« January 2013 | Main | March 2013 »

February 26, 2013

セーリング

クリストファー・クロスの歌をカバーしているようだけど、やはり本家がいいなと思った。

久しぶりbに聴かなきゃ

あっ、今はフランク・オーシャンおすすめ

マーヴィン・ゲイはまだはまり中
洋楽barでリクエストすると、おっと言われる

やっぱり、すごいのじゃ

アース・ウインドオブファイヤーも

| | TrackBack (0)

February 19, 2013

仕事のこと

同じ部署の人達は皆かなり優しい
その一人、Kさんは優しい笑顔で見てくれるし、本当に感謝することがいっぱいだ。
そんな彼でも、優しくする相手とそうでない相手を分けている。私も分けているつもりだ。
いつも、相手の対応で変えて、よくしてくれる人により多くお返し出来るようにとおもっている。

以前ここに書いていた赤ちゃんの人も、いつも仕事を一生懸命やっている人の手間が増えないようにということでもあったのだが、本人につたえる訳でもないので、誤解をされていると思う。でも、それは誤解させている私も悪いけれど、それはその人に言うことでもないし、嫌われたとしても仕方ないかなと割りきれるが
今回の仕事を手伝っているFさんに関しては複雑だ。
仕事をしていない人に、仕事が出来るようにしたいというのは、理解されないし、今まで被害を被ってきた人達には納得出来ない話となる。
着々と彼の今後決定は決まってきているのだと思う。
難しいなぁ

| | TrackBack (0)

February 17, 2013

バレンタインデー2013

今年もチョコレート頂いたよ♪
また、幸せ時間を味わえるよ
しかし、ホワイトデーどうしよう(((((゜゜;)

undefined

| | TrackBack (0)

February 16, 2013

春節祭

めっちゃ久しぶりにホットケーキで有名な元町サン トスにいった。 最近有名なパンケーキの店につれて行ってもらう予 定が人がいっぱいで、サントスへ

なんか、残念ながら、ホットケーキの味落ちてる

って思っていたら

どんどん音が近づいてきて、お店の人が場所を空け てくださいといってきた。

正月の祝いで元町商店街の各店舗内を獅子舞がやっ て来ていた 獅子舞はサントスの2階まで上がってくれて、私に も獅子舞の口の中に含んでもらって、新年を祝福し てもらえました。めっちゃラッキー 今年はいい年になるなぁ

| | TrackBack (0)

February 15, 2013

尾野真千子って

カーネーションで彼女のことを知った。今、最高の離婚を観ているのだが、舞台出身?と検索すると、下記の観た映画に出ていた。俳優にあまり興味ない私もここまで印象に残っていなかったとは・・・。

萌の朱雀(1997年) - みちる 役(主演)
リアリズムの宿(2003年) - 川島敦子 役(ヒロイン)
茶の味(2003年)
世界の中心で、愛をさけぶ(2004年) - 朔太郎の姉 役
ナイスの森〜The First Contact〜(2004年) - ミーコ 役
クライマーズ・ハイ(2008年) - 玉置千鶴子 役(ヒロイン)
のぼうの城(2012年) - ちよ 役

| | TrackBack (0)

珍しい

男性トイレから聞こえてくる口笛が白鳥の湖だった


| | TrackBack (0)

February 11, 2013

アベノミクスのおかげ

 とりあえず、マイナスだった株がどんどんプラスになっているよん。塩漬けで持っていてよかった。

| | TrackBack (0)

February 08, 2013

真空

さっき人と会っていたのに、笑っていたのに

人はなんて寂しい生き物だろう

家族がいても、友人がいても、毎日笑っていても、なにか分からない寂しさに涙が出てくる

| | TrackBack (0)

ストロベリーナイト

 ドラマが面白かったので、再放送で復習して、映画見たあと、テレビでやっていた映画の後日談まで観ました。
このドラマを見ていていつも思っていたことは、自分の仕事感覚に似ているところがあるってこと。その頃を思い起こしていました。当然、仕事内容は異なりますが、その頃姫川という名字でもないのに、姫と呼ばれていました。
私の同僚は男ばかりで、男性に指示をする仕事を初めて行った頃、何も分かっていないから、色んな人達に鍛えられて、まだまだ分かっていないから、姫と呼ばれていたんだろうと思います。偉そうだし(笑)
 だから、異性の中で仕事をする彼女に、色々感じるところを重ねていたところがあります。

