« November 2014 | Main | February 2015 »

January 21, 2015

メビウス

2015年観た映画の最大の衝撃作になるだろう。
キム・ギドク監督作品なので、最後まで座席に座ったが、精神的に怖すぎて、体が震え、逃げ出したかった。
セリフがなく進む映画でこんなに、考えが分かるのもスゴかったが、とにかく、斬りものの恐怖で、苦痛を味わった。最後どう納めるのか。誰が一番悪いかというのも分からないのが、映像には出てこなかったけど魅力だった。
最近、園子温監督に傾倒しかけていたけど、やっぱりキム・ギドク監督凄い!!そして、怖い!!

| | TrackBack (0)

January 17, 2015

仕事のこと

昨日、同じ職場の人から、ランチの時間に話す内容が、自分の考えと合わない人から、仕事がいかにも自分と差があり、大した仕事をしていないのに、遅く迄忙しくやっているみたいに、思われてしまうようなことを言われて腹が立つという話をされた。一番嫌なのは、何も仕事内容が分からない人が、関係者に話してしまうのが辛いとのこと。

今の部署は前の上司と違って、何をやっているのか知ろうとされておらず、出世の通過点という感じが見えるため、近い人たちからの話が、評価になりやすいと思われがちなこともあるから、評価が気になるのだ。

その人は仕事を頑張っているし、うまくまわしているし、仕事ぶりを見ている人なら、間違った評価はされないはずだ。
そんな人が言われもないことを言われるのは嫌な話であるが、そこまで気にしなくてもいいのではないかと思われる。
自分が足りないと思うならいざ知らず、評価が異なると思うなら、この会社にいる価値は無いのではないかと思うのだ。
私も100も承知で、簡単にいまの条件と同じ会社が見つかるとは思わないし、年齢も環境も再就職には問題が多すぎる。しかし、マトモにやっているものを疑いもせず、評価を下げるような職場なら、この先こう言ったストレスはどんどん増えていくだろう。
自己評価が高い人はこの内容には該当しない。
単なる正論ではあるが、話した人は喋ってスッキリし、私の意見が自分の受け入れるものだったから、気分が変わったようだが、

私も同じ思いにもなるような内容なので、客観的な自分の意見をその時に思い出せるようにしたい。

なぜその様な考えを持つかというと、
今の雇用される側が、卑屈でいるのが問題があるのではないかと思うからだ。

仕事が無いから、少しでもよい雇用条件のところにしがみつくしかない。
本当は誰でもいいから、たまたま自分が選ばれた。
ではなく、Winwinで手を結んだ会社なのだ。
条件が合わないなら、会社に働きかけ、最低でも労働基準法を守るよう会社にいわなければならない。

自分の評価が自分で低くしているのか、本当に必要とされる人材としての意識が無いのか

どんな仕事であっても卑屈になってはダメだ。
自分は必要とされる人材になれば、どこでも行ける自信がつく。

と、自分に言い聞かせるのであった。

| | TrackBack (0)

January 15, 2015

神戸の美味しい店 その24 2014年版(1)

昨年食べた美味しいお店を紹介しますね!

RESTAURANT Sivelli シベリ

落ち着いたお店です。食べに行ったときに、元神戸製鋼のラガーで私でも知っている人が隣席にいました。
Img_4361Img_4362Img_4363

Img_4364_2

今井やん

Dsc_0069
新長田の丸五市場の中にあるトマト鍋が有名なお店。友人に美味しいといわれ行って来たら、お出汁が最高!
量も多く、女子5人で行ったのですが、3人分でも十分でした。


くいどうらく
Dsc_0092 坂越のくいどうらくを並んできました。牡蠣大好きなんで、毎年車に乗って牡蠣を食べに行くのですが、2014年も室津に日生と行きまくってきました。今回は友人が連れて行ってくれたくいどうらくで幸せになってきました。2014年暮れには須磨に店ができて、今度食べに行くのですが、楽しみです。

田菜花

新在家の割烹 入りやすく美味しかったです
Img_4400Img_4401Img_4402

Img_4403Img_4404Img_4405
Img_4406


マイスター工房八千代
Dsc_0104 前にも紹介したかもしれませんが、小野にあるみずみずしい巻きずしを作っているマイスター工房。よく大丸新長田店がとりよせてくれていましたが、今神戸に置いているところは毎回行列です。これを書いている今日も家族が買ってきてくれたので美味しかった。

魚菜 おかずいろいろ
Dsc_0107_c 長田にある駒ヶ林駅の近くのお昼しか開いていないお店ですが、美味しいので連日いっぱいです。


ユメノマド
ゲストハウスに併設されたカフェ。コーヒーも美味しいが、兵庫区で作られている通販でしか買えないチーズケーキがここで食べられる。
Img_4661_aImg_4671_a

| | TrackBack (0)

