July 07, 2016

姉の結婚

西炯子先生の作品
この半年の漫画遍歴で、今は姉の結婚にたどりつきました。
きっかけは、ポーの一族フラワーズに新連載
訪問者のおまけに中坊以来の漫画雑誌買い込み→とりかえばやの「私がつわぶきに襲われ子を宿した場所」ってセリフ→とりかえばやって男になっているときに、友人に襲われていたのぉ~→大人買い→はまる→最終巻からの先が気になり、1500円もしていたフラワーズ6月号をGET(ここまでくると馬鹿だ)→8月号のBANANA FISHクリアファイルまでGETして→連載中の西炯子先生が気になって→姉の結婚、大人買い

この作品は、読者が何か言いたくなるようなことが、感じさせられることがいっぱいある
現に2チャンネルの中身は、上半期はまった森本梢子先生ともさいとうちほ先生とも違う
作品に対して、こんな恋愛はおかしいと、経験から得た答えを書き貫く人が多い

自分や友人たちの恋愛経験、本や映画の疑似体験を経て、恋愛に物申せる

私は、
女の恋愛は受け身だと思う
こんな私でも自分からガッツリいけない
それは、最後の方で彼女も語っていたいつか終わりが来ることが怖いからだ

愛なんて3年で覚めるというけれど、
相手がどんなに愛情をもって接してくれても、別れたくないと激しい衝動を起こされても
その人の愛のラストが約束されているのに、いつもまでも未来の寂しさを味わいたくないのだ

女がみんなとは言わないけれど、そんな寂しい生き物と思う

男性の遺伝子が自分の優秀な種を残すために、より良い相手をGETするために狩りをするなら
女性の遺伝子は、たくさんの優秀な遺伝子を生むために数は多い方がいいようになっていると思う
だから、固執するのは実は男性側で、嫉妬深く思われがちだが女性の方がドライじゃないかと思う
それは、昨今の殺人事件が殆ど男性による犯罪からも言えるのではないかと思う

別に、普通の結婚をして幸せに生きている人が一般的なので、私の勝手な説だが
でも、追いかけられるほどに、その愛を受け入れた後の失った大きさは考えられないほどつらい

自分から早く冷められるなら、簡単に覚められるなら、こんな苦労はしない

「君はほどほどの愛しかしらない」と真木はいう
傷つくのが怖いのかもしれない

この作品は、大人の恋のおとぎ話である
イケメンで医者で高収入、子供の時から主人公を思い続けているという設定は、リアルにはまぁ少ないだろう
自分の中学生時代の同級生が大人になって出会って、思い続けていた人と結婚、やっぱり思い浮かばない

だから、2ちゃんねるでたたく人がいるのかな

夢でもいいじゃない
もてる服を着て、たくさんの男性からいい人を見つけようとする主人公の努力も、妻帯者の真木を忘れられず、自分の中で昇華しようとする姿は、リアルな私たちと同じだと思う
ただ、真木みたいな男性が周りにいないだけのことなのだ

何度も怖くて逃げてしまう主人公をいつまでも追いかけてきてくれる人はいないとは思うけどね

私も真木のような真剣に向き合ってくれる人がほしい
「誰かと一緒にいるのは あなたにとってとても苦しいことなのだと思います」
「しかし、その苦しみさえも分け合える間柄を夫婦というのだと僕は思うのです」


私は、これ読んで、「いつか読書する日」と「髪結いの亭主」という映画を思い出した。
二つとも大人の恋愛で、愛は救われないラストだ。
悲しい最後は、私には辛すぎる。
この漫画は主人公が幸せになれてよかったです。

ところで、この作品を描いた西炯子先生は、なんと、ナイトスクープにチチアスの製造年月日は蓋に書かれているかの依頼者でした。
主人公とは違うタイプの方でした。漫画家は奥深いですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2016

私の難しいはなし

昨年12月に今までの人生で一番のショックな出来事が起こった
それは今も継続中で、
でも、今日次の段階に進んだ
進んだことはいいことではないけれど、進んだので、少し気分が楽になった

