« 東京おたくみたいな旅① | Main | 所詮人間の感情なんて »

September 16, 2012

東京おたくみたいな旅②

Img_2036 新橋を歩いているときに見つけた。地下の居酒屋へ向かう道。なんか、吸い込まれるように、階段を下りたくなった。

堀商店の写真を追加
Img_2043Img_2047Img_2051
Img_2052Img_2053Img_2054

はじめて実物を間近に見たよ貞操帯。堀商店に行った価値あったでしょう(笑)
いやいや、錠の貴重な博物館です!

新橋のビル
Img_2060Img_2063Img_2068

Img_2077ホテルから見たてっちゃんみたいな写真


2日目


Img_2079いつものように、朝早く起きたので、大手町のホテルから歩いて近代美術館に行くことにした。
今のビジネスホテルって、全部揃っているから、楽だね。ここは朝食のトマトのパンがめちゃくちゃ美味しかった。

予定してなかったから、地図もないので、人に聞きながら歩く。
Img_2081Img_2085Img_2086

途中、日本橋を見つけ、映画麒麟の翼の舞台になった麒麟を見、水天宮も目指すが、やっぱりまっすぐな道がないから、違う道を歩いて遠回りする。
水天宮から、清洲橋を目指し、交番で聞いたり、人に聞いたり、名古屋からきた人たちが親切に地図までだして見てくれた。

Img_2097Img_2110Img_2111

清洲橋で初めてスカイツリーを見た。夜景が見たかったなぁ。
橋のリベットの並びを見ていたら、塗装もはげていなくて、メンテナンス行き届いてるなぁと思っていたら、橋のトラス端部が腐食している。こんなにわかりやすいから、安全性は大丈夫なんだろう。

清洲橋渡ったところに、陸奥宗光の邸宅跡があった。
陸奥宗光のファンではないが、彼がいなければ、幕末の人気もかなり変わっていたと思う。
坂本龍馬が船中八索書いていた頃
新政府案に自分の名前を入れなかったことを西郷隆盛に指摘された時に、

世界の海援隊を作るじゃき

と答えて、めっちゃかっこよかったと陸奥宗光が後年語ってくれなかったら、坂本龍馬もここまで有名になっていなかったかもと思うのだ。

深川江戸資料館前商店街を歩いて、ここも見られるかなって、ちょっと期待しながら、東京近代美術館に向かった。

Img_2117Img_2118Img_2119

2時間歩いて到着。予定通り、開館時間10時に到着。行かれた人に、人が多いから1番で行った方がいいと言われていたが、平日にもかかわらず、めちゃくちゃすごい人やんかぁ。
音声ガイドを借りたら、全部にガイドがついていますと、言われた。これで、みる時間がかかっているんだな。

写真禁止だが、もう写真撮りたくてしかたなかった。

特撮映画初期作品の資料の掲示、使われた飛行機類が並ぶ。
ドリルの刃のかけた部分のリアルさ。最初から、すごいなぁ。
成田亨だったかな、ウルトラマンのデザインを決めた人、あと小松崎茂なんかの有名な人のスペースが少なくて、それ以外の人たちをたくさん取り上げていた。

ウルトラマンが飛ぶときの撮影用ミニチュアが飾っているのだが、お尻がとってもかっこよくて、すごいすごーい造形美だぁと興奮。

ザボーガーって、変わった特撮が多いピープロダクションのんだったんだ。スペクトルマンとか、ライオン丸とかは知っていたけど、だから、あんな形なんだ。

あと、特撮カラオケでよく名前が上がるマイティジャックは、ワンコーナー出来ていて、使われた乗り物たちがかっこいい。


樋口さんが副館長でもあるので、平成ガメラシリーズで使われたミニチュアが並んでいた。
日本のゴジラ映画はみたことないけど、平成ガメラは、ネットの知り合いが参加していたので、シリーズはみたことあったから、余計に面白い。ローレライで使われた潜水艦も飾っていて、カワサキワールドでみた船のミニチュアとはまた違った感動を覚えた。

沈まぬ太陽の時に使われた御巣鷹山に当たる飛行機もつり下げられていた。


巨神兵現るは、林原めぐみの語りで映し出される。ミニチュアだと分かるけど、この映画にCGが使われていないことに驚く。
その驚きの技法の紹介と、職人たちの紹介が続き、キノコ雲をどうして作ったかを見せてもらえる。

また、音声ガイドでは、職人技の凄さを職人たちが語り、展示順で順番に見れるように語ってくれるから、おんなじ人たちが同時進行で鑑賞していて、面白い。

これでもかと、ラスト近くに持ってきた特撮倉庫の復元。音声ガイドの職人語りで、倉庫にある東京タワーを2回も切ったことがあるといっていた。
天井にぶら下げされていたB-29は、3回ぐらい映画に出演したことがあると言っていた。
たくさんの壊れかけの電車や戦車や戦闘機、すごい、すごいヽ(≧▽≦)/
で、倉庫出口近くに、キングギドラのスーツが展示。スーツアクターさんが大変だったんだなぁと分かる。前のめりの重心。実際、キングギドラが地球上に現れても、地球の重力でつんのめってしまうのでは、とそのとき思えるほどだった。

ここを過ぎると、往年の特撮技術の紹介がされていて、戦闘機を吊す紐を見せないために、天井が陸地として反対向きに撮影していたり、特撮技術が発展する陰に大変な努力があったことをここでたくさん語られていた。

そして、最後はミニチュアの破壊された街。ここは写真撮影はOKだったので、みな写真撮りまくりでした。外国人が多いことをここで初めて気づいた。
学校のゼミの人たちが、先生と一緒にきていた。
熱く語り合う人たちが、そこら中にいた。

Img_2121Img_2122Img_2127
Img_2129Img_2132Img_2134
Img_2138Img_2141Img_2143

ガンダムは期間制限がないから、万人向けの内容で、平日人が居なかったから、30分程度で回れたけど、ここは10時から13時半までいてしまった。
近代美術館の併設展も常設展もみる時間なかった。
1400円では安過ぎるし、これで終わりは忍びない。
是非関西でもやるべきだ。これをみたキュレーターは、展示について大きく考え直すのではないかと思う。

庵野さんの特撮愛が詰まった展示会で、特撮初期作品が多く、シリーズものの、特に仮面ライダーものがまったくない。
彼は、仮面ライダースーツで結婚式をあげようとしていたぐらいのファンなので、あえて外したのだろう。だから、石ノ森作品の特撮ものがない。宇宙からのメッセージ劇場版があるかなとか、こんな時なので、割と期待していたので、ちょっと残念。
庵野さんのカルトな取り上げ方は、おはよう子供ショーの5分の特撮まで取り上げていた。

めちゃくちゃ良かった。
あと、特撮博物館のお土産クッキーが3150円とか2100円とかじゃなかったらよかったのにと思った。
読まれた方、長いこと読んでいただき有難うございます。

Img_2148 おまけです。新幹線置き場は、京都駅から新大阪駅の間にあります。

|

« 東京おたくみたいな旅① | Main | 所詮人間の感情なんて »

「アニメ」カテゴリの記事

「アート」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

「歴史」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/55666285

Listed below are links to weblogs that reference 東京おたくみたいな旅②:

« 東京おたくみたいな旅① | Main | 所詮人間の感情なんて »