« 慰安所職員の日記 | Main | 少年H »

August 13, 2013

星に願いを

今日のペルセウス座流星群は、1時30分に夜空を眺めたのですが明るい空に星が全く見えず、何も恩恵に預かれませんでした。

会社のTBさんは5つほど見えたとのこと
その時間はあっというまで、お願い事を3回言うことは不可能だったとか

確かに、肉眼で何十センチかの星の軌跡がに時間があるとは思えない。

とりあえず、願い事を吟味していこう

仕事をやめて、もっと給料の高い楽な仕事に変えたいというのが、サラリーマンの夢と思うが、それを短くすると
お金をいった方が早いのではと思います。

あと、平均寿命まで50年とすると、年間400万円が平均年収なので、贅沢言わず計算すると、
20000万円と言うことで、

2おく当たれ

が3億より1文字少ないので、よいのではと思うのですが

におく当たれ、におく当たれ、におく当たれ

タイムを測ると、約2秒

次回の流星群は、どっかのイベント会場かな


今日の射手座は12位だった。
先週木曜日からのめちゃめちゃ困った案件の報告書を色々邪魔されながら作成
これでお金が降りたら、1ステージはクリアになるけど、上から救いの手が伸びて、報告書が一気に課長まで話が飛びそのまま支社に話が行きそうで、思いがけない大どんでん返しになりそうだ。

で、同じ机の島の女性のTBさんに癒し系だから、カフェをしたら入り浸ってるよと言われ、

いい1日で終わった。
これも星を見ようとしたおかげかな

|

« 慰安所職員の日記 | Main | 少年H »

「わたしの頭ん中」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43685/57987092

Listed below are links to weblogs that reference 星に願いを:

« 慰安所職員の日記 | Main | 少年H »