« 私の暗い夜の道 | Main | 東京おたくみたいな旅② »

September 12, 2012

東京おたくみたいな旅①

特撮博物館行くついでに、日本科学未来館でやっているSF漫画の科学展に行こうと楽しみにしていたのですが、マイミクの行かれた方が子供だましだったと教えてくれ、ちょうどマグネットでもその子供も喜ばない展示を紹介していたので諦めました。
でも、今日のニュースで、スペースシャトルに初めて日本人が乗ってから20年という記念行事が日本科学未来館でやっていた。
一般人が見れたかは分からないけど、宇宙兄弟の影響で毛利さんに会ったら、感動して握手してもらっていたと思う。
 
他に行きたいところは離れているので、ガンダムフロント東京に行くことにしました。
友達と来年行こうといっていたので、来年も行くつもりですが、seed展は今だけなので。
予約無くても、空きがあれば入れるようなので、行ってきます。
 
夏休みが終わっての平日なので、特撮博物館空いていることに期待
 
しまった( ̄□ ̄;)!!エヴァンゲリオンのスタンプ冊子を忘れた。

Img_2000_2

東京駅から、京葉線に乗って新木場駅へ。川越がどっち方面か分からないから、事前に調べていて良かった。予定時間の電車に乗れた。りんかい線に乗って、東京テレポート駅に降りると、フジテレビの最寄り駅なので、踊る大捜査線の音楽が到着音で流れた。

 
京葉線で乗り場を悩んだ以外は、ダイバーシティ東京まで、矢印だけで迷わずに行けた。
大阪より分かり易い。
 
やはり、ガンダムフロント東京は人が少なかった。
ダイバーシティ東京の2階に上がって、右手のエレベーターで7階にあります。
Img_2003Img_2002Img_2004 Img_2005Img_2006Img_2007 Img_2010Img_2012Img_2014
先に上映を見て、ガンダムの上半身やコア・ファイター、ア・バオア・クーがあって、ガンダムキャラクターたちの等身大映像を写真に収め、一緒に写った。
シャアとロックオンなんだけど、兄ちゃんの方じゃなかったのが残念。
展示数は少ない印象ですが、安彦さんと大河原さんの原画素晴らしい。有名な場面の安彦さんの原画がセル画より表情がいい。安彦さんって、すごいなぁ。
で、セル画にそこまで落とせなかったのは残念だなぁ。
等身大のガンダムはエレベーターで2階に降り、右手の食事するスペースの中に入って、左側にフェスティバルゲートがあります。

Img_2023

お台場駅から、新橋へ。
港湾風景好きなので、ゆりかもめ最高ヽ(≧▽≦)/りんかい線よりめっちゃいいよ。写真が撮れなかったのが、非常に残念。
建築金物というか、錠の博物館を行きしの新幹線乗っている時に見つけていたので、早速そこに電話して、行き方を教えてもらった。
私の大好物の古い建物で、収集された堀商店会長のよい趣味のおかげで、展示室も中世の雰囲気だった。
週に何人かしか来ないから、会社案内まで頂いて、めっちゃ親切にしてもらえた。
東京おたくみたいな旅① 東京おたくみたいな旅①
 
 
念願の新橋おじさんたちの店に向かうが、新橋駅前ビルより、ニュー新橋ビルの方が店舗数が多かった。
両方同じ時期に建ったのか、階段や階段室の壁面の意匠が一緒だ。菱形のピータイル珍しいので、写真撮っていたら、おばちゃんに変な顔をされた。
築50年以上は経っているだろうに、メンテナンスがいいのか、だめになっているところがない。すごいなぁ。
 
とりあえず、ムサシという老舗のカウンターだけの洋食店に入り、写真のを頼む。周りをみたら、みなナポリタンを頼んでいた。ナポリタン入っているの頼んでいてよかった。
貼られていた雑誌に書いている通り、素朴な味だった。
 
もっとレトロ感漂っているかと思ったけど、普通のおじさんたちのビルだった。
 
ふと、
やっぱり、特撮博物館に誘っても一緒にきてくれる人いないと思ったけど、新橋のおじさんビルも余計誘えないなぁと思った。

|

« 私の暗い夜の道 | Main | 東京おたくみたいな旅② »

「アニメ」カテゴリの記事

「アート」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/55643804

Listed below are links to weblogs that reference 東京おたくみたいな旅①:

» TUMIバッグ TUMIバッグを通販で買おう [TUMIバッグ TUMIバッグを通販で買おう]
TUMIバッグについて解説されたサイトです。 [Read More]

Tracked on September 17, 2012 at 10:22 AM

« 私の暗い夜の道 | Main | 東京おたくみたいな旅② »