« June 2013 | Main | August 2013 »

July 30, 2013

絵画彫刻の撮影

神戸ゆかりの美術館で行われているバックヤード講座に行ってきました♪

美術館、博物館巡りと写真が趣味の私にはぴったりの講座♪友人Aを誘い行ってきたのですが、思惑とは大分違うものでした。

プロが教えてくれる内容は、
カタログなど使う写真をどう撮っているかと言うもので、素人の私が教えてもらっても余り役に立つものでは無いけれど、何となく分かる語句を聞きながら、絵画や彫刻の撮影の大変さがよくわかりました。

アクリル板の写り込みを避けるのに黒いものでおおい、自分達も反射するので、黒いものを身につける。印刷物の色決定のため、マクベスという色見本をおいて最初に撮影。実際の色が分かるようになる。

何千画素の写真を扱い、その補正をしていくソフトを導入して行くのは、金額とソフトを使用する能力の限界が個人ではあるので、こういった仕事をする写真家は絶滅危惧種と言っておられた。

最後に持ってこられた写真の材料は西田真人さんの須磨アルプスの作品だった。
彼の神戸市立博物館に置いている作品が好きなので、こんなところでお会いできるとは思わず、嬉しいサプライズだった。

undefined
これは受賞した染まる街
好きな絵の画像は見つけられなかった…

| | TrackBack (0)

July 26, 2013

スルッとKANSAI 沿線発掘!しりとりラリー

スルッとKANSAI対象エリア内で、しりとり したすべての駅名標・バス停留所と一緒に 応募者本人が写った写真を撮ろう! スルッとKANSAI対象エリアマップはこちら巡った沿線の中で、応募者の方のおすすめ 沿線施設(1コース1カ所以上)と一緒に応 募者本人が写った写真を撮ろう!
例)観光スポット、公園、飲食店、ショッピン グモールなど巡った駅名・停留所名をテキストにして、 しりとりを完成させよう!

※以下のルール説明では、鉄道の駅、軌道(路面電 車)の停留所、バス停留所を合わせて「駅」と表記 します
■駅名の漢字・ひらがな・カタカナ・英語な ど、いずれも【よみかた】を「正」とする。
■同じ駅の複数回の使用は不可。 例:阪急電鉄の「梅田」、阪神電車の「梅 田」、大阪市営地下鉄の「梅田」は同駅扱 い。 ただし、近畿日本鉄道「近鉄丹波橋」と京阪 電車「丹波橋」等のように一部駅名が重複す る場合は別駅扱い。
■駅名標とエリアマップの表記が違う場合は、 駅名標を「正」とする。
■「○△センター」→【た】伸ばす前の音。
■「○△ン」→しりとり終了。最終駅のみ可。
■「○△しゅ」→【ゆ】。
■「○△ぴ」→【ぴ】又は【ひ】【び】。
■「○△だ」→【だ】又は【た】。
■「○△(○×)」→副駅名(○×)は駅名に 含まない。 例:南魚崎(酒蔵の道)→みなみうおざき
■鉄道「京都」→【きょうと】、バス停「京都 駅前」→【きょうとえきまえ】はOK。
■駅名標・バス停の記載が略称であっても OK。 ※バス停「○△1」(正式名称「○△1丁 目」)→【ち】又は【め】
■※写真撮影の際は、走行する電車やバス、自動 車に充分ご注意ください。またほかのお客様の ご迷惑とならないようお願いいたします。
※応募者ご本人の写真は全行程を通じて同一人 物に限ります。
※同じ駅の組み合わせで複数コースの応募はで きません

http://www.surutto-rally.com/

って、関西の駅の語尾は
わ、え、た、ち、し、まが多いのに、
和知、江坂、谷上、中央市場前、新長田、丸山しか浮かばない…

思い付くものをやってみると、
あびこ、駒ヶ林、新長田、谷上、みなと元町、中央市場前、江坂、関西国際空港、打出、天神橋筋六丁目、妻鹿、亀山、丸山、

止まった…
みんなもどこまで出来るかな♪

| | TrackBack (0)

July 22, 2013

嘉門達夫さんの30年Expoに行ってきました♪

万博記念公園で13時30分開場で、屋台付きのコン サート!!

