« アルツハイマー予防 | Main | 夜の雨 メロウな夜 »

September 29, 2012

鍵泥棒のメソッド

内田監督が好きなこともあって、観に行く予定だったのだが、宣伝あまりしていない割に、クチコミ評判がいいので、余計に観に行きたくなった。

この映画で今年50本目だというのに、ロボットも天地明察も観に行ったのに、感想文が書く気が起こらなかった。

これは、待ち合わせまでに時間があるので、観てほやほやで最後まで諦めずに書ききることが出来るのか。


この監督の映画は、話が非常に面白い。
安心感をもって観られるというイメージがついてしまった。

実は極限状態にいる二人が入れ替わったりする妙。

殺人事件が起こっても、殺し屋がいても、嫌な気持ちというか、ひきつるような何かを感じることがない。

主人公に堺雅人さんを選んでいるからかもしれないが、キャストもかなり重要な味付けになっていた。

この間から、身も蓋もないコメントをマイミクの日記にコメントしているのだが。
いつか、この人がアカウント削除にあっても次は新しいアカウントの友達招待はしてもらえないよなぁと思えるようなことをやってしまっている。
ここにも、書いたことある人なんだが、
男女比についてよく書かれていて、仕事や恋愛に男女差があるという話に、いつもはロムだけなのに、
仕事も恋愛も供給と需要であって、男女差ではなく、個人差だと、嫌なら止めればいいし、求めるなら、自分の価値を上げればいいだけの話ってなことを書いた。

この主人公は好きな人が結婚してしまうことが、お金も無ければ、定職もない35歳独身男にとって、死ぬほど辛い話だったこと。

そう、私のコメントは正論だと思うが身もふたもないコメント。人間は、正論で生きていけるなら、いいことかもしれないけれど、そんなことないから、ドラマが生まれるんだなぁと思う。
私だから、香川さん演じるコンドウが理想であり、近い人物でもあるのだが、部屋も汚いやる気も中途半端で自分が自分を恥ずかしいと思う人物が、色んな感情で色んなドラマを作れて、本当は羨ましいタイプなんだなと思う。

映画は、きれいに整理されていて、無駄がないし、小物やセットの細かいこだわりが嬉しい。コメディの画面構成、演技共々申し分ない。みんなうまいなぁと、映画の中に引き込まれた。

広末涼子さんを含めた3人。よく使われるだけあって、雰囲気も持っていて、その役柄にもなっているから、面白い。
いっぱい、大事なことが詰まっている映画だ。

是非、楽しい一時をこの映画で過ごしてほしい。

私は身も蓋もないコメント、反省、反省。

|

« アルツハイマー予防 | Main | 夜の雨 メロウな夜 »

「映画」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/55771802

Listed below are links to weblogs that reference 鍵泥棒のメソッド:

« アルツハイマー予防 | Main | 夜の雨 メロウな夜 »