« こそばい | Main | 怪しい探検隊 in 鶴橋から »

August 12, 2012

一期一会のすすめ

一期一会 一生に一度だけの機会。生涯に一度限りであること。生涯に一回しかないと考えて、そのことに専念する意。もと茶道の心得を表した語で、どの茶会でも一生に一度のものと心得て、主客ともに誠意を尽くすべきことをいう。▽千利休の弟子宗二の『山上宗二記やまのうえそうじき』に「一期に一度の会」とあるのによる。「一期」は仏教語で、人が生まれてから死ぬまでの間の意。

一人旅を何度かして、色んな人との一期一会の良さを味わっているから、

相席でお願いしますと言われたときに、ご飯を食べながら、向かい側の人に話しかけることにしている。そう言うことが苦手そうな人には声かけないけれど。

この間いつも一人ならカウンターに座るところ、いっぱいだったので、60歳過ぎた男性と相席になった。

お近くですか?ここ美味しいですよね。

大阪から何日かこの近くのところまで仕事に来られているグルメな方のようで、カツ丼の吉兵衛がこの近くにも大阪にも出来たこと、近くに長田の焼き肉屋さんが出来たこと、高架下の肉料理店は高いけれど美味しいとのこと。
色んな美味しい店を話した。今度の休日に鶴橋に行くこと、その次は新世界に行くことなどを話した。

やっぱり、一期一会はいいよね。

海外旅行で知り合った人やセミナーで一緒になったことがあるだけで、年賀状のつきあいが続いている。それも面白いと思っている。

|

« こそばい | Main | 怪しい探検隊 in 鶴橋から »

「日記」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/55404682

Listed below are links to weblogs that reference 一期一会のすすめ:

« こそばい | Main | 怪しい探検隊 in 鶴橋から »