が子供の頃、それ以前の話を漫画でよんで、宇宙飛行士になりたかったとか言われて、私もキャプテンフューチャーで細胞の核が宇宙を形成している話を読んで今でも覚えているとか、スプリング8の話とかしていて、他の人達に引かれてしまったけど、宇宙の歴史とかサイエンスとか夢の世界が現実化していて、ips細胞も10年かかると思っていたのに、もう臨床実験に入っているんだって。
ガンダム00のエレベーターも日本の企業が実用化の試算出していたし、漫画や小説の世界が広がれば広がる程、世界は進化していくようになるね。
あっ、スプリング8も京も兵庫県にあるから、もっと活用して赤字解消してもらわなくちゃ。

| | TrackBack (0)

July 06, 2012

ネガティブ

たまにネガティブにならなきゃいかんと思う。
止まっていたときは、こんなに幸せでいいのかしらと、日々平安を満喫していた。これが男の世界なのねと、憧れすらある。
でも、女であることを思い出させるものは、私に不幸な女を装わす。
集中力は欠けるは、読みは浅いは今日は情けない1日であった。
私に影響を及ぼす友人からのメールも影響があるだろう。

昨日は、友人Mからメール見て泣いているというメールを見て、大した優しさでもないのに、そんなんで泣くぐらい弱っているから、そんなんまで引きずられて。

さっきなんて、おばばさまがいなかったら、知らない人に私の代わりに死んでいただけますか?と、聞かれたら、わかったと、高層の建物から飛び降りれるなぁと、考えていた。

おめでとう。

まだ、死んでいないや。

たまに、ネガティブになって、そんな気分を味わったり、ダメダメな自分を情けなく相手しなきゃだめだよね。

| | TrackBack (0)

July 03, 2012

人が自分のことを知っている

 人が自分のことを知っている

ってきいたら、あんまりいい気をしない言葉かもしれない。

私は一人っ子で両親共働きだったので、空想と共に子供時代を過ごしたから、孤独と向かい合わせしていた。また、おばばさまがおとこのような性格なので。母親の愛情というのにあんまり出会っていないかもしれない。親の愛情は感じているよ。抱きしめられたことがないなぁってこと。

 まぁ、そう言うことはどうでもいいことだけれど、背景がいると思っていつも話の前に色々書いてしまう。
自分だけの世界に生きていたからか、他人に興味を持つと言うことが全くと言っていいほどない。
だから、対他人として競い合うこともなかったし、
昔元新聞記者の方の講演で、全体写真を見たときに自分がどこでどう映っているかを探すほど、他人も自分にしか興味ないもんだから、人の言動を気にすんなという話だったけれど、全体写真の自分がどこにいるかも見つけられず、そもそも興味もなかった。

 それから、以前にも書いたと思うけれど、中学校の時にリストカッターの友人にお互い不幸な身の上だから、普通の人がなんでもない小さな幸せも自分たちには大きなものになるよと言っていたことがあって、そんなことがあったから

 なんか、きっとちょっとしたことでも、ものすごく嬉しいことになったりするんだと思う。

今日は仕事が手一杯だった。経験則が出来ていないのもあるが、思い巡らせられない自分が腹立たしかった。そんなことをいっぱいやっていて、隣の私の指導係のSさんには色々まとまらない言葉をいっぱい投げかけてしまった。

 今日はそんな1日だった。

そうしたら、違う課で話もしたことがない人が私の席の通りがかりに、

「大変なんはみんなSさんにさせたらえーねん」と、冗談まじりで声をかけて去っていった。

あっ、今日は大変な仕事を色々していて、ばたばたしていたけど、なんで知っていた?
誰かが話した?誰かに聞いた?どうして?

なんか、大海に羅針盤なしで一人で船に乗っている自分が急に灯台の暖かい光を見たように嬉しかった。

もしかして、当たり前で大したことないことないことかもしれないけれど、ほっこりとなり、気分が落ち着いたんだ。

私の事を知ってくれている人が いる。

今日はいい1日だった。

こんな風に人を見ることが出来たら、他の人が今日の私みたいに優しい気持ちに触れられたら、そんな風に出来るようになれたら、と思ったりした。

| | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »