« こうなりゃ、ゲーム株青田買い(笑) | Main | ボストン美術館展に行く »

May 12, 2013

B級ホラーナイト

GWでなんか、今後の映画の見方が変わった。
やっぱり、DVDでは集中して観ることが出来ないので、60%しか入り込めないことと、映画館じゃなくても、DVDでいいやんという映画があることを感じてしまった。

映画は映画館で観ることが大切なのは変わらないけど、DVDで観られない映画や観たことない種類の映画に時間をさこうと思ったのだ。
あと何年映画を楽しめるかわからないけど、映画配給会社社員でも、評論家でもないのだから、違う見方をしていかないと

なんか、GWから新たな自分になった気がするので、勘違いしている間に色々考えよう♪

今日は、十三の映画館で、B級ホラー映画上映があり、今帰り道です。

1本目は、太陽の怪物という今時の中学生でもこんな着ぐるみ映画は作らんやろうという突っ込み満載のダメ男が主人公の全然怖くない映画

終わってからの主催者トークショーで、この映画のリメイクの話があったと言っておられたが、映画関係者はマニアックだなぁ…

もう1本は、DVD化されているのが頷けるB級度高い名作だ。これ1本でも、十三に行った甲斐がある♪

恐怖の植物人間という作品で、フリークスを思い起こしたら、解説の時に、監督がフリークスの影響を受けたと言っていた。
マッドサイエンティストの植物と人間との合体がしたいと、何人も犠牲にしていく姿は、やりたいからやるというワケわからないのが面白がられていたが、731部隊とか、ナチスの時を思い出して、リアルに怖かった。あり得るんだと。
やりたいから、やる。ニーチェだなぁとか思ってしまった。
見世物小屋の住人たちは、役者さんとは言え、やはり考えるものがある。また、怖かった。
ここに出てきた人たちはいまなら治せる人もいるので、そういう意味でも複雑だ。
魚鱗癬は軽度もあるので、けっこう一般的な病気だったりするので、あの映像はきついだろうなぁ。
こういったタイプのホラーは、大阪では受けるのに、東京では受けないらしい。
今日は、映画館のエレベーター内で、おっちゃんにどこにおったんと話しかけられた。
こんなんひっくるめて、大阪やなぁと思う。

|

« こうなりゃ、ゲーム株青田買い(笑) | Main | ボストン美術館展に行く »

「映画」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/57364381

Listed below are links to weblogs that reference B級ホラーナイト:

« こうなりゃ、ゲーム株青田買い(笑) | Main | ボストン美術館展に行く »