あまりにもショックで、家でも会社でも
何にも考えられず
真っ白だった
調べるだけ調べた後だけど

会社では、私よりも若い上司に
「出来るとは聞いていたけど、出来ますねぇ」とおだてられて使われていたのが、反省することが立て続けに起こって、その上司に別室に呼び出されて注意を受けるまでになった

本当に真っ白、何にも考えられない

人間考えてもどうにもならないことは、考えないように出来るけど
他のことも考えられなくなるのだなぁ

いつか、ここにもよい結果で終わった事を書けるようにしたいが

今書こうとしているのは、
真っ白な日々中のプラスの出来事

何にも考えずにいたいと思った
頭のなかに悪いことがいっぱい広がって、泣いて泣いてつらい

ゲームをほとんどしない私が、家にいる間ツムツムをやり続けた
こんなことをしていてはいけないと、ツムツムをやっと止められたころに、
ごくせんで有名な森本梢子先生の「高台家の人々」の平積みに手を伸ばし
余りの面白さに、「アシガール」まで大人買い

ツムツムを止めるために、回数が増えていった麻雀格闘技倶楽部のゲームが夢中になり、
でもこの先、悪い方向に進むなら、転勤は出来ないから、転職用に、資格を取ろうと今年から勉強しようと思っていたのが、
読む打つを続け

とうとう、麻雀格闘技倶楽部の大会で、上位10%までになり、大会を終え

仕事の方も何とか真っ白から脱出

でも、家ではこんなことをやっていたら駄目だぁ
としていたら、今度は負け続け、貯めて8,000以上あったコインが3,000弱まで落ち
黄龍もvol.6が今では3まで落ちた

麻雀格闘技倶楽部の状態がストレス解消に結びつかなくなり、
とうとう、「ごくせん」まで大人買い
今日、「デカワンコ」も大人買いしたところです。

長い前ふりでしたが、
今の私は

おくればさせながら
「ごくせん」の沢田慎にはまりました。
今山場を越えやっと落ちついてきたところです。
だから、ごくせんを読まずに今これを書いているのですが

リアでは、付き合っている人は居なくて
2年前に告白されたけど何も答えなかったら、友達でと言ってきた人と、3年前に分かれて相手と、交代にたまーに会っている程度

リアでは、素敵な人が見つからないんだ

最初は高台光正様が素敵な男性だなぁ程度で、アシガールの若君がのりうつり、毎日侍言葉が出そうになる日々だったのが
今はごくせんの沢田慎にはまった(><*)ノ~~~~~

こんな2次元にはまったのは、「VICE」という漫画のエドガー以来
社会人になっていたのに、作者にファンレター書いて、お返事頂いたよ~
そのときほどじゃないけど、はまった

連載当時のプレゼントの抱き枕買おうかと浮かんだくらい好きになった
毎日ごくせん読んでるよ

で、社会人になってから、私が好きになった2次元の男
2人だけで断定するのもなんですが

私が好きな男性は、牡羊座や獅子座のような前を走っている女性に寄り添っている男性なのだ
( ̄□||||!!
私には絶対寄ってきてもらえない相手
だから、リアで好きな人が出来ないのかぁと分かった瞬間つらかったです。

そんな人が現れるよう精進致します

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2013

希望の相方

恋愛の幻想をいだくようになってきた…

別れてから、ちゃんと恋をしたいと思っていたけど、そういう相手ってなかなか現れない

友人がfacebookに、夢を実現するために書こうと書いていた

ささやかではあるが、こんな相手を希望と書いておこう

以前書いたことがあれば今は違っているかなぁ


一緒にひなたぼっこできる人
温泉とかで、のんびりできる人
自分の興味がないことでも何でも興味持ってくれること
私が興味なかったことに誘ってくれること
歩くの好きで、足の速い人
人の悪口はあまり言わない人
食べ物の好みは似ていて、安価な店もラグジュアリーな店も行ける人
こんな私でも大事にしてくれる人
私はその人にその1.2倍大事に出来ると思う
他の人に興味をもったら、そーっと離れてほしいなぁ
いつまでも色んなことに興味を持ち続けて、年を一緒に紡いでいけたらいいなぁ