January 09, 2015

私の映画総決算2014

印象に残った映画館での出来事、

いつも座席は割と前方の中央を選ぶのだが、
カウンターで選んだ時には私の席の周りには誰も居なかった。

開場時間になっているので急いで入ると、入口のところで60前後の女性がスタッフの人に苦情を言っていた。

私の席は一つあけて両側に男性の方が座っていたのが、
入口の女性が私の右側に座り、スタッフがやってきた。
どうやら、その女性の右隣の人が女性に文句を言っていたようで、
やってきたスタッフに
「あんたらもあんたらや。こんなに客がいないのに、わざわざ一つ空けてとった人の間に座ろうとするときに注意せなあかんやろ」と言った。

耐えかねた隣の女性は荷物を持って私の左の方に向かったら、私の左に座ってしまった。
その左隣にいた人は席を立って他に移ってしまった。
私も移りたいよぉ。

もう一つ隣席の話。
知らない人に話しかけられるのは、エレベーターから電車・バス、相席まで多々あるが、
満員の観客になった「8月の家族たち」の上映前、
右隣にいた70代後半ぐらいの女性から「ひとりでよく観に行かれるのですか?」と聞かれた。

始まるまでの間、ミント神戸のような大衆的映画をかける映画館に来たのは初めてで、この映画が好きなフランス映画のように思えたのでここまで来た、夫が映画に興味を示さないが、淀川長治さんがいた神戸なので、映画は映画館で観ないとなどなど映画が始まるまで語られて、
終わったら会釈をしてお別れした。
面白い時間だった。

1位ダラス・バイヤーズクラブ 
2位ゼロ・グラビティ 
3位永遠の0   
4位ジャージー・ボーイズ  
5位ラッシュ/プライドと友情   
6位アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜
7位アデル、ブルーは熱い色  
8位チョコレートドーナツ     
9位インターステラー
10位オール・ユー・ニード・イズ・キル

主演男優賞 マシュー・マコノヒー「ダラス・バイヤーズクラブ」「インターステラー」 
助演男優賞 ジャレッド・レト「ダラス・バイヤーズクラブ」
主演女優賞 アデル・エグザルホプロス「アデル、ブルーは熱い色」
レア・セドゥ「アデル、ブルーは熱い色」
助演女優賞 レイチェル・マクアダムス「アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜」
新人賞    カイル・キャトレット「天才スピヴェット」
美しい人賞  アナマリア・ヴァルトロメイ「ヴィオレッタ」
監督賞    アルフォンソ・キュアロン「ゼロ・グラビティ」


ついでに今現在の私がいいと思う映画 「まぼろしの市街戦」「スタンド・バイ・ミー」「雨に唄えば」「サウンド・オブ・ミュージック」「お熱いのはお好き」古い!
好きな監督 園子温 キム・ギドク エミール・クリスリッツァ クリント・イーストウッド 中島哲也 テオ・アンゲロプロス 伊丹十三 ビリー・ワイルダー
好きな男優 瑛太 反町隆史 好きな女優 堀北真希 井川遥 う~んきっと顔だけ・・・

今年が一番難しかった。6位以下は他にもランクインさせたいいい作品がいっぱいあって、書いていたら20位までになってしまったので、泣く泣く10位で切った。私は先読み大好きなので、映画を観ながら先の予想を当ててしまうと、いい映画でも私のいい映画ではなくなってしまう。「鑑定士と顔のない依頼人」は最初の段階で読めてしまい、気が付かなかった人はすごい感動ものだったみたいなので、すごく損をしてしまった。で、今回は予測つかない展開や演出の映画ではない映画にひかれてしまいました。実話の「ダラス・バイヤーズクラブ」「ジャージー・ボーイズ」「ラッシュ/プライドと友情」と、SF映画が入っているのが今年の私の特徴かもしれません。ラストが予想できる内容で、うまくまとめられてのラストシーンでした。