エスコヤマやだるまとかの名店が出てい て、食博のような行列だったけど、美味しいのに ありつけ楽しかったです(^O^)/
ゲストに色んな人たちも来ていて、スタレビの木蓮の涙とさんまさん、嘉門さんの懐かしの名曲よかったなぁ。


やっぱり、嘉門さんの歌は
鼻から牛乳の
若いおとうさんなんだ!!
お、お父さんの2歳の時の子なの
が一番好き(笑)子供がいるから歌ってもらえな かったけどね。
千手観音の往復ビンタって、あったら怖いセレ ナーデだっけ

undefined

undefined

undefined

undefined

undefined

| | TrackBack (0)

July 18, 2013

怖いなぁ

携帯アドレスに迷惑メールがきたので、迷惑メール拒否設定をしたのだけれど、来るので、ドメイン拒否をしても、同じようなメールが来る。
どうやら、ドメインも一部違ってやって来るので、ドメイン一部だけ入れてドメイン拒否を行った。
また来るかもしれない。

今までは、アドレス拒否だけでも大丈夫だったが、これはちょっと違う。
帰ったら、携帯アドレスをログインしているもののパスワードを変えておこうと思う。
いったいどこから情報がもれたのか。
変なサイトにアドレスを書き込みしていないので、流出があったところに登録されていたってことかなぁ。

先日、友人がFacebookに他人のパスワードを簡単に取得できる方法の記事を紹介したので、私もシェアしたのだが、
そこに紹介された手口は、パスワードを忘れた時の質問の方が、質問数が少なく、答が似かよっているものが多いというもの。
知り合いのアドレスなら、簡単に答が分かり、そのあとパスワード変更が行えると言う。
大体は、問い合わせするとメールが送られ、そのメールのリンク先になるのだが、そういうのがないところは、パスワードを変えることが出来たり、変更前のアドレスが表示されていたりして、次々と怖い結果が起こってしまうと言うものだった。
そういう内容は、一般的に知られているものなのかもしれないので、私が危険認識が薄かったのかもしれない。
今日の新聞に、niftyの流出が載っていた。18日以降、流出したアドレスに報告が入るとのこと。

早速、迷惑メールのタイトルを検索すると、今年の5月ぐらいから、ブログとかで紹介されている。
嫌だなぁ~だまされる人いるのかなぁ。

| | TrackBack (0)

July 15, 2013

人生を彩る

ティーストレーナーが駄目になったので、購入してきました。
普段使いに好きなものを使うと朝から素敵な気分になります。
シリアル用ボウルが違うのは、私らしいかも

undefined

| | TrackBack (0)

July 14, 2013

哲学カフェなるものに参加してみた

何で生きているのか?

手のが、私の永遠のテーマのようなんですが…

昨年から、自分の行動範囲を広げるキャンペーンをしていて、
今まで遠くて行かなかったところに行くと言うのもあるのですが、
自分から行かなかったところにも出向くということも行っています。

なんというか、人の影響を受けすぎていて、友人がいると言うのは有り難いことだけれど、友人たちが言ったことをそのまま自分の気持ちにもなっているのではないか
影響という言葉よりも、違う考えをもってはいけないのではとか

例えば、かわいいとか、美味しいとかの感情でさえ、自分の答なのか分からなくなってきている

何となく、そんな自分を突き詰めていく勉強に、哲学カフェなるものに参加した。

とある雑誌の哲学特集に紹介されていた哲学カフェ
知識もいらないとのことなので、どんなのか参加してきました。
興味深く聞くことが多く、博学の方々が多いので、世界が拡がって、聞いているだけでも面白かった。

ダークマターと神の存在での「確認」の違い

∞-∞=∞で、0ではないのですね…
∞-偶数=∞は、何となく分かる

単音だと暗い音楽になる

行くまで迷子になっていたら、私の好きな古い風景
絵を描いている人に断りを入れて、写真を撮らせて頂いた。

undefined

undefined

undefined

undefined

undefined

undefined

| | TrackBack (0)

July 13, 2013

柳田國男の故郷70年

婦人大学の公開講座で園田大学教授の柳田國男と兵庫の民俗学を聞きに行く。

友人Tと行く予定だったが、一人で行くことになった。
婦人大学は60歳以上の女性が入るところだから、受付で他の部屋の方を教えられた。
こんなことを書くぐらいだから、60歳以上と思われたらって思ったけど、
会場に入ったら、やっぱり、全然違う。
母親の世代といったら失礼かも知れないけど、違うことを感じる。

どこが違う?
服の色、髪の毛、後ろ姿で同じぐらいと思っても、振り向いたら違う。
同じようにほうれいせんが出来て、老化の課程にいるけど、年数で変化は顕著に現れる。
おばばさまを見てるけど、集団になると違うなぁ。
勉強になるなぁ。みんな素敵だなぁ。
この人たちに負けないように、綺麗に年を取ろう。
婦人大学に入るぞ♪