って、ので見つかるといいなぁ

| | TrackBack (0)

March 12, 2013

性欲のピーク

マイミクさんが取り上げていた記事が面白かったので貼り付けます。
女性の性欲のピークについて

女性ホルモンが減ってくると、更年期障害だけではなく、骨密度も減ってしまうので、この時期に男性との行為が女性ホルモンを出すための大事なことになる。
この時期に独身だったり、夫婦仲が冷え込んでいる人よりも、恋をしている人の方が幸せだということになります。

その時期に女性の性欲がピークを迎えるということは、女性が積極的に行為を求めていくということになります。

でも、男性のように視覚だけで行為を行えるのと違って、女性はちょっとでも好きな人じゃないと、行為を行えない。
私だけかなぁ…

だから、好きな人と一緒にいたいし、愛しあいたいなぁと思う。温泉とか好きだから行けたらいいなぁ。

あとは相手だけなんだけど(笑)

| | TrackBack (0)

September 04, 2012

恋はふしぎなもの

先日、男友達のKと飲みに行ってきた。困った奴なので、彼のことは何度もこのブログで困ったちゃんぶりを書いたことがある。

今年2回目の飲み会。前と雰囲気がちょっと違っていた。
痩せたかな。


とうとう嫁に離婚届渡されたらしい。嫁はこの困った奴を変えるために渡したのか、もう疲れたのか。
で、そんな時に同窓会で高校の時の彼女が積極的にアタックしていて、ひんぱんに会っているらしい。
お互い子供がいる既婚者。冗談のように、ベッドインについて語っているようだ。


なんか、彼の付き合った彼女から、浮気相手まで、ほとんどを詳しく聞かされている。
あまりにも、秘密を握りすぎたので、ここでも書けなかったストーカーというか、異常な愛情表現を話したほどだ。
あまりにも、すごいから、たまに彼の口から、あれはすごいなぁと出るほどで、今回もでたから、誰にも言っていないんだから、もういうなとたしなめた。


ちょっと、酔ってきて、離婚届貰って弱っているKが突然

私がいい

と言い始めた。
離婚したら、そばにいたいだの色々言い出したのだ。

おいおい、上記状況なので、本気じゃないのは、ちゃんとわかっているけど、

何度も色んな言葉で語られるから、私は彼を友達しかみていないのに、ある言葉でドクッーってきたよ。
久しぶりに味わったドクッーという頭の先からあそこまで落ちた感情。

去年はなかったもん。
手を合わせてなんまいだーと拝みたくなる有り難さ。

人に恋や愛を語ってもらうのは、すごいことだなぁ。
やっぱり、嬉しいし、幸せだ。

話が変わって、
一度ここを見にきて、見にきちゃダメと言って、それから見にきていない人。
このブログに好きな人がいると書いていたと言われた。
そんなこと今年のこのブログにかいていたっけ。
なんで、気にもかけていない相手の書いたものを覚えているんだろう。

書いていたなら、あんただろうと、話しながら思った。

気があるのかと思っていた時は、他の人に気があったみたいだし、単なる私の勘違いで、
私は興味もたれている相手が気になったら、そのまま気持ちが恋心までには行かなくても、意識し始める。
結局、違っていても、簡単には収まらなかったってことなんだ。
だから、なんで興味もつような内容でまた言うんだろう。

男性ホルモンのなせる種まき本能かなぁ。

| | TrackBack (0)

August 14, 2012

恋愛色々

白昼夢は見るのに、夢はみないと思っていたら、今朝方、私より年も身長も下の男友達に無理矢理キスをされる夢をみた。
全く持って、男友達にはそんな感情をもっておらず、あちらもそんなそぶり全くないので、どこをどう頭の中を拾って、そんなものをみせたのやら。