映画館等で観た映画
1.永遠の0 2劇場版 SPEC〜結〜 3.ゼロ・グラビティ 4.ハンナ・アーレント 5.ブランカニエベス 6.鑑定士と顔のない依頼人 7.ジャッジ 8.黒執事 9.太陽に灼かれて 10.KILLERS/キラーズ 11.アイム・ソー・エキサイテッド! 12.ラッシュ/プライドと友情 13.ウルフ・オブ・ウォールストリート 14.母の身終い 15.おじいちゃんの里帰り 16.地球防衛未亡人 17.さよなら、アドルフ 18.ダラス・バイヤーズクラブ 19.キック・アス/ジャスティス・フォーエバー 20.ガリガリ博士 21.神弓-KAMIYUMI- 22.王になった男 23.アナと雪の女王 24.LIFE!/ライフ 25.はじまりは5つ星ホテルから 26.それでも夜は明ける 27.ウォルト・ディズニーの約束 28.フルートベール駅で 29.アデル、ブルーは熱い色 30.ITECHO 凍蝶圖鑑 31.ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII 32.白ゆき姫殺人事件 33.8月の家族たち 34.グロリアの青春 35.そこのみにて光輝く 36.ある過去の行方 37.ワレサ-連帯の男- 38.北朝鮮強制収容所に生まれて 39.地の群れ 40.シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど 41.チョコレートドーナツ 42.ブルージャスミン 43.オ―!ファーザー 44.グランド・ブダペスト・ホテル 45.ポンペイ 46.渇き。 47.オール・ユー・ニード・イズ・キル 48.超高速!参勤交代 49.her/世界でひとつの彼女 50.300 帝国の進撃 51.武士の献立 52.相棒 -劇場版III- 巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ 53.小さなおうち 54.トリック劇場版 ラストステージ 55.クルーレス 56.グォさんの仮装大賞 57.ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 58.ヴィオレッタ 59.るろうに剣心 京都大火編 60.GODZILLA ゴジラ 61.闇の中の光 62.サンシャイン/歌声が響く街 63.エル・トポ 64.ホーリー・マウンテン 65.ホットロード 66.収容病棟 67.リアリティのダンス 68.ぼくを探しに 69.クィーン・オブ・ベルサイユ大富豪の華麗なる転落 70.NO 71.イヴ・サンローラン 72.バチカンで逢いましょう 73.旅人は夢を奏でる 74.るろうに剣心 伝説の最期編 75.レッド・ファミリー 76.アンナプルナ南壁 7400mの男たち 77.大いなる沈黙へ 78.小野寺の弟・小野寺の姉 79.ジャージー・ボーイズ 80.リヴァイアサン 81.天才スピヴェット 82.アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜 83.ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2 84.ショート・ターム 85.フランシス・ハ 86.6才のボクが、大人になるまで。 87.フューリー 88.寄生獣 89.ベイマックス 90.インターステラー 91.海月姫

| | TrackBack (1)

January 03, 2015

リアリティのダンス

 アレハンドロ・ホドロフスキー監督は、私の琴線に触れる系統の監督で、85歳の御年なれど、次回の作品が楽しみだ。
この作品は監督の自叙伝を扱っているのだが、その中にも不思議な世界が吹き込まれていて、映画の世界に吸い込まれる。子供の時に出会ったいろんな人たちが作品世界に大きな広がり、または異空間を繋げたのだろう。シューレアリズムを映画にしたという感じだ。

主人公の少年の金髪のカツラ姿が美しく、母親の歌いながらしゃべる姿、夫の伝染病を治すために神を宿す行為のあのカメラアングル、肢体不自由な人たちがわらわら。やばい、大分前に観たのに、脳内にいっぱい残っている色んなシーンがぽろぽろ出てきた。私のよい作品の定義だ、シーンが残っている。先の「収容病棟」といい、変な映画好きと思われてしまう。観た映画の中でごく少数なのに。

| | TrackBack (0)

ハンナ・アーレント

 私の好きな時代ナチスドイツ関連映画で、これに対となす「スペシャリスト~自覚なき殺戮者~」で描かれた南米でモサドに逮捕されたアイヒマン裁判を傍聴、雑誌の記事を書くという話だ。
アーレントはドイツに生まれのユダヤ人哲学者で、ナチスと親密だったハイデッカーに師事していた。そんな彼女が周りのユダヤ人の心情と逆らうような内容の彼女のレポートは波紋を呼んだ。彼女もスペシャリストであったという作品だ。大いに思考させられる作品で、是非とも両方併せて観てほしい。アドルフ・アイヒマンの仕事が心情を度外視して考えられる内容かということも併せて感じ取ってほしい。
いかに彼女が筋を通していることか。このレポートでは、映画にもなったカティンの森や広島・長崎の原爆などの勝利者の犯罪が裁かれていないことも問うている。

ハンナ・アーレント(DVD)

ハンナ・アーレント(DVD)
価格:4,096円(税込、送料別)

| | TrackBack (0)

January 01, 2015

インターステラー

 食糧難になる未来の地球は、終わりを告げ始めていた。土星近くに出来たワームホールを通って、地球の成分に似た星を見つけた探検者達を探しに行くために、元宇宙飛行士だった主人公が家族と別れて宇宙へと旅立つ映画だ。こういった内容にどのようなラストが導きだされるのかが魅力かもしれないが、この中で描かれているのは、親子の愛とSF考証に基づいたしっかりしたストーリー展開の妙なのだ。
 私の場合は土星のワームホールまでコールドスリープが2年、目的の星に行って戻ったら、23年経っているなどの数学的にどうなっているんだと考えながら観るのが面白くなってきた。また、ワームホールやブラックホールの視覚効果が斬新に思えない分、本当の世界だった。映画の中で出ていたもので、実際に実用化されているものはきっとコールドスリープだけかもしれないけれど、きっと理論通りに作られていると思ったので、検索してみたらワームホールの第一人者がSF考証にあたっていた。だから、余計に面白かったんだ。

| | TrackBack (0)

« November 2014 | Main | February 2015 »