 あと、もう一つ
 男女の性の感覚の違いをこのドラマは意識させてくれました。以前ドラマを観ていたときにここまで思っていたかは分からないけれど、マイミクさんの女性の性の方が恵まれているという日記を読むようになって考えるようになったのかもしれません。それと、先日会社の新年会の時に、2次会で二人の酔っぱらいの対処をすることになり、眠りこけて起き上がれない女子を酔っぱらっているから、起きあげさせることが出来ないと私が変わって頑張って引き上げているときに、その酔っぱらい男子に胸を鷲掴みにされ、無理やりキスされそうになりました。
それ以後電車に乗せるまでの間、ずっとセクハラ行為を続けられて逃げ回りながら連れていった。
その時に彼が言った言葉が、「減るものでなし」
こんなすごい酔っぱらいのセクハラは初めてでかなりショックだったし、彼が翌朝覚えていないことも知っているから余計に悔しかった。
その話を男友達にしてみると、本当にそうだと、減るものでなしの方に同意した。

 なんか、女性の性はいつも一人歩きして、個人の持ち物なのに、他人がいいように考えられてしまうようだ。
 主人公姫川のように10代でナイフで脅されて犯されたのと、私のように年齢が経っているものの性はあくまで平等ではない。裁判があったとしたら、年若いものにおかした罪の方が重いような気がする。でも、それもその人個人の考えを度外視したような一人歩きのような気がする。女性の性は、何か社会的なものなのかもしれない。
確かにマイミクさんが日記で書くように、性を商品として売ることもできると言われると否定出来ない。観たことはないが、やわらかい手という映画は、手術費用のために祖母が風俗で働く決意をする話だが、どうしてもの手段に女性は性を使えるのだ。といって、それに対する結論は出せない。ただ、複雑な気分と言えばいいかなと。

 このドラマの演出は小気味がよくて、タイトルと納め方がおしゃれだ。
今回の映画も個別の人物像をあげている訳でもないのだが、映画で初めて出てきた和田さんの描き方もあの記者とのやり取りだけで彼の人となりがわかる演出で深い。立ち上がらなかった記者がたくさんの物語を読ませているのだ。

また、人物像の描き方の脚本もいい、牧田に言わせている台詞と、菊田の無口の対比。原作にはない菊田の思慕、今回の恋の完結も相応しい男の出現もサイドストーリーが盛りだくさんで深みに花を添える。
草食系菊田も素敵だが、肉食系牧田に映画中惚れた♪
当然だろう、女性はいくつになっても求められたいんだよ。まるで分かっているようなことを言ってきて、スルッと心に入り込もうとする。それと、ベルばらのアランのような激しいキス!!菊田アンドレのように待ってなくていいから、分かりやすく、好きだといってほしいものなのだ。

映画本当によかった。姫川班が無くなってしまったのが、一番寂しく思っているのだが、これでいいんだよね。

| | TrackBack (0)

February 06, 2013

バレンタインデー2013


undefined
渡す方を撮るのは珍しいかも
今の職場は渡すことはしていないので 、お世話になっている人と、よくものを頂く人のお礼でバレンタインデー前に渡すのと、
いつものステットラーはAが今年もバレンタインチョコレートをくれるなら、お礼に1つ渡して残りは私の分((o(^∇^)o))
このチョコレート大好き
毎年ありがとう\(^^)/デパートのバイヤーさん
一番いいのは、Aもステットラーをくれて、ステットラー渡すわけにいかないから他のものを渡すので、ステットラー3個食べること

たくさんあったら、何かので持って行ったりするけどこれは出来ないよ。

一度、バレンタインデー商戦の時にデパートに彼女と行って、試食してみてください。

( ̄▽ ̄;)、チョコレート高いので、それを頭に入れておいてね。
これを渡す男性が現れたら、その人が本命になるぐらい高いです(^^)

| | TrackBack (0)

February 02, 2013

献血ってすごいのね

友人たちとご飯を食べに行きました。眼も舌も楽しめて、ランチ2675円はすごいなぁという神戸の最南端のお店パシャに行ってきました。
写真のは、+525を選んだのですが、とにかく意表を突いて、美味しくて、次回はS1たちを連れていこうかと思います。

友人が毎月ミント神戸にある献血に行っているという話をしていて、行くとアイスクリームを頂けるとか、日によっては、先着順で有名店のシュークリームも頂けるとかで、色んなイベントをしているので、その時に行っているとのこと。
毎月行っていたら、プレゼントも 貰えたと言っていた。
近くの献血はレトルトカレーを頂けるみたいですごいなぁと思っていたけれど、もっとすごいことになっているんだね。
献血するひとが減った?最近、ある時期の渡航者の献血制限が解除されたぐらいなので、色々大変なんだろうね。手術の金額も何人か分使ったら、結構高額になっているかもしれないね。
undefined

undefined

undefined

undefined

undefined

undefined

undefined

| | TrackBack (0)

« January 2013 | Main | March 2013 »