今日は出勤したのだが、盆休みは暇なようで、また白昼夢を見る。
今回は、ガンマンが出てくるような夕陽の光景の中、旅芸人の一座の座長の額を私は銃で撃ち抜いた。
これも一体何を整理整頓しているんだ。

なんか、まだまだ恋愛に飢えているにしても、なんでだろ。でも、今度会っても照れるような相手じゃないよ。本当に。

話が変わるが、今日踊る!さんま御殿で綾部が言っていた合コンの秘訣。
気に入った子が隣にいたら、他の人と喋っていても、手が1ミリ当たるか当たらないか。嫌なら相手はずすだろうし。ちょっとトイレに行ってくると立ち上がろうとしたときに、手を握るというのに、会場も私も胸キュンでした。
足を近づけて、ずっと付くか付かないかのところにわざわざ置いている人がいました。
合コンじゃないけど、会社で飲みに行ったら、そんなことがありました。
あと、バブル時代の人しかしないと思うけど、太ももの上に大胆に手をおくひと。はねのける前に手はテーブルに。そしらぬ顔で繰り返しされると、意識はする。今じゃ絶対嫌がられる。
あと、席が離れている人にじっと見られるの。目が悪いのかと思っていたら、そういうことではないのだと思い出すとドキドキする。

あんまり、もてない私でもこういうので幸せになれたので、男子頑張ってね。

| | TrackBack (0)

July 26, 2012

人間の感情ってすごいなぁ

マイミクの人が赤裸々に自分を綴られた日記をかかれているんだが、ものすごく頭の中を出しているので、なんか興味をひく。
先日、知り合った女性が思っていたような人では無かったということで、どんどん気持ちが盛り上がっているという日記を書いていた。
会って次の日だというのに、恋を実感しているとのこと。
好きな人がいないことの孤独も耐えられないと言っていたのに、今はその人に対する想いで苦しんでおられる。
人を思う気持ちって、すごいエネルギーだね。
その人はたった1日で天国と地獄に行ったり来たりする事になってしまった。
経験則で、そんなことになりたくないから、恋に怖じ気づいている人が多い世の中で、ある意味勇者かもしれないなぁと、羨ましく思う。
冷静で冷めていたら、人生を損しているのかもしれないなぁ。

| | TrackBack (0)

March 07, 2012

源氏物語におけるモテ男の要素

録画していたBS歴史館の源氏物語を観る。
レギュラーの島田雅彦氏が語ったモテ男の秘訣を源氏物語に学んだという話

光源氏の60歳を超える女性から、10歳未満までの女性などバラエティに富んだ女性遍歴は、色んな女性を受け入れることが出来る人ということ
また、相手の女性達を自ら引かせるところがモテ男の要素だと語られた。

納得出来るなぁと思った。もてる男性はどんな女性でも相手出来ると思うし、私なんかが相手では申し訳ないと思わせる人物にあこがれるもんだ。

源氏物語はあんまり知らない江川達也氏の漫画を持っている程度。
江川氏が描かなくても、エロ本ではあるなぁ。

| | TrackBack (0)

