« 舟を編む | Main | 人との関わり »

April 29, 2013

オーネット・コールマンを聴いた

 グッゲンハイムの音楽講座で、オーネット・コールマンOrnette Colemanをはじめて聴く。

かなり、コアな二人のトークイベントだったので、内容はついて行けなかったけれど、紹介された曲はなかなか面白い。とりあえず、ブログで紹介してみよう。

 グッゲンハイムで聴いたときよりも、後で聴いた方がよかったのが、よく分からん。グッゲンハイムは、場所は音響はよくないけれど、スピーカーはいいのを使っていて、音はとてもよい。

 で、その時に話題に割と出た 彼の有名作品

Lonely Woman

アレンジがたくさん紹介されていて

Paul Motian, Charlie Haden, Geri Allen - Lonely Woman

こっちは、かっこいい

masayuki takayanagi - lonely woman

検索していたら、

James Blood Ulmer - Lonely Woman

アレンジがすごすぎて、音楽が分かっていない私では、間違いそうなんですか?

Joshua Redman Elastic Band - Lonely Woman

一番気に入ったのは、裸のランチのサントラ

"Naked Lunch": Music From The Original Soundtrack ; By Howard Shore , Ornette Coleman and "The London Philharmonic Orchesta".

Intersong - Naked Lunch ~ Howard Shore , Ornette Coleman and The London Philharmonic

Virgin Beauty (1988) Portrait のアルバムが薦められていて、確かになかなかよかったです。

とりあえず、忙しさで忘れないための備忘録ですね。

やっぱ、音楽はいいわぁ

笑う洋楽屋見ていたら、ディアンヌ・ワーイックとか好きだったよなぁとか思い出した。マーヴィン・ゲイといい、アフリカ系アメリカ人の音楽が好きなんだろうなぁ

|

« 舟を編む | Main | 人との関わり »

音楽」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/57274617

Listed below are links to weblogs that reference オーネット・コールマンを聴いた:

« 舟を編む | Main | 人との関わり »