« 出す前の写真撮っておけば良かった | Main | 世界の珍博物館18選 »

December 08, 2012

紅葉過ぎちゃった京都2012

 いつものように、友人Aと京都に行ってきました。今年はいつも通りの時期に紅葉がやってきて、私は試験終わりの平日にお願いしていたので、紅葉が終わってしまった京都を散策することになりました。

 とりあえず、いつものようにJR京都駅の観光案内所で、紅葉情報をgetしに行くと、見頃とか書いた紙まで掲示していない(T_T)仕方なく、携帯からの情報を得るため、そこにあったバーコードで情報を得ると、その日の残っていた見頃は、安楽寺と下鴨神社だけ。宇治の平等院は見頃を迎えていたけれど遠いから無理。
 地図で安楽寺を探したら、ランチ予定に近いところにあるということので、午前中は大エルミタージュ展に行ってきた。

印象に残ったのを何点か
Photo
インパクトの強いこの絵は、ルーベンスのローマの慈愛
話が分からないと一体何と、後ろに戻ってしまうような印象強い作品だ。
今回目を引いたのがなんかエロいと思われてしまう作品ばかりなので、紹介文が必要になってしまう。
これは、捕らわれた父に食べ物を与える事を許可されず、乳飲み子を抱えた彼の娘が、父親に乳を与えているシーンだ。有名な話なので、他にもこれを題材に書いている画家も居る。

Photo_5
こちらもきれいな若い男女があらわになっている モルフェウスとイリスという作品だ。
淡い色調で、ロマンチックな表現と官能を併せ持っている。

Photo_6
一番あらわになっていたのが、洞窟のマグダラのマリア
ダ・ヴィンチ・コードで有名になったマリアだが、福音書名のない使徒とも言える。この絵画に目をとめたのは、露わな姿ではない。洞窟で復活に立ち会うマリアがどうしてここに全裸で横たわっている姿かということが、新約聖書を詳しく知らない私からすると、???だったから。

あと、アートな色合いと思った
Photo_4
アンリ・マティスの赤い部屋
友人Aの好みではなかったが、私はこの色調に惹かれた。注文主の家に飾られたところも見たかったものだ。

このあと、田むらのランチに行く。
Img_2374Img_2375Img_2376


Img_2377Img_2378Img_2379


Img_2380Img_2381

 写真は、3900円のランチ
日本料理の名店のフランス料理なので、最後にご飯が出たり、お箸で食べることが出来たり、至れり尽くせりで、また行きたい店でした。

近いと思っていましたが、長楽寺と勘違いしていた。

仕方なく円山公園の終わりかけの紅葉で満足する。
紅葉も終わりかけの平日だというのに、たくさんの観光客。

歩いていると、長楽寺を発見。今から大河で出てくる話になるかな?清盛の娘建礼門院が出家した寺で、寺には亡くなった安徳天皇のおくるみが展示されていた。
ここは穴場のようで、紅葉の時にきたら良さそうなところでした。
結構有り難い発見だった。

|

« 出す前の写真撮っておけば良かった | Main | 世界の珍博物館18選 »

「アート」カテゴリの記事

「グルメ」カテゴリの記事

「京都」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/56272557

Listed below are links to weblogs that reference 紅葉過ぎちゃった京都2012:

« 出す前の写真撮っておけば良かった | Main | 世界の珍博物館18選 »