March 05, 2009

この間のたかじんの委員会で思ったこと

 たかじんのそこまで言って委員会という番組がよみうりテレビの日曜日昼の1時半から1時間半程放映している。コメンテーターは毎回違う人もいるのだが、レギュラーになっているのが、(敬称略)三宅久之、金 美齢、田嶋陽子、桂ざこば、勝谷誠彦、宮崎哲弥の面々。タイトル通り、言いたい放題で話をしているので、聞いていると腹立つことも多いのだが、経済も政治も詳しくない私は、一つの意見としてこの番組を参考にしているし、田嶋陽子や宮崎哲弥や勝谷誠彦の情報はニュースを見ていたとしても得られないものなので、録画をしてまで見るようにしている。しかし、言いたい放題である。ちょうど年代は、戦前の三宅久之、金 美齢、戦後の田嶋陽子、桂ざこば、50代に代表に勝谷誠彦、40代の代表に宮崎哲弥、以前は30代の代表に橋下徹がいた。残念ながら、彼がいないので、30代や20代の論客がここにはいないため、中途半端な顔揃えになっている。また、たまにアイドル席として20代の何も知らないように見える人若しくは何も知らない女性の代表のように、アイドルが呼ばれることもあるが、これほど20代の若者や女性を馬鹿にしたものはないだろう。
 先日、朝日新聞紙上で朝日の女性記者がたかじんの委員会のことについてコラムを書いていた。そこで指摘されたことを踏まえて番組が作られたようであるが、あまりにもばかばかしい内容でお粗末で終わった。総論は、田嶋陽子がいう所の女性論は多岐にわたるのでテーマを決めてくれないと困るである。
 この話し合いに良妻賢母が美徳とされた時代に生きた金美齢と、ウーマンリブの全盛時を青春時代に生きた田嶋陽子、自分を出せるようになったアラフォー世代の脇浜紀子が各テーマで意見を語ったとしても、意見がまとまることも面白い意見が聞けるものでもなければ、女性に対しては女性が一番怖いというのと、封建世代のまま生きている三宅ざこば両氏を見るだけでまだまだ女性差別は無くならないのを思い知るだけであった。
 まぁ、この番組の意図は、視聴者に賢くなって貰おうってものではない。他のワイドショーでアホみたいに垂れ流ししてる報道を知り抜いて、別の視点や意見を見せて、視聴者を動揺させ、知識欲を湧き起こして、番組視聴率を稼ごうというものなのだ。だから、その時に右が強かろうと左が強かろうと、パネラーが思ったことを喋っているだけで、報道の中身の違う切り口を見せて貰って、視聴者が怒ったり、感心したりしたらいいわけなのだ。
 しかし、マスコミの報道の悪しき例とも言えるのだが、先日コンクリート事件の犯人だとされてブログが炎上になった話を聞いて、橋本徹の光母子の裁判を思い出した。橋本徹の心意も訴えたかった内容もあの番組でされた短い言葉を聞いて、ことの真実や経緯など全く知らないに等しい人も含めた人達が、彼の言動に従った。彼が番組で煽ったとも言われているが、それを聞いた人達は、ちゃんと、色々調べてから言動をおこなったんか?と言うのが問題で、それはブログ炎上と何ら変わらないものだったというのを思い知らされたのだ。
 番組は視聴率を上げるために、よりインパクトのなる人物や出来事に飛びつくのはマスコミも悪いのだが、検索が簡単に出来る時代に、何にも知らずに、平気で言動する人の行動もおかしいと思う。だから、この番組を見ると、あほな視聴者かおまえは?と試されているような気がするのだ。テレビの向こうの人達のように、興奮して同じようなことを言っているようではダメなのだ。
 もう一つ思ったことは、女性の話になると、結婚して離婚すると、男性と違って女性は働き口も無ければ、給料も少ないって問題がよく出るのだが、それには、女性がキャリアを捨てて、お嫁に行くことや、若い人が結婚までの仮の仕事として働いていると言うことを人によるってことも、みんな女性の話なんだなぁと思う。
 要するに、女性は男性と勉学を共にしても、社会に出ると、就職先の数で負け、給料でも負け、仕事内容でも負ける。安定した暮らしが出来るシングルは僅かで、この給料では独身なら一生不安だから、素敵な男性と結婚することを望む。でも、子供が生まれても、共働きじゃないと食べてはいけないご時世で、税金控除のことを考えるとばりばり責任のある仕事をするわけにも行かず、離婚するとなると、大した仕事がない状態で、日々の暮らしに困り、年をとると微々たる年金でつましく生活する。全部男性には当てはまらない内容なのだ。
 私は結婚願望も子供も欲しいとも思ったことが無く、とりあえず生活していくお金を稼ぎ、住む家も確保している。だから、宙ぶらりんとなっている主婦層の気持ちは分からない。この感覚が男性が分からないのと同じ感覚なんだろう。で、仕事が無くなり、就職先も良いところがない場合に先の不安が出てくると、早く結婚したいとか誰かの世話になりたいとか、周囲が結婚したらいいねんとか言ってくるのだろう。こんなの男性には無い感覚で、逆に男性に対する差別でもあるのではないかとも思う。男性が同じ場合に、そんなことを思うこともないし、思っても他人に何嫁に食わして貰おうと思ってるねんと言われるのがおちだろう。
 田嶋陽子の制度を変える意見もあるが、長年遺伝子レベルまでに行き渡ったこの女性の感覚を変えていくことは難しいことなんだろう。男女雇用均等法があったとしても、結婚という概念が有る以上均等になる日は来ないと思う。変なことを思いだしたのだが、何年か前に仕事場でも飲みに行ってもずっと愛の告白をしてくれる人がいて、好みのタイプだったので、酔っていなくてもキスまではしていたりしたのだが、そのままホテルに行こうと言う話になるとそれとこれとは別として毎回断っていたのだが、ホテルに行くなら、結婚の前提にってほどではないが、ちゃんとおつきあいをしないといけないと思う訳だ。しかし、折角好きだと言われても、何にも言わずに断っていたので、おつきあいをしたいわけではないのだ。女性と男性が体に入る一線って、結婚?おつきあい?そんな前提が必ずいるものなのだと改めて自分の中で感じた。
 結婚に付随するものが多すぎて、女性の永久就職から体の関係までをも縛られているのだが、果たして結婚という概念は一体何者なのだろう。まだまだ、私の頭には、上記の旧式の思いこみが横たわった結婚の概念しかないことを思い知らされる番組だったのだ。

 色々思ったことを書こうとしたが、なんかまとまりのない文章になってしまった。いつものことなのだけれど。

| | TrackBack (0)

September 14, 2008

私ってば性格が悪いから・・・。

 昨日、久しぶりに友人YKとご飯を食べに行って、今まで聞いていなかったことの途中経過を色々聞いた。
 去年暮れからつきあっているYKの彼氏は、職安の学校を終えて、就職したけれど、僅か2ヶ月で退職されてしまい、また求職活動に入ったとのこと。彼氏は20代後半だけれど、出来たらこのまま就職したくないと、彼女であるYKに言うらしい。YKは彼と結婚をしたいと思っているけれど、このままでは・・・。
 ずっと、大学に行っていて、結局卒業できずに去年から職安の学校に行っていると聞いていた。だから、仕事をするのに免疫がない。

 会社を辞めたのも、上司が教えてきたことを休みの間に、どれだけ覚えているかまとめてこい!と言われたらしく、何でそんなこと言われないといけないのだと辞めたらしい・・・。休みの日まで仕事させることで怒ったのではない。上司が訳分からんことを言うと言うことで辞めたらしい。

 エッΣ(゚Д゚;o)
 そんな上司の言葉を聞いたら、2ヶ月経っても覚えてくれないので、覚えて欲しいという気持ちか、嫌みを言っているとしか聞こえないし、そんな嫌みを言われるぐらい覚えてないのかい!って、思っちゃう。私は仕事人間だから、上司側を見てしまうのかなぁ。一生懸命覚えようとしている人には、訳分からんことを言う上司でも、そんなことは言わないだろう。
 こいつやる気あるのかぁってことを試されて、辞めてくれてよかったと思われているだろう。

 やっぱ私は性格悪い。そのまま、可哀想な彼の話をしているYKに言っちゃったよ。
 なんか、友人Mとこの友人YKの甘い人生に反論してしまうところがあるのだ。それ以外の友達は、ここに書かないぐらい私の基準で私以上のまともな感覚の持ち主なのだ。

 本当は、YKにそんな奴とは別れてもっと堅実で前向きな人に替えた方がいいのではと言いたい。でも、人間には色んな相応がある。YKの彼が私を絶対選ばないように、YKを選んだりする相応が。彼氏はかなり優しい人でYKを大切にしているのだから。私のような性格の悪い奴は選んだりしないだろう。

| | TrackBack (0)