July 30, 2013

絵画彫刻の撮影

神戸ゆかりの美術館で行われているバックヤード講座に行ってきました♪

美術館、博物館巡りと写真が趣味の私にはぴったりの講座♪友人Aを誘い行ってきたのですが、思惑とは大分違うものでした。

プロが教えてくれる内容は、
カタログなど使う写真をどう撮っているかと言うもので、素人の私が教えてもらっても余り役に立つものでは無いけれど、何となく分かる語句を聞きながら、絵画や彫刻の撮影の大変さがよくわかりました。

アクリル板の写り込みを避けるのに黒いものでおおい、自分達も反射するので、黒いものを身につける。印刷物の色決定のため、マクベスという色見本をおいて最初に撮影。実際の色が分かるようになる。

何千画素の写真を扱い、その補正をしていくソフトを導入して行くのは、金額とソフトを使用する能力の限界が個人ではあるので、こういった仕事をする写真家は絶滅危惧種と言っておられた。

最後に持ってこられた写真の材料は西田真人さんの須磨アルプスの作品だった。
彼の神戸市立博物館に置いている作品が好きなので、こんなところでお会いできるとは思わず、嬉しいサプライズだった。

undefined
これは受賞した染まる街
好きな絵の画像は見つけられなかった…

| | TrackBack (0)

October 24, 2007

デジカメ購入

うちのデジカメがダメになりました。確認する画面が映らなくなったりしていたのですが、直ったりしていたので、そのまま頑張ってくれと、持っていたのです。しかし、グローバルチャリティの際、山本通りにある商店街を写したら白くなって、これから、大好きな商店街や市場をここで紹介していこうと思った矢先だったので、すぐに購入を決意。自分のお誕生日に赤い縁取りの眼鏡を買おうと思っていたのを諦め、31,000円出して買ってきました。
これが、デジカメで撮ったうちの新入りのデジカメです。
Img_0001

やはり、一号機にはデジカメという名前を与えていたので、こっちはくろという名前にしました。やっぱり、画像に線が見えていますね。

で、うちのくろが撮った最後のデジカメの画像です。うい奴でした。
Img_0005

 いつも、相談したいときにいっぱい情報をくれる所に買いに出かけました。
 気になったのは、バッテリーを次のにも利用出来るものでした。しかし、各社軽量を目指しているために同じバッテリーは使っていないとのこと。私がデジカメを購入したときに、データが今後どれがよく使われるのかと聞いたところ、SDカードだと言われたので、SDカードの機種を選んだのですが、今では当たり前のSDカード。ここの店員さんはよく勉強しているので、何を聞いても参考になる。
 今後、デジカメの一眼レフを買っていくのか、毎日愛用するサイズで両方を兼ねるのか考えたのですが、光学12倍とかの小型軽量が出ていても、バッテリーの持ちが悪い単三乾電池使用になるため、今回は、毎日持てる方を重視しました。うちのデジカメの新しいタイプが出ていたりするのに、バッテリーが使えないなら、CANONじゃなくてもいいかなと、同じカメラメーカーのキムタクがCMをやっているニコンを見たのですが、同じような内容で、少しばかり金額が高い。それと、くろにした理由は、一番大きいサービス
ファインダーが付いていることです!
携帯電話の画面でもそうですが、天気が良すぎる日は、画像がよく分からない。このレベルではニコンにファインダー式が無く、くろを買ったと言うことです。

 さて、31,000円はお得だったのか?
価格comなら、57位って所ですね。一番安いところで21,000円。前のDVDレコーダーの時のようにじっくり考えて決めたら、若しくはメールしたら、安くなっていたかもなぁ。でも、まぁ1万円の価値もあるのかどうかは分からないけれど、地元企業を応援しているので、よしとしよう!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 08, 2007

また、手帳と財布だ!

2年前にさんざん悩んでバイブルタイプの手帳を購入した。その頃は営業等(HPを作ったり、○○監○)をしていたので、そのサイズでも必要であったのだが、今は信じられないぐらい定時に帰っているような仕事をしているので、そんなどでかい手帳はいらない。鞄が重たい、しんどい、という苦痛から解放されようと、6穴に替えることにした。
そうすると、以前持っていたヴィトンがまだ使えるので、これを使うことにした。
あとは、中身だ。
6穴は一番種類が多い。女性に人気のサイズだから、可愛いキャラクターの月間予定表とか色々種類が出ている。でも、色々見たのだが、月の後に2週間両開きの週間予定表が付いたものが欲しいとなると限定されてしまう。可愛いリフィルではないのだ。仕方なくいつも買うようなスタンダードの棚に。私が考えていたのが2種類有りそれの薄い方を選んだ。あと、住所録。以前の残りが足らないので買おうとしたら、以前と同じものが売っていたのでそれを購入。あとは、映画のチケットが入るサイズの袋のリフィルと写真が入るのを購入。

 年に何回か新たな気分にさせて貰える。
 1月、4月、9月、そして来年の手帳を買って、来年を夢見る10月。
 最近は住所録に記入するのも変わってきた。あうことがある友人達はすべて書いていたが、やはりデータを持ち歩いているわけだから、落とした時を考えると何でも書いていいわけがない。携帯を落としたときに連絡をしないと困るような相手と、何か郵送したりする相手のものだけ書くことにしている。
 あと、財産面だが、落とした時用に、連絡先等を書いておかないといけないし、たまに見て人生設計しないといけないから、書いている。それも、数字の羅列で私にしか分からないように、この手帳にも新しく書かなければ。
 あと、食べに行きたい店を書かなきゃ。結局書いても今まで貧乏だったから行っていないけれど、書いて、行ってこよう。
 あと、ちゃんとやりたいことを書いてそれを実現させないとダメだね。よく手帳で夢を実現って本がいっぱい出ているけれど、私は全然ダメ。もっと、手帳を活用しないと。

 財布だなぁ。アニエスbの黒の財布を使用している。まだ使えるので購入するつもりはない。財布の中身を減らそうと思っているのにどんどん増えている。カード類もたくさんある。年会費がいるから、同じカード会社のは止めようと思って結局止めていない。あと、PITAPAとかも入ってしまった。これが便利なのだ。後払いだし、買いに行く手間がいらない。安いチケットを買ったときは使用しないけれど、兎に角便利になると、ものは増えるのだ。

 あと、携帯だが、先日、デジカメと携帯を一つにしちゃえと思ったけれど、やはりそこまでの機能はない。手帳と携帯も一つに出来ないのだよ。ものが挟めないし、書き込みが手間だから、携帯一つで・・・ってのはまだまだだ。
但し、11月から携帯の正規の値段に変わると聞いたから、今の黒をもう一つ新しいN703iDにしとなかいとと、5千円ぐらいの所を探している。本体が何万になるのはイヤだもんね。

| | Comments (6) | TrackBack (3)