柳田國男は兵庫県の出身
13歳で転居しているのに、高齢になられてからの聞き取りでは、素晴らしい記憶力で、故郷70年という書物が神戸新聞でまとめられている。
詳しくしらなかったのだが、県民だったこともしらなかったが、本人が遠野で聞き取りしたわけでもなかったことを初めてしった。

彼は田山花袋などと友人で、文学仲間との話で遠野出身者から聞いた話をまとめたのが、遠野物語だったようだ。
当たり前だと思っていたものの理由を求めて集めていく民俗学
先日聞いた田辺教授の話といい、今行っている神戸の地誌の講座といい、土地の情報って面白いなぁ

柳田國男の著作権は昨年切れたようで、安価でたくさんの本が出ているようだ。
転勤したら電車の時間が長くなるので、本がさくさく進むかな…

| | TrackBack (0)

July 10, 2013

夜の異人館で聞く怪談


怖いので私は無理ですが、こんな催しやっています♪


夏の夜を「怪談」で遊ぶ・・・あなた はどの館から始めますか?

2 日間限定

日 時 2015年8月8日(木)・9日 (金) 二夜連続

開 場 18時45分

お祓い : 19時10分 頃 (5〜10分間) 怪談 : 19時30分 開始 (終了20時45分頃)

場 所 うろこの家(野外) ・ うろこ美術館 ・ 山手八番館

料 金 一夜 : ¥2,500 二夜 : ¥5,000

内 容 うろこの家 にてお祓い をうけた後3グループに分かれ、それ ぞれの「怪談・館」へ 向かいます。 各館にて プロの語部 (FMパーソナリティーや朗読劇役者、 ナレータなど)による怪談 を楽しんでください。 一夜に三話以上のお話を 聞くことができます。

うろこ美術館 : グリム童話 うろこの家 庭 : 実話に基づく怪談 山手八番館 : 都市伝説

演出・協力 丸尾 拓(Gフォレ スタ)

http://kobe-ijinkan.net/index.php?id=126#type001_126_8

| | TrackBack (0)

こんな神戸知ってる♪

KIITOと言ってもなかなか思い付かない神戸っ子が多いと思う
フラワーロードも、西は知っていても、東側に何の建物があるかが浮かばない人も多いはず

ルミナリエで東公園には行くのに、東公園の東向かいに何があるか何て答えられないだろう

答は、創価学会の建物である。その東隣にも、立正佼成会という霊友会ともいわれる建物がそびえ立っている。
確か三ノ宮駅北側に幸福の科学があった。
意外と知られていないと思う。

その南側が最近頑張っている

undefined
見たことない神戸の景色でしょ

undefined
ここは、いちばん短い国道


undefined
最近、イベントとかやっているみなとのもり公園


undefined
神戸税関 この風景みたら、どこでも絵になるなぁと思ってしまう

undefined

| | TrackBack (0)

July 09, 2013

やるっきゃない(^-^)ゝ゛

今日から試験に向けて、講座に通い始めました。
合格率3割のところ、ここでは昨年26人中1人しか受からなかったとのこと

あかんやん

講座代金が安いのに惹かれたので、その一人になるように頑張らなきゃ♪

来年になると3年目になるので、転勤がやって来る。
また、転職!Σ( ̄□ ̄;)とビックリされようが、おばばさまが仕事辞めたら、すぐに老いがやって来ると思うので、遠くに通っていられなくなるかもしれないから、とりあえず、転職に少しでも有利になるように

でも、講座を受けて、ちんぷんかんぷん

25人は間違いない

頑張らなきゃ

会社の新人さんは、副業が多数あるようで、お金に縛られない生き方をしている

羨ましい…

夢や理想を叶える人と叶えない人

大事なものを忘れてきたかなぁ


| | TrackBack (0)

July 01, 2013

ρ(・・、)

何となく思うけど

お昼にシダックスで唄って、帰りに弓道行って

めっちゃくちゃストレス取れているはずなのに

生きていくことってしんどいよね

毎日惰性でただ生きていて、置いてきぼりに自分の気持ちをしているのかと思っていたら
その中身は、空っぽだった

何にも考えない様にしているんではなく、最初から何もなかった…

何もないので、必死に何かを埋めようとしていた

きっと、何かを手に入れたり、好きな人と結ばれたりしても一時的に
セロトニンが分泌されるだけで、
何にもなかったところを埋めていくわけではない

もっと、自分を大事にしたら埋まって行くのかなぁ

| | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »